営業職の職種ガイド


営業職は自社製品やサービスなど商品を販売する職種です。

同じ営業職であっても、仕事内容は業界や扱う商品、企業の規模などで大きく異なります。

営業職は売る方法・売る相手により大きく分類することができます。

営業職の種類

営業スタイルによる分類

営業職は自社製品やサービスなどの商品を販売することが主な業務です。

さまざまな業界で営業職が活躍していますが、営業のスタイルによって分類されます。

ルートセールス

担当するエリアの顧客を定期的に回り、販売促進や提案を行います。

基本的には既存顧客に対しての営業になります。

代理店営業

自社製品を販売する代理店に対して、販売促進やサポートを行います。

販売代理店との信頼関係を構築することが重要です。

カウンターセールス・内勤営業

来店してきた顧客に対して、要望や予算に合わせて、適切な商品を販売します。

旅行代理店や不動産賃貸などが代表的です。

企画営業

見込み客に対して、販売活動を行い、成約につなげる仕事です。

ニーズのヒアリング、問題解決の提案、商品説明など効果的に行い、売上を促進します。

技術営業

技術的な知識やノウハウをもとに、顧客の要望を実現したり、問題解決につなげます。

自社製品やサービスについて、豊富な技術知識が求められます。

海外営業

海外の顧客に対して、自社製品の販売活動を行います。

海外に赴任するのではなく、国内で担当する場合もあります。

MR

MRは病院や医師を訪問して、医薬品の情報を提供します。

製薬会社やCSO(MR業務受託会社)で活動しています。

顧客による分類

営業職は対象とする顧客によっても分類されます。

対象が変われば、求められる能力も大きく変わります。

法人営業

法人向けに営業活動を行います。

商品選定から購買決定、成約までにある程度の時間がかかります。

個人営業

個人の顧客向けに営業活動を行います。

商品選定から成約までに法人営業ほど時間がかからないといえます。

新規顧客

新たな顧客を開拓して商品を販売します。

見込み客に対して、成約につなげる営業活動を行います。

既存顧客

既存の顧客に対して、取引を継続、拡大させる営業活動を行います。

顧客とのよい関係を維持する努力が必要です。

営業職が活躍する業界

IT業界

IT業界の営業職の求人ニーズは高く、未経験からのキャリアチェンジにもチャンスがあります。

営業スタイル

企画営業、技術営業、ルートセールスなど

  • システムの仕様・予算・スケジュール調整
  • 開発中の不具合・追加機能対応
  • 障害報告、仕様変更窓口 など

採用市場

理系が多く、業界全体として男性が高い割合を占めています。

修士卒の採用も多い業界です。

Web・ネット系は急成長で営業職の採用数が増加しています。

最先端の技術を扱う業界ですので、効率よくスピーディーに仕事をするために、情報の収集と共有が重要です。

技術系ではない営業職も技術的な知識やトラブル対応など臨機応変さが求められます。

ITサービス・ソフトウェアの業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。ITサービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
デジタルコンテンツの業界研究
デジタルコンテンツは成長産業として注目を集めています。コンテンツビジネスの転職・就職で役立つ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。

広告業界

広告業界ではテレビからネットへのシフトが進み、各社が営業力を強化しています。

営業スタイル

代理店営業、企画営業、ルートセールスなど

  • メディアの選定
  • 広告手法の検討
  • クロスメディア展開の戦略立案 など

採用市場

中途採用はコンスタントに実施されています。

特に営業職は他業界からの転職のチャンスが拡大しています。

広告枠を売るだけでなく、クライアントのニーズに応じて、広告を企画・制作し、多くの人と共同作業で形にしていきますので、様々なことに好奇心をもって、どんな話題にもついていける感度や調整力が求められます。

広告会社・ネット広告の業界研究
広告業界ではネット広告が急成長するなど変化が大きくなっています。広告会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上ランキング、採用市場をご紹介します。

人材サービス業界

好調が続いてきた人材サービス業界は、営業職のニーズが高く、女性の活躍も目立ちます。

営業スタイル

ルートセールス、企画営業、内勤営業など

  • 新規顧客の開拓
  • 取引先との窓口対応
  • スタッフとの対応 など

採用市場

人材サービス業界は営業職の採用が活発で、女性が多く採用されています。

クライアントに合わせて全く違う提案が必要になり、取引先人事部のコンサルタントのようなきめ細かな対応が求められます。

人をサービスとするので、予想できないクレームにも責任をもたなくてはなりません。

人材サービスの業界研究
人材サービス業界は幅広いビジネスを展開しています。人材サービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

医薬品業界

医薬品業界の営業職には、専門性とグローバルに活躍できる力が求められます。

営業スタイル

ルートセールス、MRなど

  • 病院・医療機関の担当
  • 開業医の担当
  • 医薬品卸との関係構築 など

採用市場

MRの転職市場は活発です。外資系企業が多い医薬品業界。

実力次第で転職のチャンスもキャリアアップも可能です。

病院やドクターに自社が開発した薬の情報を提供して、契約を取るために、基礎知識はもちろん、ドクターからの質問に答えられるようにしておかなければなりません。

また医薬品卸との良好な関係が成果を大きく左右します。

医薬品・製薬会社の業界研究
医薬品・製薬業界は再編や業務提携などの動きが活発です。医薬品・製薬会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

機械・電機業界

機械電機業界の営業職には、海外営業に強みのある人材が求められる傾向が強くなっています。

営業スタイル

代理店営業、技術営業、海外営業など

  • 国内外の営業担当
  • マーケティング
  • 量販店の対応 など

採用情報

採用は理系が多い傾向です。

海外営業、販促支援、マーケティングなどに強みがあれば、業界経験問わず、転職でキャリアアップすることが可能です。

技術の進化が速い業界なので、常に最新情報を押さえておくことが大切です。

商品知識はもちろん、対応力と柔軟性も求められます。

自動車産業の業界研究
自動車業界は大きな変革期にあります。自動車産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
電機産業の業界研究
電気機器は日々の暮らしからインフラまで社会のあらゆるシーンに密着しています。電機産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。
機械産業の業界研究
機械メーカーの数は多く、就業者数は製造業トップです。機械産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

食品業界

食品業界は業種や企業規模が幅広く、求められる営業職も応募先により異なります。

営業スタイル

ルートセールス、企画営業、海外営業など

採用市場

文系の採用が多く、女性の人気も高い業界。

ビール・飲料系は男性の採用が多い傾向です。

店舗ごとに商品の種類や割り当てを提案しますので、季節、地域、店舗による売れ筋を判断する能力が求められます。

店舗に自社製品を多く置いてもらうためには、信頼と実績の積み重ねが必要になります。

食品産業の業界研究
食品産業は製造業のなかで事業所数が1番多く、日本の重要な産業です。食品会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

コンビニ業界

人材不足が深刻なコンビニ業界では、本部と加盟店をつなぐスーパーバイザー(SV)の重要度が増しています。

営業スタイル

SV(スーパーバイザー)、ルートセールスなど

  • 各店舗の経営指導
  • 本部の方針を各店舗に伝達
  • 店舗の要望対応など

採用市場

コンビニ業界の市場規模は拡大を続け、採用も増えています。

文系の採用が中心で女性も比較的多い傾向です。

担当する地域や店舗の売上を伸ばすことがコンビニ業界の営業の仕事。SVには現場の店長や店員の仕事を深く理解し、動かす力が求められます。

コンビニエンスストアの業界研究
コンビニ業界は人手不足など経営環境は厳しさを増しています。コンビニストアの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

金融業界

金融業界の営業職は、業界内の転職が多い傾向ですが、職種によっては未経験からのキャリアチェンジにもチャンスがあります。

営業スタイル

カウンターセールス、ルートセールス、代理店営業など

  • リテールの担当
  • ホールセールの担当
  • 代理店の担当など

採用情報

採用は文系が多く、女性も多い業界です。

メガバンクは新規採用を抑える計画ですが、証券会社などにはリテール部門の強化に向けて、リテール営業の中途採用、未経験や第二新卒の採用に積極的な企業もあります。

金融系の営業は業種・地域・企業によってすべて違ってきます。

知識を得ることに前向きであることが求められます。

個人や企業のお金や生命にかかわるので、知識だけでなく、誠意さも必要です。

生命保険・損害保険の業界研究
保険業界ではネット生保やダイレクト型損害保険の存在感が増しています。保険会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、収益、採用市場をご紹介します。

建設業界

建設業界の求人ニーズは高く、建築・土木に関する知識や経験があればキャリアアップが可能な状況です。

営業スタイル

ルートセールス、企画営業、技術営業など

  • 法人営業の担当
  • 個人向け営業の担当
  • 企画・提案など

採用市場

採用は理系が多く、男性が圧倒的に多い業界です。

人手不足解消のために、女性が働きやすい環境づくりの取り組みが行われています。

大きなビルなどを建てる場合は、景観の問題や工事中の騒音、近隣住人への説明会も仕事です。

建築・土木に関する知識や法律を理解していることが求められます。

建設会社・ゼネコンの業界研究
建設業界は人手不足や生産性向上が課題となっています。建設会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

不動産業界

不動産業界の営業職の転職市場は活発です。

未経験者にもチャンスがあります。

営業担当

カウンターセールス、企画営業など

  • 一般住宅の担当
  • マンションの担当
  • オフィスビルの担当など

採用情報

採用は文系が中心。営業職は第二新卒の採用にも積極的です。

入社後の研修や専門資格取得支援も整っていますので、未経験者にとってもチャンスが広がっています。

物件によって顧客のニーズが全く違う業界なので、不動産を多面的に把握する分析力が求められます。

またコミュニケーション能力は不可欠です。

不動産ビジネスの業界研究
不動産業界は国民総生産の大きな比率を占める重要な産業です。不動産会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

物流業界

物流業界では、語学力や提案力のある営業職が求められています。

営業担当

ルートセールス、企画営業など

  • 新規顧客の開拓
  • サービスの企画・提案
  • 顧客へのコンサルティングなど

採用市場

物流業界の人材不足は深刻で、ドライバー以外の求人数も増加しています。

営業職は未経験、第二新卒にも広くチャンスがあります。

企画営業は、物流の最適化や3PLの企画提案を担います。

運ぶだけではない物流の効率化に積極的にかかわる提案型営業が求められています。

物流・運送会社の業界研究
物流業界ではドライバーに限らず人材が不足しています。物流・運送会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

まとめ

入社して最初に経験するのが営業の仕事という企業も多く、営業職はビジネスパーソンの代表的な職種です。

企業は営業活動なくして成立せず、営業の売上は業績に直結します。

営業職は、どんなキャリアを積むにしてもビジネスパーソンとしての成長につながる仕事といえます。

営業職に有利なおすすめ資格
営業職の転職で重視されるのは資格よりこれまでの営業実績です。それでも、経験が少ない20代や未経験者の転職では、資格も有効なアピール材料になります。
営業職に強い転職エージェントおすすめランキング
営業職の転職では幅広い業種やさまざまな営業スタイルの求人を保有する転職エージェントが有利です。営業職の求人に強い転職エージェントをランキングでご紹介します。
営業未経験からの就職サイトおすすめを厳選
営業職は未経験やキャリアチェンジ、キャリアアップまで採用市場は活発です。営業未経験からの正社員求人におすすめの就職サイトをご紹介します。