販売のプロ資格「販売士・リテールマーケティング検定」


リテールマーケティング(販売士)検定は販売のプロを認定する公的資格です。

顧客ニーズが多様化・高度化するなか、社員にリテールマーケティング(販売士)検定の受検を推奨する会社も多く、流通・小売業界だけでなくメーカーなどにも活躍の場が広がっています。

リテールマーケティング(販売士)検定の資格について、試験内容、勉強法ご紹介します。

スポンサーリンク

リテールマーケティング(販売士)検定の資格

リテールマーケティング(販売士)検定とは

リテールマーケティング(販売士)検定の試験は、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、より高度で専門的な知識を持つ人材の育成を目指した内容となっています。

レベルは、1級から3級までに分かれていて、どの級からでも受験できます。

1級

経営に関する極めて高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案や財務予測等の経営管理について適切な判断ができることが求められます。

マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指します。

2級

マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業における高度な専門知識を身につけていることが求められます。

販売促進の企画・実行をリードし、店舗・売場を包括的にマネジメントする人材を目指します。幹部・管理職への昇進条件として活用しているところもあります。

3級

マーケティングの基本的な考え方や流通・小売業で必要な基礎知識・技能を理解していることが求められます。

接客や売場づくりなど、販売担当として必要な知識・技術を身につけた人材を目指します。流通・小売業に限らず、BtoCの観点から社員教育に取り入れている卸売業や製造業もあります。

リテールマーケティング(販売士)検定の試験内容

リテールマーケティング(販売士)検定

販売士になるには、全国の商工会議所が実施するリテールマーケティング(販売士)検定試験に合格して、資格は5年毎に更新手続きを行う必要があります。

受験資格

制限なし

試験日

  • 1級:2月
  • 2級:7月、2月
  • 3級:7月、2月

試験地

全国各地の商工会議所が設置する試験会場

試験方法

マークシート方式

試験科目

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

合格基準

筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上

合格率

  • 1級:20%程度
  • 2級:60%程度
  • 3級:55%程度

リテールマーケティング(販売士)検定の業種別合格率

リテールマーケティング(販売士)検定試験の受験者は、小売業だけでなく、製造業や卸売業、サービス業、さらには流通業界への就職を目指している学生にまで広がっています。

1級

業種受験者数合格者数合格率
小売業3035317.5%
卸売業1193831.9%
製造業1142219.3%
学生1054341.0%
サービス業・飲食業46919.6%
コンサルタント業48918.8%
無職1516.7%
その他1591911.9%

2級

業種受験者数合格者数合格率
小売業1,64699260.3%
卸売業47030464.7%
製造業23917774.1%
学生1,69389753.0%
サービス業・飲食業22313460.1%
コンサルタント業594678.0%
無職504386.0%
その他53638672.0%

3級

業種受験者数合格者数合格率
小売業1,9411,15459.5%
卸売業32420763.9%
製造業22618180.1%
学生4,5552,15647.3%
サービス業・飲食業32117253.6%
コンサルタント業353085.7%
無職13510376.3%
その他58843874.5%

(商工会議所の検定試験「第85回リテールマーケティング(販売士)検定試験の結果」より)

リテールマーケティング(販売士)検定の勉強法

リテールマーケティング(販売士)検定の試験対策

リテールマーケティング(販売士)検定の試験に合格するためには、独学や講習・通信講座で勉強する方法があります。自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。

独学に不安があったり、働きながら効率的に資格取得を目指すのであれば、試験に対応した通信講座を上手に活用することをおすすめします。

準備期間

検定試験に合格するには、3級で約3ヵ月ほどの準備期間が必要になります。流通・小売業界などでの実務経験があれば、独学でも合格することは可能です。効率的な学習や1・2級の資格取得には販売士講座の受講をおすすめします。

学習ポイント

試験問題は『販売士検定試験ハンドブック』から、1級試験問題の70%、2級試験問題の80%、3級試験問題の90%が出題されます。

流通・小売業界で仕事をしている人であれば、過去問中心の勉強法でも合格することは十分可能といえます。

販売士の指定教育機関

  • 一般社団法人 日本販売士協会
  • 一般社団法人 公開経営指導協会
  • 学校法人 産業能率大学
  • 一般社団法人 日本経営協会

リテールマーケティング(販売士)検定の過去問題集

販売士の通信講座


スマホで学べる スタディング 販売士講座

通勤時間などのスキマ時間を活かした学習に最適化されているオンライン資格講座です。低価格で模擬試験まで含まれているのでおすすめです。

  • 販売士2級合格コース
  • 販売士3級合格コース
  • 販売士3級・2級セットコース

市販のテキスト等は一切購入しないで、こちら1本で合格することができました。文字を書くことがあまり好きではないので(笑)スマホを見て、問題に解答していくだけで本当に楽しみにできたことが、高得点での短期合格につながったと思います。(販売士2級合格)

まとめ

販売士は顧客のニーズを的確にとらえ、豊富な商品知識と高い接客スキル、マネジメント能力を証明できる資格です。

流通・小売業界の転職や就職、キャリアアップはもちろん、小売業を取引先とするビジネスパーソンにとっても活用できる資格です。

流通・小売業界で有利なおすすめ資格
流通・小売業界は、少子高齢化やライフスタイルの変化、急速なIT化などにより大きく変化しています。急激に環境が変化しているからこそ、流通・小売業界の転職では資格が役立ちます。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました