働きながら介護職員初任者研修を受講するには


介護職員初任者研修は、介護職として必要とされる基本的な知識や技術を修得するための研修です。

介護業界は未経験、無資格からでもスタートすることはできますが、介護職員初任者研修を受講しておくことで採用選考や待遇で有利になります。

介護職員初任者研修は、これから介護業界を目指す人やはじめて介護について学ぶ人に必須の資格といえるでしょう。

介護職員初任者研修の資格

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、これまで複雑だった介護人材のキャリアパスをわかりやすくして、介護業界で将来の見通しをもって、働き続けられるように、介護職の入門資格として、創設された研修です。

以前の「訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1~3級)」と「介護職員基礎研修」は終了し、介護業界のキャリアパスは介護初任者研修からスタートするようになりました。

※ホームヘルパーという職種は存続しています。

介護職員初任者研修の内容

介護職員初任者研修は、訪問介護、施設介護を問わず介護業務に従事しようとする人が対象となります。

都道府県知事などが実施機関を指定し、全国的に決められたカリキュラムで行われます。

130時間の講義と演習を通じて、介護業務をするために必要となる基礎知識や介護におけるコミュニケーション技術、身体介護の方法などについて学びます。

介護職員初任者研修の概要

介護職員初任者研修の資格を取得するためには、都道府県知事などが指定した実施機関で、「介護職員初任者研修課程」を修了することが必要になります。

独学では資格を取得することができません。

すべてのカリキュラムを修了したあとに筆記試験に合格すると、修了証が発行されて、資格を取得できます。

受講資格

学歴・実務経験の制限はなく、誰でも受講できます。

受講内容

介護職員初任者研修は、130時間の講義と実技演習で構成されています。

講義と演習とは別に、筆記試験による修了評価(1時間程度)も行われます。

修了評価

必要な知識や技術の習得状況を確認するために筆記試験による修了評価が行われます。

講義の内容をきちんと理解していれば合格できる試験です。

仮に不合格となっても多くのスクールでは追試を無料で受けることができます。

受講期間

さまざまな実施機関があり、スクールによって期間は異なりますが、1ヵ月程度から取得可能なコースがあります。

近くで受講できるスクールを見つける

介護職員初任者研修の受講内容

介護職員初任者研修は、全国的に決められたカリキュラムのもとに行われます。

10科目、130時間の講義および実技演習を通じて、介護業務に必要となる基礎知識や介護におけるコミュニケーション技術、身体介護の方法などについて学びます。

介護職員初任者研修のカリキュラム

科目時間数内容
職務の理解6介護の種類やサービスの分類、施設、職務内容など
介護における尊厳の保持・自立支援9サービス利用者の自立支援や介護予防という考え方に基づいたケアなど
介護の基本6介護職の専門性や介護の基本的な理念を学ぶ
介護・福祉サービスの理解と医療との連携9介護保険制度や障害者自立支援制度などの目的や仕組みなど
介護におけるコミュニケーション技術6サービス利用者や利用者家族とのコミュニケーション、職場における情報共有など
老化の理解6加齢や老化によるこころとからだの変化や日常生活への影響など
認知症の理解6認知症についての基礎的知識など
障害の理解3障害者福祉の基本的な考え方など
こころとからだのしくみと生活支援技術75介護に必要な基礎的知識や生活支援技術の習得など
振り返り4カリキュラムの総復習
合計130

介護職員初任者研修を受講するメリット

介護職員初任者研修は、受講するために必要となる資格はなく、未経験・無資格から誰でも安心して受講できます。

介護業界は未経験・無資格から働くことができますが、資格を取得していると給与アップなど優遇されるチャンスが広がります。

介護職のキャリアパスが明確になり、介護職の入門として介護職員初任者研修が位置付けられましたので、これから介護業界で働こうと考えている人は、介護職員初任者研修を受講しておくことをおすすめします。

✔実務者研修の時間が短縮できる

実務者研修の受講科目が一部免除されます。

実務者研修は初任者研修の上位資格であり、介護福祉士国家試験の受験資格にも必要となります。

初任者研修を修了しておくと、450時間の実務者研修が320時間に短縮され、その分、受講料も安くなります。

働きながら実務者研修を受講するには
実務者研修は介護福祉士の受験資格の一つとして重要な資格です。介護職のステップアップにも有利な実務者研修の内容、受講方法をご紹介します。

✔ホームヘルパーになれる

ホームヘルパーとして働くためには、初任者研修以上の介護資格が必要です。

ホームヘルパーは訪問介護サービスやデイサービスセンターなどさまざまな介護サービスで求められています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の資格を取るには【転職・就職】
ホームヘルパーは在宅の高齢者などを訪問して介護サービスや家事支援サービスを提供する訪問介護の職種です。ホームヘルパーの資格取得についてご紹介します。
転職・就職に役立つ介護現場の職種と活かせる資格
介護サービスには多くの種類があり、さまざまな施設があります。介護現場で働くには?仕事内容と活躍する職種・資格について、わかりやすくご紹介します。

✔待遇アップ

未経験者でも1ヵ月程度で取得できますので、無資格で働くよりも活躍できる場が広がり、好条件の求人も多くなります。

介護職員初任者研修の受講方法

介護職員初任者研修の通学・通信講座

介護職員初任者研修は通学・通信コースで実施されています。

カリキュラムに実技演習がありますので、どちらのコースを選択しても、スクリーニング(通学)が必要となります。

カリキュラムは同じですが、スクールによってコースの特徴はさまざまですので、自分に合った講座を選ぶことをおすすめします。

介護職員初任者研修の費用

通学や通信など選ぶスクールにより2万円台から10万円を超えるものまでかかる費用には幅があります。

介護職として働くことを条件として介護職員初任者研修を無料で受けられるサービスもあります。

働きながら介護資格が無料で取れる派遣サービスおすすめを厳選
介護資格には実務経験が必要なものがあり、働きながら資格取得を目指す人が多くいます。働きながら無料で資格を取得できる介護職派遣サービスを厳選してご紹介します。

介護職員初任者研修の受講期間

受講期間は通学と通信で異なります。

通信コース(通信講座+スクーリング)では3ヵ月程度の期間が多いですが、短期集中などの講座であれば、最短3週間での資格取得も可能となっています。

通学コース(学科学習+実技スクーリング)であれば、30日程度の通学日数となっていますので、毎日通うことができれば1ヵ月程度で取得することができます。

介護職員初任者研修の選び方

  • 受講料などかかる費用
  • コースの種類
  • 振替授業などフォロー体制の有無や内容
  • スクーリングの場所
  • 就業サポートの有無 など

介護職員初任者研修のスクール案内

介護職員初任者研修の講座は同じカリキュラムでも、スクールによりさまざまなコースが用意されています。

指定を受けたスクールの資料を無料で請求することができますので、講座の内容を確認して、自分に合ったスクールで受講することをおすすめします。

近くで受講できるスクールを見つける

まとめ

介護職員初任者研修の上位資格である実務者研修も受講資格に制限はありません。

未経験・無資格であっても受講できますが、まったくの未経験から介護を学ぶのであれば、まずは介護職員初任者研修の受講をおすすめします。

介護職として働くには、知識や技術以上に適性や志が重要になります。

介護職員初任者研修は実務者研修に比べて、受講期間が短く、費用の負担も軽いので、学びや実務経験のなかで、自分の道を見極めやすいといえます。

参考:厚生労働省WEBサイト

転職・就職に役立つ介護業界研究
介護業界における人材需要は年々高まっています。転職・就職で押さえておきたい介護業界の動向、収入ランキング、採用市場をご紹介します。
20代・資格なしからの介護求人サイトおすすめランキング
未経験から目指す人も多い介護職。サポート体制も充実してきています。これから介護職を目指す20代におすすめ資格なしからの介護求人サイトをご紹介します。
福祉・介護業界で有利なおすすめ資格
高齢化が進み、福祉・介護の資格を採用条件とする求人ニーズは高まっています。本気で福祉・介護業界を目指すなら転職・就職で有利になる資格取得をおすすめします。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
転職・就職に役立つサービス職の種類と分類
サービス職は幅広いビジネスを最前線で支えています。未経験からチャレンジできるものも多くあります。サービス職の種類と分類についてご紹介します。