社労士通信講座のおすすめスクール


社会保険労務士に短期合格するためには、効率的に勉強する必要があります。過去問中心に独学で合格することも可能ですが、1発合格は難しいかもしれません。

膨大な試験範囲から、ポイントを絞って、効率的に勉強を進めるためには資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。

社会保険労務士の資格・通信講座はたくさんあって、それぞれのコースには特徴があります。働きながら短期合格を目指すためにおすすめの通信講座をご紹介します。

社会保険労務士の通信講座

社労士通信講座おすすめランキング

クレアール

短期間かつ最小の労力と費用で合格するための学習を目指した講座です。社労士受験界きってのカリスマ講師はわかりやすく、おすすめです。

○受講料:108,900円~
○教育訓練給付制度対象コースあり
○レベル別の豊富なコース設定
○一流講師が合格までナビゲート
○資料請求で合格ノウハウ本プレゼント
○合格お祝い金制度

資格スクエア

法律系資格に特化したオンライン資格講座です。最新の学習システムにより最短合格を導く勉強法を適正価格で提供しています。メリハリのある講義が評判です。

○受講料:69,900円~
○質の高いオンライン学習
○倍速機能付き
○充実のサポート体制
○AIによる的中率64.3%の予想問題プレゼント
○合格キャッシュバックキャンペーン

LEC東京リーガルマインド
------------------------------------------------------ 7月の早得(はやとく) 2016/7/1~2016/7/31 http://www.lec-jp.com/campaign/toku2/ ------------------------------------------------------

国家資格の対策講座を全国展開する資格取得・通信教育スクール。インターネットによるWeb通信講座、音声ダウンロード講座、スマートフォン講座など多彩な学習スタイルが用意されています。

○受講料:164,000円~
○教育訓練給付制度対象コースあり
○充実のオリジナルテキスト
○豊富なオプション講義
○講師による電話相談
○就職・転職サポート

フォーサイト

国家資格を中心に難関試験対策の通信講座です。学習効率を計算したテキストで、効率よく、確実に合格を狙うことができます。

○受講料:54,800円~
○教育訓練給付制度対象コースあり
○全国平均の4倍以上の合格率
○通信講座専用のDVD講義
○サンプル教材あり
△サポート体制には期待できない

合格者の声

クレアール(中級パーフェクトコース受講)
「クレアールのよかったところ

・コストパフォーマンスが良い・勉強会で生の講義を聴ける機会がある
・過去問や模擬テストが充実している・DVD講義の内容が、とにかくわかりやすい・質問して、丁寧に回答をしてくれる。
などです。」

資格スクエア(社労士試験対策講座受講)
「圧倒的に価格が安いにもかかわらず適度な講義量があり、ネットでの通信講座に特化しているだけあってスマホでも使いやすかったので、受講を決めました。」

LEC東京リーガルマインド(上級コース受講)
「Web講座で講師が選べることです。講師との相性が必ずあると思いますし、各人の勉強のスタイルに合う講師がいいと思いますので、大変良かったと思います。受講形態もWebでは速度をあげて聴くことができるので、時間の節約にも資することができました。」

フォーサイト(社会保険労務士 DVDコース受講)
「無料サンプルを請求したんですけど、通信に特化した会社ということで、画質が良かったので。あとはテキストがフルカラーで、独学の参考書よりも見やすくて始めやすいなと思いました。」

社会保険労務士講座の受講費用


スクールによって受講費用はさまざまです。通信講座では大体30,000円台~200,000円程度、通学・スクールの場合120,000円~250,000円程度になります。

高額の講座でも、コースや講師陣が充実していたり、資格取得後のサポートがしっかりしているなどメリットも多くあります。自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて、希望する学習スタイルを選ぶことが大切です。

通学・資格スクール

通学講座や資格スクールにはさまざまなタイプがあります。平日や休日、夜間に開催されるコースがあり、6ヵ月から10か月くらいのカリキュラムが一般的です。試験直前の短期講座などもあり、ポイントを絞った内容になっています。

  • テキストや講義内容が試験問題に即している
  • 決められたカリキュラムで効率的に進められる
  • 疑問点を直接講師に聞くことができる
  • 試験の最新情報が入手できる
  • 日時が決まっていて受講できない場合がある
  • 費用がかかる
  • 挫折するとついていけない

通信講座

通学と独学の中間的な内容といえます。スクーリングやスクール講師のDVDなど通学講座の学習環境に近い方法を取り入れる講座も増えています。

  • 全国どこでも受講できる
  • 自分のペースで勉強できる
  • 教材が充実している
  • 通学に比較して費用が抑えられる
  • 自分でスケジュール管理が必要
  • 疑問をすぐに解決できない
  • 情報交換などの機会が少ない

独学

独学だけで社会保険労務士試験に合格する人は少数だといえますが、独学でも合格することはできます。身近に相談できる資格者がいるなど、モチベーションを維持することが大切です。

  • 場所や時間の制約がない
  • 自分にあった教材を選択できる
  • 費用を最小限に抑えることができる
  • 自分でスケジュール管理が必要
  • 自分のペースや実力がわかりにくい
  • 最新の情報や出題傾向などが入手しにくい

社会保険労務士試験の準備期間


社会保険労務士試験に合格するには、ある程度まとまった勉強時間を確保する必要があります。試験問題は法改正などの影響を受けますので、長期計画ではなく、短期計画で臨むことをおすすめします。

講座の合格実績などよりも、自分に合った勉強方法を見つけ、組み合わせるなど効果的に取り組むことが大切です。

取得期間

社会人であれば仕事の後や休日に勉強時間を確保する必要があります。人事・労務関係の仕事や法律の学習経験がある人、離職中など時間を確保できる人は1年から1年半、それ以外の人は2年程度を目標として準備期間を取るとよいでしょう。

社労士短期合格のための試験対策


社会保険労務士試験に短期間で合格するためには、自分に合った方法で勉強することが一番重要です。効率的に最短で合格するために共通して必要なポイントは3つです。

①基本テキストをマスターする

いろいろなテキストに手を出すのではなく、講座の教材や自分がわかりやすいと思ったテキストを重点的に学習することをおすすめします。

②過去問題集を解く

過去問を10回以上反復して、正解率が8割を超えるようになれば、合格レベルに近くなっていると考えられます。

③模擬試験を受験する

本試験前に模擬試験が実施されますので、1回は受験しておきましょう。最新の試験傾向を知ることができますので、過去問と同様にしっかりおさえておくことをおすすめします。

社会保険労務士の資格(試験内容・勉強法)
社会保険労務士は人事・総務などのキャリアアップに有利な人気資格です。社会保険労務士の資格について、試験内容、勉強法(おすすめテキスト・講座)をご紹介します。

まとめ

社会保険労務士試験に合格するために、満点を目指す必要はありません。試験に出る範囲の基本を押さえて、過去問を繰り返し、合格レベルに達することが重要です。

膨大な試験範囲からそのポイントを絞るのは、独学では難しく、講座を受講する1番のメリットは短期合格のための効率的な学習法を入手できることだといえます。

一般教育訓練給付制度
一定の条件を満たした雇用保険の一般被保険者(または退職してから1年以内)が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、修了時点までに実際に支払った学費の20%(上限10万円)が支給される制度です。制度を利用すればお得に講座を受講できます!
教育訓練給付制度でお得に資格を取得する方法
雇用保険では、働く人の能力開発を支援するために、教育訓練給付金の支給を行っています。働きながらスキルアップや資格取得に使える費用のサポート制度です。
タイトルとURLをコピーしました