管理部門特化のおすすめ転職エージェント


管理部門の求人には過去の人材紹介実績など、企業の採用担当と転職エージェントの関係が大きく影響します。

管理部門に特化した転職エージェントは、採用担当と継続的に関係を続けているので、管理部門の求人案件について、安定した強さがあります。

管理部門への転職におすすめの特化型エージェントについてご紹介します。

管理部門特化型転職エージェント

管理部門特化のMS-Japan


MS-Japanでは、経理・財務、人事・総務、法務などの管理部門や弁護士、公認会計士、税理士などの有資格者の求人を専門に取り扱っています。

スペシャリストの転職支援において、トップクラスのシェアを誇ってきた実績とノウハウが強みです。

専門特化の強み

各職種への理解が深く、常に最新の市場動向を把握していますので、最適なキャリアプランの提案ができます。

転職希望者、求人企業にとって価値のあるサービス、質の高いコーディネートを提供しています。

MS-Japanの専門性の高い人材紹介は、採用担当にも好印象です。

管理部門の高い実績

MS-Japanでは、大手監査法人、会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもっています。

関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資系企業、優良ベンチャー企業、会計事務所、監査法人、金融機関まで、幅広いフィールドの求人情報があります。

保有する求人数は業界トップクラスで、第二新卒から20代後半までの若手層の求人にも対応しています。

専門性の高いキャリアアドバイザー

職種に精通したキャリアアドバイザーがカウンセリングを通じて、キャリアデザインに関わるアドバイスや、最適な求人情報の提供を行います。

業務内容や勤務地、企業規模、給与などの希望条件はもちろん、各企業の風土や職場環境、募集背景などについても、できるだけ多くの情報を提供するよう対応しています。

管理系職種の非公開求人

MS-Japanでは、経理・人事・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化していますので、管理部門の非公開求人を多く取り扱っています。

特化型エージェントとして、独自の非公開求人を多数保有しています。

市場には出回っていないレアな求人を紹介してもらうことも可能です。

また人事・総務などの管理部門では、求人としてエージェントに依頼していなくても、いい人がいれば採用したいという潜在的なニーズもあります。

具体的な依頼がなくても、企業にマッチしそうな人材紹介は、潜在的な求人の掘り起こしにつながっています。

非公開求人になる理由

  • 人気企業や人気職種では、応募が多すぎると選考が非効率になるため
  • 求人内容に機密情報が含まれ、一般に公開できないため
  • 急な退職や欠員補充など求人広告を出す時間的余裕がないため

MS-Japanの転職支援サービス

MS-Japanに会員登録すると、無料で転職支援サービスが受けられるようになります。

情報収集からでも大丈夫です。

キャリアプランの提案

職種に精通したキャリアアドバイザーが、キャリアビジョンやライフスタイルなどの希望を踏まえて、最適なキャリアプランを提案しています。

求人企業との交渉代行

選考スケジュールの調整や、入社日の交渉、年収交渉まで企業との調整を代行してくれますので、就業中の転職活動もスムーズです。

応募書類作成サポート・添削

管理部門の書類選考は面接以上に重要です。

応募書類をプロに添削してもらい、書類選考通過率アップにつなげることをおすすめします。

履歴書の自動作成機能も利用できます。

面接対策

面接が苦手な人は、希望すれば模擬面接などにも対応してくれます。

転職相談会・セミナーへの参加

職種に特化した転職セミナーや個別相談会を常時開催しています。

非公開求人や業界動向などの情報収集に役立ちます。

キャリア診断

職種や業界に特化したキャリアアドバイザーが、経歴や資格などからキャリアの可能性を診断します。

高い満足度

MS-Japanは、管理部門特化型エージェントとして高い評価を得ています。

利用者の声

25歳 男性
「グローバルに事業を展開する国内大手玩具メーカーをMS-Japanのキャリアアドバイザーが紹介してくれたときは、正直なところ、採用される自信がありませんでした。しかし、海外現地法人への出向の可能性などがあることは大きな魅力に感じ、キャリアアドバイザーの勧めもあって、応募を決めました。
自分で調べた情報に加え、キャリアアドバイザーから、同社について多くの情報を得ることが出来たので、面接にも自信を持って臨むことが出来ました。」

25歳 女性
「簿記3級の合格をきっかけとして、経理・会計の実務経験を積みたいという思いを強く感じ、転職を決意しました。未経験であるため、経理・会計についての指導をきちんと受けられる職場を希望していました。
未経験である私が、『会計事務所』という職場に正社員として勤めることがどれだけ難しいことか、MS-Japanのキャリアアドバイザーとの話の中で再認識しました。勤務先の先生は優しく、いろいろと丁寧に指導してくださいますので、どんどん吸収していきたいと思います。」

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントの転職支援サービスを利用するにはWebサイトからの登録が必要になります。

①会員登録

Webサイトから会員登録すると、各種サービスを無料で利用できるようになります。

②キャリアカウンセリング

これまでの経験や希望を踏まえて、よりよいキャリアデザインや、転職プラン、具体的求人情報を提供してくれます。

管理部門に特化したノウハウの蓄積を活かして、ベストなマッチングを目指しています。

③求人紹介

カウンセリングの内容を踏まえて、希望に合った求人情報が提供されます。

求人内容に関しては、キャリアアドバイザーからより詳しい説明を聞くことができます。

求人情報サイトからだけでは得ることが出来ない企業風土や部署の人員構成等を知ることができます。

希望やキャリア、タイミングが合わない場合には、求人紹介がない可能性も少なくありません。

能力の問題ではなく、マッチングの問題と割り切った方がよいでしょう。

④選考・面接

求人企業へ推薦されて、選考がスタートします。

書類選考を通過すると、面接です。面接前には改めて求人内容の詳細説明や、面接に臨むためのアドバイスなどのサポートが受けられます。

⑤内定・入社

入社準備に必要なサポートしてもらえます。

給与や待遇、入社日などの条件は、代行して調整・交渉してくれます。

管理部門の転職市場

管理部門の求人

管理部門の組織や業務は業界や企業の規模によって大きく変わってきます。

どの業務を担当するにしても、専門性だけでなく、経営視点を持っていることが求められます。

管理部門は欠員補充の求人が多い傾向ですが、IT・Web分野などでは積極的に採用活動を行っている企業もあります。

管理部門の組織・業務

  • 経理・財務
  • 人事・総務
  • 法務・知財
  • 経営企画
  • 秘書室 など

管理部門の転職スキルアップ

採用選考は同じであっても、管理部門には管理部門として評価されるポイントがあります。

管理部門として求められていることを理解して、強みとなる経験やスキルをアピールすることが大切です。

キャリアごとの転職ノウハウ

まとめ

管理部門の中途採用におけるMS-Japanの紹介実績は高く、関連する実務経験や資格・スキルがあれば、満足度の高い転職活動ができるでしょう。

転職エージェントの選び方とつきあい方
転職活動のスタートではどの転職エージェントに登録するかが重要になっています。自分と相性の良い転職エージェントを見つけて、上手につきあうことが大切なのです。
経理・財務職に強い転職エージェントおすすめランキング
経理・財務職の転職ではアピール力を強化することで書類選考率に差が出ます。経理・財務職の求人紹介に強いおすすめ転職エージェントをランキングでご紹介します。
人事・総務職に強い転職エージェントおすすめランキング
人事・総務職の転職では職種特有の転職ノウハウが必要になります。人事・総務職の求人紹介に強いおすすめの転職エージェントをランキングでご紹介します。