介護求人・転職サイトおすすめランキング


介護業界の転職市場はとても活発です。未経験から経験者まで多くの人が転職活動をしています。

「今よりいい就業環境で働きたい!」
「異業種から介護業界に転職したい!」
「介護業界でキャリアアップしたい!」

など、介護士の転職における希望はさまざまです。

希望を実現するには、介護業界に精通した転職支援サービスの利用をおすすめします。

介護求人・転職サイトの転職支援サービス


介護士のよりよいキャリアをサポートする転職サイトをランキングでご紹介します。

介護士転職サイトおすすめランキング

スマイルSUPOORT介護

◎介護分野の転職支援サービス
◎国内最大級の求人案件数
◎公開されていない好条件の非公開求人多数
◎全国の求人に対応
◎コンサルタントは介護業界経験者
◎正社員・紹介予定派遣・派遣の選べる働き方
◎実務経験のない第二新卒も歓迎
○面接に担当コンサルタントが同行
△無資格からのスタートには向かない

マイナビ介護職

◎介護職のための転職・就職支援サービス
◎好条件・非公開求人を多数保有
◎各地の医療機関や施設に精通したキャリアアドバイザー
◎面談だけでなく電話、メールでの求人紹介
◎定着率の高い紹介先
◎書類作成や面接練習などサポート
◎厚生労働省の職業紹介優良事業者認定を取得
○首都圏や関西圏、岐阜・静岡・愛知中心の求人
△無資格からのスタートには向かない

かいご畑

◎介護専門求人サイト
◎全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報
◎介護資格をもつ専任の人材コーディネーター
◎資格なし・未経験・ブランクありもOK
◎正社員・契約社員紹介予定派遣・派遣・パートなど選べる働き方
◎厚生労働省の優良派遣事業者認定を取得
○経験者より未経験者におすすめ
○介護の資格講座の受講料が0円になる「キャリアアップ応援制度」
○「キャリアアップ応援制度」は派遣求人で就業が決定した場合

ジョブメドレー

◎医療介護に特化した求人サイト
◎業界最大級の求人案件数
◎質の高い求人多数
◎資格なしOK
◎お祝い金制度あり
◎利用者満足度94%
○自分で探すサーチ型・直接応募
○担当キャリアサポートが求人探しのお手伝い
△対応はオンラインや電話のみ

利用者の声

23歳 女性(スマイルSUPPORT介護)
「求人情報が豊富で、自分に合ったものが選べました。」

20代 男性(マイナビ介護職)
「施設の新規オープンがあるところなので、比較的昇格しやすく、希望を持って働いています。」

24歳 女性(かいご畑)
「キャリアアップ応援制度を利用し、介護職員初任者研修をスタート。自分がひとつずつ階段をのぼっている実感が、今ではやりがいとなっています。」

20代 男性(ジョブメドレー)
「親切丁寧で、色々悩んでいるときにお薦めとして色々出していただきました。」

転職支援サービスを利用する流れ(例)

転職サイトの転職支援サービスを利用するには、Webからの登録が必要になります。

①Web登録

Webサイトから登録をします。登録すると、無料で転職支援サービスが利用できるようになります。

②担当者から連絡

Web登録後、キャリアアドバイザーから連絡があります。面談日程の調整や希望する仕事、条件などについて相談できます。

③ヒアリング

キャリアアドバイザーと面談をして、これまでの経験や仕事の希望、条件、不安などを伝えます。電話やメールでも対応してくれます。

④求人紹介

ヒアリングの内容をもとにして、希望の条件に合った求人や非公開求人を幅広く紹介してくれます。応募したい企業にはエージェントから推薦されます。

⑤就業先の見学

実際の職場を見学することができます。見学の際には職場・施設の雰囲気やスタッフ、利用者の様子をよく確認しておきましょう。

⑥選考・面接

書類選考を経て、面接に進みます。面接の日程調整などはエージェントが代行してくれます。事前に面接練習や面接対策などのサポートもあります。

⑦内定・入社フォロー

入社にあたり必要な準備をサポートしてもらえます。自分からは聞きづらい給与や待遇などの内容、条件交渉はエージェントが代行してくれます。

介護業界の転職・就職

介護の求人

介護業界には、さまざまな施設やサービスがあり、幅広い職種の求人があります。

ホームヘルパー・訪問介護員

介護サービス利用者の自宅へ直接訪問し、食事・排泄・入浴などの生活動作の介助を行いながら、生活を支えるサービスを提供することが主な仕事です。多くの訪問介護員は、社会福祉法人、医療法人、NPO、民間企業などが運営する事業所に所属して働いています。

介護職員・介護福祉士

病院や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、デイケアセンター、障害福祉サービス事業所等の社会福祉施設が活動場所です。介護職員の仕事は大きく「身体介護」「精神的なケア」「生活の向上サポート」に分けることができます。

介護福祉士の求人状況と情報取集
介護福祉士の資格者が採用条件になる求人が増えると考えられています。介護福祉士資格の活かし方として求人、情報収集、キャリアアップについてご紹介します。

ケアマネジャー・介護支援専門員

要支援・要介護認定者、その家族からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、自治体や他の介護サービス事業者との連絡、調整などを行います。介護保険法に基づく名称は介護支援専門員です。

看護師

介護と医療、福祉の連携が進み、介護業界で働く看護師が増えています。介護老人保健施設や看護・介護の訪問サービスなど病院以外での看護師のニーズは高まっています。訪問看護ステーションでは看護師が出向いて療養上の世話や医療的なケアを行います。

理学療法士・作業療法士

医療職ですが、高齢化に伴い、介護業界でのニーズが急速に高まっています。介護老人保健施設や通所リハビリテーション、介護老人福祉施設、通所介護、訪問看護ステーションなどに活躍の場が広がっています。

介護職のキャリアパス

介護職のキャリアパスは明確になっています。キャリアアップを目指すのであれば、資格取得は必須といえるでしょう。

介護職員(資格取得見込)

介護職には基礎的な介護技術、命と健康を守るための知識などが必要になります。資格なしで介護業界に入ったとしても、実務経験を積みながら資格を取ることが求められます。

介護職員初任者研修

旧ホームヘルパー2級です。介護を行う上で、基本的な知識・技術・考え方を身につけて、介護をより高い質で行えるようになるための研修です。介護を学ぶ人の入門資格といえます。

実務者研修

旧ホームヘルパー1級です。実務者研修は国家資格である介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修です。受講資格に制限がないため、異業種からのキャリアチェンジにもおすすめです。

介護福祉士

介護福祉士は介護のプロとして認められる国家資格です。介護業界での求人は豊富で、資格を採用条件とする求人は増えていくことが予想されます。ケアマネジャーを目指す人も多くいます。

介護福祉士の資格(試験内容・勉強法)
介護福祉士の国家試験に合格するには、試験問題の傾向を把握して、効率よく勉強することが大切です。介護福祉士の資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。

ケアマネジャー

ケアマネジャーの受験資格は、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士等の資格保有者か、一定の期間以上介護などの実務経験を積んだ人に限られています。介護業界でステップアップを目指す人の資格といえます。

介護支援専門員の資格(試験内容・勉強法)
介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、保健・医療・福祉分野の実務経験が必要となります。介護支援専門員の資格について、試験内容・勉強法をご紹介します。

福祉・介護事業の給与

区分 20~24歳 25~29歳 43.0歳(平均)
所定内労働時間 168時間 165時間 165時間
残業 4時間 5時間 5時間
月収 212,700円 236,400円 255,500円
年間賞与等 397,400円 569,800円 607,800円
年収 2,949,800円 3,406,600円 3,673,800円

(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より)

まとめ

介護業界では若手人材を必要としています。介護業界では、専門性はもちろん大切ですが、サービス利用者や利用者家族との信頼関係を構築できるかどうかが大きなポイントになります。

介護と医療の連携が進み、働き方は多様化しています。介護業界の動向に精通した転職支援サービスを利用することで、自分だけでは難しい転職をバックアップしてもらえます。希望のキャリアを実現できる可能性が高まります。

介護サービスの転職業界研究
介護業界における人材需要は年々高まっています。介護サービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、業績ランキング、採用市場をご紹介します。
介護職の職務経歴書の書き方
介護職の採用では志や目指す気持ちを重視する傾向があります。介護職の経験者は実務経験から、未経験者もこれまでの経験から意欲や適性を職務経歴書でアピールすることが重要になります。
介護未経験・無資格OKのおすすめ就職支援サービス
未経験から目指す人も多い介護業界。未経験者のサポート体制も充実してきています。未経験・資格なしからのチャレンジをサポートする就職支援サービスをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました