介護福祉士の認定資格とキャリアアップ


介護福祉士の資格者は、介護・福祉関係の事業所や施設でのニーズが高く、求人も多くあります。

介護サービスを利用する人の増加に伴い、ニーズの多様化や高度化に対応できる質の高い介護福祉士が求められるようになっています。

今後はさらに介護福祉士の資格者が採用条件になる求人が増えると考えられ、資格を取得して、キャリアアップを目指すにも有利な状況にあるといえます。

介護士の専門性とキャリア

介護士のキャリアパス

介護士のキャリアパスは明確になっています。

キャリアアップを目指すのであれば、資格取得は必須といえるでしょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は介護を行う上で、基本的な知識・技術・考え方を身につけて、介護をより高い質で行えるようになるための研修です。

介護を学ぶ人の入門資格といえます。

実務者研修

実務者研修は国家資格である介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修です。

受講資格に制限がないため、異業種からのキャリアチェンジにもおすすめです。

介護福祉士

介護福祉士は介護のプロとして認められる国家資格です。

介護業界での求人は豊富で、資格を採用条件とする求人は増えていくことが予想されます。

認定介護福祉士

認定介護福祉士は、介護福祉士のキャリアアップのための資格で、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構が認定する民間資格です。

介護職の指導・教育、医療職などとの連携強化など、幅広い役割を担います。

介護福祉士のステップアップ

介護福祉士として5年以上の実務経験で、介護支援専門員(ケアマネジャー)を目指すことができます。

介護支援専門員は、介護保険の利用者が適切な介護サービスを受けられるように、ケアプランを作成したり、事業者や施設などと調整を行う専門職です。

介護職員専門員は、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士などの資格取得者か、一定の期間以上介護などの実務経験を積んだ人に限られています。

介護業界でステップアップを目指す人の資格といえます。

介護支援専門員の養成

  1. 保健・医療・福祉分野で5年以上かつ900日以上の実務経験
  2. 介護支援専門員実務研修受講試験に合格
  3. 介護支援専門員実務研修を修了
  4. 修了証明書、登録証明書の交付
  5. 介護支援専門員として業務に従事

認定介護福祉士になるには

認定介護福祉士の資格

認定介護福祉士は、介護福祉士のキャリアアップ認定資格です。

認定介護福祉士になるためには、認定介護福祉士養成研修を修了して認定されることが必要になります。

介護福祉士のキャリアパスが今後さらに重要になっていくことから、継続的な教育機会の提供と資質の向上、社会的な要請に応えていくことを目的としてつくられた仕組みです。

認定介護福祉士に期待される役割

これまでの経験と修得した幅広い知識を活用し、利用者、職場、他の専門職、地域など、幅広く「かかわる」「支援する」使命を担っています。

  • 事業所や施設の介護サービスマネージャー
  • 介護サービス提供における連携の中核を担う立場
  • 地域における介護力の向上のための助言・支援者

認定介護福祉士養成研修

認定介護福祉士養成研修は、認定介護福祉士として必要となる知識や技術を獲得し、実践力をつけることを目的として実施されています。

認定介護福祉士養成研修には、「認定介護福祉士養成研修Ⅰ類」と「認定介護福祉士養成研修Ⅱ類」があります。

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類

介護福祉士養成課程では学ばない新たな知識(医療、リハビリ、福祉用具と住環境、認知症、心理・社会的支援等)を修得し、他職種との連携・協働を含めた認定介護福祉士としての十分な介護実践力をつけます。

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類

Ⅰ類で学んだ知識をもって、根拠に基づく自立に向けた介護実践の指導をする力を獲得します。

基礎知識に基づいた応用力を養成し、利用者を中心とした地域づくりにかかわる力をつけます。

認定介護福祉士養成研修の受講資格

認定介護福祉士養成研修を受講するには、いくつかの要件をクリアする必要があります。

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類の要件

  1. 介護福祉士としての実務経験(5年以上)
  2. 現任研修受講による内省や学習習慣の獲得
  3. 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有することが望ましい
  4. 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類の要件

  1. 認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了
  2. 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること
  3. 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい

介護福祉士の採用市場

介護福祉士の求人

介護福祉士は介護・福祉関係の事業所や施設で働く人がほとんどです。

介護・福祉関連の求人は、介護職が圧倒的に多く、求人全体の約半数を占めています。

介護サービス職種の有効求人倍率は、他の職種よりも高い水準が続いていて、正社員以外の雇用から正社員への登用も増えています。

新規採用

次年度を見越して、新たに採用するのが新規採用です。

介護福祉士の養成施設へ来た求人に応募する形が多くなっています。

中途採用

退職者などの欠員補充などのために行われるのが中途採用です。

求人情報は通年で不定期に出されます。

地方公務員

公務員として就職する場合は、地方自治体が実施する地方公務員試験を受験して、採用されなければなりません。

福祉職を希望するのであれば、介護福祉士の資格は有利といえるでしょう。

介護求人の探し方

介護職の求人は非常に多く、さまざまなメディアから探すことができます。

複数のメディアを活用して、自分に合った就職先を見つけることが大切です。

介護の求人サイト

転職活動において、インターネットで求人情報を検索することが、一般的になっています。

紙媒体の求人情報の多くは、インターネットでも閲覧できます。

介護の人材紹介

職業紹介には無料で行う公共のものと、有料、無料で行う民間のものとがあります。

人材紹介会社では求人紹介以外にも、応募書類の添削などのサポートが受けられます。

ハローワーク

ハローワークは公共職業安定所のことです。

地域の総合雇用サービスを行っています。求職相談は、すべて無料です。

求人検索のためのパソコンが用意されていて、求職の申込みを行えば、誰でも利用できます。

ハローワークインターネットサービス

ハローワークの求人検索は、ハローワークの施設まで行かなくても、ハローワークインターネットサービスですべての求人がみられるようになっています。

介護職員の転職支援

まとめ

介護福祉士のキャリアアップのために、日本介護福祉会ではリーダー養成の研修や情報提供などを行っています。

介護福祉士の資格者は、事業所の管理者やサービス提供責任者などの役職を任され、役職手当が支給されるケースも多くあります。

介護福祉士への期待は今後もさらに高まっていくといえるでしょう。

介護現場の仕事と介護スタッフの資格
介護サービスには多くの種類があり、さまざまな施設があります。介護現場で活かせる資格と主な仕事内容について、わかりやすくご紹介します。
介護サービス企業の業界研究
介護業界における人材需要は年々高まっています。介護サービス企業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、収入ランキング、採用市場をご紹介します。