有効求人倍率

キーワード解説

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)で扱った有効求人数を有効求職者数で割った数値のことです。

数値は公共職業安定所(ハローワーク)で仕事を探している1人に対して、何件の求人があるかを示していて、1倍以上で1人に1件以上の求人があるということになります。

倍率が1を超えていれば求人の方が多く、1未満であれば求職者の方が多い状況を示しています。数値が高いほど、売り手市場であり、人手不足であることを意味しています。

有効求人倍率は、経済の動向や人材ニーズにより変動し、景気の実態と同時に動く一致指数と呼ばれています。完全失業率と並んで、景気判断のひとつの指標となっています。

また有効求人倍率は、給与を決めるひとつの要素となる労働力の需給と関連していることから、初任給などの決定に用いられる場合もあります。

ただし、公共職業安定所(ハローワーク)を利用する求職者の割合は限られていることから、経済指標とするには限界があるという見方もあります。

地域別や職業別の有効求人倍率は、厚生労働省が「一般職業紹介状況」として毎月発表しています。「一般職業紹介状況」の調査は、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況(新規学卒者を除く)を取りまとめ、求人倍率等の指標を作成することを目的として行われています。

求人倍率

求職者に対する求人数の割合をいい、「新規求人数」を「新規求職申込件数」で割った数値の「新規求人倍率」と、「月間有効求人数」を「月間有効求職者数」で割った数値の「有効求人倍率」の2種類があります。

新規求人数

期間中に新たに受け付けた求人数(採用予定人員)をいいます。

新規求職者申込件数

期間中に新たに受け付けた求職申込みの件数をいいます。

月間有効求人数

前月から繰越された有効求人数(前月末日現在において、求人票の有効期限が翌月以降にまたがっている未充足の求人数をいう)と当月の「新規求人数」の合計数をいいます。

月間有効求職者数

前月から繰越された有効求職者数(前月末日現在において、求職票の有効期限が翌月以降にまたがっている就職未決定の求職者をいう)と当月の「新規求職申込件数」の合計数をいいます。

就職件数

有効求職者が安定所の紹介により就職したことを確認した件数をいいます。

就職率

求職者に対する就職件数の割合をいい、「就職件数」を「新規求職申込件数」で割って算出します。

有効求人倍率で、採用市場の動向と人材ニーズを確認することができる
ハローワークを第二新卒・20代が賢く利用する方法
ハローワークでは就職支援アドバイザーによる個別カウンセリングをはじめ、様々なメニューで若者の就職支援を強化しています。ハローワークの徹底活用術をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました