情報サービス企業の業績ランキング(2020年)


次々と新しい技術やサービスが登場する情報サービス業界の動きは活発です。AIIoTなど注目技術への対応が本格化する情報サービス企業の売上高・純利益・営業利益率(決算期20/3)ランキング上位20社をご紹介します。

スポンサーリンク

情報サービス企業の業績

情報サービス業の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1NTTデータ972,422
2日本IBM903,998
3日本マイクロソフト604,136
4日立システムズ431,784
5伊藤忠テクノソリューションズ424,723
6野村総合研究所417,495
7SCSK304,637
8NECソリューションイノベータ293,708
9富士通エフサス285,509
10富士通マーケティング258,278
11バンダイナムコエンターテインメント240,382
12日鉄ソリューションズ238,423
13日本オラクル202,389
14TIS196,661
15スクウェア・エニックス194,908
16日本ユニシス178,966
17NTTコムウェア175,830
18NECフィールディング172,631
19日立ソリューションズ169,192
20東芝デジタルソリューションズ161,521

情報サービス業の純利益ランキング

順位企業名純利益(千円)
1NTTデータ77,657,000
2野村総合研究所68,453,000
3日本IBM56,175,000
4日本オラクル43,360,000
5オービック31,854,000
6日立システムズ27,758,000
7SCSK25,025,000
8スクウェア・エニックス24,231,000
9トレンドマイクロ24,025,000
10伊藤忠テクノソリューションズ23,549,000
11バンダイナムコエンターテインメント21,760,000
12コナミデジタルエンタテインメント21,528,000
13日立ソリューションズ19,740,000
14TIS19,618,000
15日本マイクロソフト18,573,000
16マイナビ17,713,000
17日鉄ソリューションズ17,225,000
18カプコン16,947,000
19ガンホー・オンライン・エンターテイメント16,391,000
20日本ユニシス15,647,000

情報サービス業の営業利益率ランキング

順位企業名営業利益率
1アイ・エム・シー70.2
2手間いらず65.1
3日本ファルコム59.9
4オービック58.7
5ファーストロジック50.7
6エムスリー50.2
7イラストライド48.6
8ALiNKインターネット47.1
9ときわ商事45.9
10モバイルファクトリー44.4
11eBASE44.3
12デジタルアーツ44.2
13オービックビジネスコンサルタント43.2
14プロス42.7
15システム・ロケーション41.9
16トビラシステムズ41.4
17東京カンテイ41.1
18アカツキ39.9
19ユーザーローカル39.7
20XACK39.2

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2021』より)

情報サービス業界とは

情報サービス業には、主にソフトウェアや情報処理、情報提供などのサービスを行う企業等が分類されます。

情報サービス業の範囲

  • ソフトウェア業:各種ソフトウェアプログラムの作成や作成に関する調査分析などを行う企業など
  • 情報処理サービス業:企業などからの委託によって各種計算処理の代行などを行う企業・サービスなど
  • 情報提供サービス業:様々なデータを調査収集し、そのデータを加工および蓄積して情報として提供する企業やサービスなど

情報サービス業界の動向

情報サービス業界の市場は、企業の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」支援などで拡大すると見られます。

ソフトウェア業の動向

ソフトウェア開発は、堅調に推移しています。引続き金融機関の決済高度化のニーズやテレワーク関連のシステム構築が見込まれます。

情報処理サービス業の動向

情報処理サービス業は、コロナによるIT投資の抑制はマイナスですが、中長期的には堅調なIT投資が継続すると見られます。

情報提供サービス業の動向

情報提供サービスは、市場の成長に伴い増収傾向で推移しています。コンテンツ業の業績は、ゲーム事業など巣ごもり需要の追い風を受けて好調と見込まれます。

ITサービスの業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。ITサービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

情報サービス業界の求人・転職

IT業界の転職市場は活発です。ITエンジニアの求人数は高水準を維持し、引続き高い水準のまま推移することが見込まれます。

システム開発の受託案件数が順調に推移していますので、プロジェクトマネジャー、SEの募集は引き続き多い状況です。人工知能(AI)、自動運転、IoT技術の研究職の募集も活発になっています。

エンジニア求人が中心ですが、営業などの職種も求められています。転職者には若手が多く、IT未経験からのキャリアチェンジや経験者のキャリアアップのチャンスも豊富です。

今後は「クラウド」と「ビッグデータ」に関わる領域で求人ニーズが高まると見られています。

IT業界の転職支援

まとめ

情報サービス業界は、短期的なIT投資の落ち込みはあるものの、中長期的には堅調に推移すると見られています。IT人材のニーズは継続し、転職市場も活発です。

今後は人材不足が深刻になると予想されることから、求人ニーズが途切れることはなさそうです。

IT業界で有利なおすすめ資格
資格より経験やスキルが重視されるIT業界。それでも20代の就職やキャリアチェンジ、同業他社への転職では実務経験とセットで資格も力を発揮します。就職・転職を有利に進めるIT系資格を狙いましょう。
タイトルとURLをコピーしました