転職におすすめのオンラインプログラミングスクール


未経験からのプログラマー・エンジニア転職は活発です。それでも全くの未経験者よりスキルを身につけた人の方が採用される可能性が高いのは当然です。

未経験からプログラマー・エンジニア転職を目指す人には、短期間でプログラミングスキルを身につけることができて、転職まで実現できるプログラミングスクールをおすすめします。

スポンサーリンク

オンラインプログラミングスクール&転職サポート


全国どこからでも時間を選ばず学ぶことができるオンラインのプログラミングスクールをご紹介します。

オンラインプログラミングスクールおすすめランキング

TechAcademy

◎オンラインのプログラミングスクール
◎プログラミング・アプリ開発・デザインなど豊富なコース
◎エンジニア転職保証コースあり
◎現役エンジニアが学習サポート
◎専属キャリアカウンセラーによる転職サポート
◎企業との一次面接はオンラインで実施可能
◎二次面接の上京サポートあり
◎転職後の年収アップが期待できる
○オンライン完結型

CodeCamp
CodeCampGATE

◎オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクール
◎未経験から学べるオリジナルカリキュラム
◎Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習
◎講師は全て現役エンジニア
◎専任のキャリアアドバイザー付
◎就職先から応募書類、面接対策まで転職サポート
◎レッスン満足度94%超
○オンライン完結型
○無料体験レッスン受講で割引きクーポン

TECH::EXPERT

◎教室とオンラインで学べるプログラミングスクール
◎ライフスタイルに合わせて学べる学習期間
◎学習も転職も専属スタッフ付
◎就活セミナー・企業紹介・面接対策などの転職サポート
◎転職成功率99.0%
◎転職成功保証あり
○転職までの長期キャリア支援
○転職後も半年のキャリア相談受付
○教室は東京・大阪・名古屋・福岡

Tech Boost

◎エンジニアキャリアサービス運営会社のプログラミングスクール
◎通学・オンライン選べる受講スタイル
◎卒業後すぐにエンジニアとして働くことのできるカリキュラム
◎学習コンテンツから期間まで最適プランを提案
◎現役エンジニアが徹底サポート
◎オリジナルアプリの作成
○充実のキャリアサポートが無料
○入学金各種割引あり
△首都圏以外の転職には向かない

受講生の声

本格的なプログラミングの経験はなく、理系科目も強くないという不安があったので、独学で挫折をしないように、また逃げ道を作らないようにするためにまずプログラミングスクールで学ぶ選択をしました。
未経験で転職できるかどうか分からない状況で漠然と飛び込みましたが、転職に成功しました。これからプログラミングを学習して転職したいと思われている方には、ぜひためらわず挑戦してほしいなと思います。(TechAcademy)

現役エンジニアが講師で直接指導を受けられるというところがすごく魅力的でした。
あとは、ITでのものづくりに興味があったのでどうせ学習するなら転職もして、エンジニアとして働きながら自分のスキルを磨いていこうと思ってCodeCampGATEに応募しました。(CodeCamp)

カリキュラムや教室の環境はとても良いですし、メンターのフォローもしっかりしてくれますが、最後に重要なのは自分のやる気やモチベーションです。
少しでも興味があるのなら、まずは無料のプログラミング学習サービスなどを利用してエンジニアとしての自分の適性があるかを試した上で、受講した方が良いのではないかと思います。(TechCamp)

未経験からプログラマーになる流れ(例)

プログラミングスクールに入学するには、まず申込みをして無料体験レッスンやカウンセリングを受ける必要があります。

①Web登録

Webサイトのフォームから登録・申込みをします。登録後、スクールから連絡があり、レッスンやカウンセリングの日程調整を行います。

②体験レッスン・カウンセリング

プログラミング無料体験やカリキュラム、プログラマーとしてのキャリアについて説明されます。疑問点や不明点はここで解消しましょう。

③研修・カリキュラム

1ヵ月~数ヵ月程度のカリキュラムがスタートします。未経験者を対象としているので、理解度に合わせて丁寧に指導してくれます。

実践に近い経験を積むことで、スムーズに未経験からの転職が実現できます。

④キャリアサポート

カリキュラムの受講を修了すると、得意分野にあった転職先を探すことができます。提携先などの優良企業への紹介や企業説明会に参加できます。

⑤内定・入社

プログラマーとして転職が決まれば、カリキュラムは終了です。卒業後もキャリアサポートを継続するサービスもあります。

プログラマー・システムエンジニアの転職市場

プログラマー

プログラマーは、コンピューターのプログラムを作成する人全般を指す職種です。

職務の内容

「プログラム言語」を使い、コンピューターが処理する情報処理の手順の指令「プログラム」を作成します。システム設計書に従い、プログラムの設計、作成、テスト、保守までを実施します。

学歴・経歴・資格

専攻は理系・文系不問。情報処理系の専門学校、高校の工業、商業、情報処理科など。情報技術全般に関する基本的な用語・内容を理解していること人を対象とした「基本情報技術者試験」(情報処理技術者試験の区分のひとつ)があります。

求められる力

物事を論理的に考える習慣と、手順を1つ1つ正確に組み立てていく力、忍耐力が要求されます。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)は、コンピューターシステムの企画から導入などの業務を行うエンジニアの職種です。

職務の内容

コンピューターシステムを設計し、導入を行う技術者です。企業内部の業務システムなどから、銀行のオンラインシステム、交通官制システムなどの大規模なシステムまで多岐にわたります。業務のある企業へ出向き、業務を遂行することが多いです。

学歴・経歴・資格

専攻は理系・文系不問。情報処理系の専門学校など。専門分野の知識や経験を積めば、経済産業省管轄の「情報処理技術者試験」が受けられます。

求められる力

知識や問題発見・解決力、開発チームをマネジメントする力。経験が必要なので、実務を通して習得していきます。

IT業界で有利なおすすめ資格
資格より経験やスキルが重視されるIT業界。それでも20代の就職やキャリアチェンジ、同業他社への転職では実務経験とセットで資格も力を発揮します。就職・転職を有利に進めるIT系資格を狙いましょう。

ITエンジニアの求人・転職

ITエンジニアは慢性的な不足が続き、求人ニーズは高い水準で推移しています。未経験者の採用市場も活発で、第二新卒やキャリアチェンジのチャンスも豊富です。

情報通信業の給与

区分20~24歳25~29歳40.2歳(平均)
所定内労働時間163時間161時間159時間
残業11時間16時間12時間
月収255,700円300,100円406,500円
年間賞与等352,000円738,900円1,259,500円
年収3,420,400円4,340,100円6,137,500円

(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より)

まとめ

プログラマーは適性が問われる職種でもありますので、いきなり転職するよりも、適性を見極めるために一定のスキルを身につけることをおすすめします。

基本的なスキルを身につけていると、転職先の選択肢が広がりますし、転職サポートを受けることで、優良企業へ転職できる可能性が高くなります。

IT未経験・第二新卒におすすめ転職支援付エンジニアスクール
未経験・第二新卒からITエンジニアになるためにはスキル習得と転職支援をセットで行う無料スクールがおすすめです。転職支援付のエンジニアスクールをランキングでご紹介します。
第二新卒・営業以外におすすめのプログラマー転職
第二新卒には営業求人が多く、採用されやすいと考えがちですが、プログラマーにも安定した需要があります。第二新卒におすすめの転職サポートに強みがあるプログラミングスクールをご紹介します。
ITサービスの業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。IT業界の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました