電気工事士の資格を取るには


電気工事士は一定範囲の電気工事の作業をするために必要となる国家資格です。

電気工事に関する知識やスキルは、工事・建設現場で強い武器となりますので、電気工事会社やビル管理会社など電気関係の転職・就職、キャリアアップで有利です。

また経験を積んで独立開業も可能な資格です。

電気工事士の資格

電気工事士とは

電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、一定範囲の電気工作物については、電気工事の作業に従事するための資格が定められています。

電気工事士は、ビルや工場、商店、一般住宅など電気設備の工事をするために必要な資格です。

工具を用いて、電気設備の設置や修理などを行います。

電気工事士には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があり、扱う設備の範囲によって分かれています。

第一種電気工事士

一般住宅や店舗など第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。

第二種電気工事士

一般住宅や小規模な店舗、事業所などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

電気主任技術者との違い

電気工事士は電気設備の設置や修理を行い、電気主任技術者は電気設備の工事、維持、運用の保安について監督を行います。

電気主任技術者の資格取得者は、実務経験等により第一種電気工事士の資格を取得することができます。

電気主任技術者の資格を取るには
電気主任技術者は、電気設備の工事、保守、運用などの保安を監督するために必要となる国家資格です。社会的な評価が高く、求人も多い資格です。

電気工事士になるには

電気工事士試験

電気工事士になるには、電気工事士試験に合格して、免状の交付申請をすることが必要です。

電気工事士試験では、必要とされる知識・技能について、筆記試験と技能試験が行われます。

電気工事士免状の交付申請をするには、電気工事士試験の筆記試験と技能試験の両方に合格する必要があります。

技能試験は同じ年度の筆記試験の合格者または筆記試験免除者が受験できます。

受験資格

制限なし

試験日

  • 第一種:【筆記】10月【技能】12月
  • 第二種:【筆記】5月、10月【技能】7月、12月

試験地

47都道府県で実施

第一種電気工事士の筆記試験

第一種の筆記試験は、マークシートに記入する四肢選択方式により行われます。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気応用
  4. 電気機器、蓄電池、配線器具、電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
  5. 電気工事の施工方法
  6. 自家用電気工作物の検査方法
  7. 配電図
  8. 発電設備、送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
  9. 一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

第一種電気工事士の技能試験

第一種の技能試験は、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行われます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器、蓄電池及び配線器具の設置
  4. 電気機器、蓄電池、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及キャブタイヤテーブルの取り付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 自家用電気工作物の検査
  9. 自家用電気工作物の操作及び故障個所の修理

第二種電気工事士の筆記試験

第二種の筆記試験は、マークシートに記入する四肢選択方式により行われます。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器、配線機器並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配電図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

第二種電気工事士の技能試験

第二種の技能試験は、持参した作業用工具により、配電図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行われます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器、蓄電池及び配線器具の設置
  4. 電気機器、蓄電池、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及キャブタイヤテーブルの取り付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の操作及び故障個所の修理

合格率

  • 第一種:30%程度
  • 第二種:40%程度

問い合わせ

一般財団法人 電気技術者試験センター

電気工事士の試験対策

電気工事士の勉強法

電気工事士の資格を取得するには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。

勉強方法は、基礎知識の有無やかけられる時間、費用などに応じて選択することになります。

電気工事士試験には、筆記試験だけでなく、技能試験がありますので、未経験からスタートする人は、練習教材などのある通信講座を上手に活用して合格を目指すことをおすすめします。

資格の取得期間

未経験から学習をはじめるのであれば、半年程度の準備期間が標準的といえるでしょう。

学習のポイント

過去問題集で出題傾向を理解して、出題頻度の高い問題を重点的に学習することが大切です。

技能試験は実際に工具を使って練習するようにしましょう。

資格のダブル取得

電気工事士の資格だけでも有力ですが、電気工事士の知識をベースとして他の資格をダブル取得すると、ステップアップ、キャリアアップに役立ちます。

電気・通信設備で有利なおすすめ国家資格
電気・通信設備の分野には種類や規模によって、工事や保守に必要となる国家資格が多くあります。電気・通信設備で有利なおすすめ資格をご紹介します。

第二種筆記試験のおすすめテキスト

第二種筆記試験のテキスト&過去問題集

第二種技能試験の問題解説

電気工事士試験の対策講座

多くの企業も利用する技術講座専門のJTEXでは、資格取得や技能向上のための技術系通信講座を数多く取り扱っています。

電気工事士合格講座は、効率的に筆記試験試験対策と技能試験対策ができるセットになっています。

テキストと過去問題集のほかに、技能試験に備えるため副テキスト(動画配信付き)が添付されています。

技術系の通信教育講座ならJTEX

まとめ

電気工事士は、配線設備工事やメンテナンスなど建設にかかわる多くの現場でニーズがあります。

建設業界で活かせる資格・技能はたくさんありますが、電気工事士は安定してニーズのある人気資格です。

建築・土木業界で有利なおすすめ資格
建設・土木業界は売り手市場で特に技術者の求人は高い水準を維持しています。建設・土木系資格者の求人ニーズは非常に高く、転職・就職で有利になります。
既卒・フリーターに有利なおすすめ資格
既卒・フリーターの就職には、ビジネスの基本スキルが身についていることをアピールできる資格が有利です。企業の認知度が高いおすすめ資格をご紹介します。
電気工事施工管理技士の資格を取るには
電気工事施工管理技士は電気に関する工事の施工管理技術者の国家資格です。電気工事施工管理技術検定に合格すると電気工事施工管理技士になれます。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。