ニーズが高まる注目のおすすめ資格


受験者数が多い人気資格は、それだけ社会のニーズも高い資格ということがいえます。受験者数が増加している資格は、ニーズが高まっている資格だといえるでしょう。

社会のニーズを見極めて、注目の高い資格を取得すれば、転職や就職、キャリアアップにおいても有利になると考えられます。

受験者数が増加している注目の人気資格をご紹介します。

ニーズが高まる人気資格

通訳案内士

通訳案内士は、語学力だけでなく、日本についての幅広い知識と教養が求められる資格です。訪日外国人観光客の増加により、受験者数が大幅に増加しています。特に英語と中国語の受験者が増えています。

受験資格

制限なし

試験内容

  • 筆記(第1次)試験:①外国語②日本地理③日本歴史④産業、経済、政治および文化に関する一般常識⑤通訳案内の実務
  • 口述(第2次)試験:通訳案内の実務

合格率

  • 英語:15~25%程度
  • 中国語:10%程度

問い合わせ

独立行政法人 国際観光振興機構

通訳案内士試験の問題集

TOEIC(R)Speaking&Writing Test

TOEIC(R)S&Wテストは、英語で話す・書く能力を測定するテストです。TOEIC(R)L&Rテストは定番ですが、ビジネスシーンなどで話す・書く能力を評価する必要性が高まり、企業などの団体受験が増加しています。

受験資格

制限なし

試験内容

テストはパソコンで実施されます。試験会場のパソコン上で音声を吹き込んだり、文章を入力して解答します。

TOEIC Speaking Test

  1. 音声問題
  2. 写真描写問題
  3. 応答問題
  4. 提示された情報に基づく応答問題
  5. 解決策を提案する問題

TOEIC Writing Test

  1. 写真描写問題
  2. Eメール作成問題
  3. 意見を記述する問題

スコア

スコアは0~200点で表示され、10点刻みです。TOEIC Speakingでは8段階、TOEIC Writingでは9段階で評価されます。

さらに、TOEIC Speakingにおいては、「Pronunciation(発音)」、「Intonation(イントネーション)とStress(アクセント)」についてもそれぞれ3段階で評価されます。

問い合わせ

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC S&Wテストの公式問題集

Linux技術者認定試験(LinuC)

Linux技術者認定試験は、Linuxの技術レベルを測る資格試験です。Linuxの利用が増加する一方で、エンジニアが不足しているため、転職や就職、キャリアアップで有利になります。

受験資格

制限なし

試験レベル

  • LinuCレベル1:Linuxシステムの構築・運用・管理
  • LinuCレベル2:Linuxサーバやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守
  • LinuCレベル3:Linuxサーバやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守

試験内容

コンピュータベーストテスト(CBT)です。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も出題されます。

  • LinuCレベル1:101試験の出題範囲、102試験の出題範囲
  • LinuCレベル2:201試験の出題範囲、202試験の出題範囲
  • LinuCレベル3:300試験の出題範囲

問い合わせ

LPI-Japan

アカデミック認定校


ITエンジニア専門スクール リナックスアカデミー

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能検定は、知的財産の管理・活用を適切に行うための資格試験です。企業の知財人材のニーズの高まりとともに、受験者数も増加しています。国の知的財産推進計画では、この資格の取得を奨励しています。

1級の受験資格

  1. 知的財産に関する業務について4年以上の実務経験者
  2. 2級技能検定の合格者で知的財産に関する業務について1年以上の実務経験者
  3. 3級技能検定の合格者で知的財産に関する業務について2年以上の実務経験者

など5つの条件のうちいずれか1つに該当する者

2級の受験資格

  1. 知的財産に関する業務について2年以上の実務経験者
  2. 3級技能検定の合格者
  3. ビジネス著作権検定上級の合格者

など5つの条件のうちいずれか1つに該当する者

3級の受験資格

知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者

試験内容

  • 1級・特許専門業務:学科(択一式)、実技(筆記と口頭試問)
  • 1級・コンテンツ専門業務:学科(択一式)、実技(筆記と口頭試問)
  • 1級・ブランド専門業務:学科(択一式)、実技(筆記と口頭試問)
  • 2級・管理業務:学科(択一式)、実技(記述式)
  • 3級・管理業務:学科(択一式)、実技(記述式)

合格率

65%程度(3級学科)

問い合わせ

知的財産教育協会

知的財産管理技能検定の公式テキスト

消防設備士

消防設備士は、劇場、デパート、ホテルなどの建物の用途や規模に応じて義務付けられている、消防用設備の工事・整備・点検を行うための国家資格です。建築物の着工件数増加に伴い、消防設備士のニーズも高まっています。

受験資格

  • 甲種:大学卒業等(指定学科または課程)、実務経験者、資格者(甲種消防設備士、技術士、電気工事士、電気主任技術者など)
  • 甲種特類:甲種1~3類のうち1つと、甲種4類と5類の3つの免状の交付を受けている者
  • 乙種:制限なし

試験内容

  • 筆記試験:四肢択一式
  • 実技試験:写真・イラスト・図面等による記述式

合格率

  • 甲種:30%程度
  • 乙種:35%程度

問い合わせ先

一般財団法人 消防試験研究センター

消防設備士の問題集

まとめ

転職や就職で有利になる資格を取得したいけれど、どんな資格を取得すればよいか迷っているのであれば、ニーズが高まっている資格を目指すこともひとつの方法です。ニーズは高く、保有者がまだ少ない資格は、早めに取得して活用することをおすすめします。

転職・就職に役立つ資格一覧
20代・第二新卒の転職・就職に有利なおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました