受験者数・需要が増えているおすすめ資格


受験者数が多い資格は、それだけ社会で必要とされている資格だと考えられます。ですから、受験者数が増加している資格は、ニーズも増加している資格だといえるでしょう。

社会のニーズを見極めて、注目の高い資格を取得すれば、転職や就職、キャリアアップにおいても有利になると考えられます。

受験者数が増加している転職・就職にもおすすめの資格をご紹介します。

スポンサーリンク

受験者数が増えている資格

歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする専門職の国家資格です。

高齢化や予防歯科の意識の高まりからニーズが増えています。

受験資格

国が指定した学校または歯科衛生士養成所を卒業した者など

試験日

年1回(3月上旬)

試験内容

  1. 人体の構造と機能
  2. 歯・口腔の構造と機能
  3. 疾病の成り立ちおよび回復過程の促進
  4. 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会のしくみ
  5. 歯科衛生士概論
  6. 臨床歯科医学
  7. 歯科予防処置論
  8. 歯科保健指導論
  9. 歯科診療補助論

合格率

95%程度

問い合わせ

一般財団法人 歯科医療振興財団

転職・就職情報

勤務先の多くはデンタルクリニックですが、高齢化や予防歯科の意識の高まりからデンタルクリニック以外でもニーズが増えています。

歯科衛生士に社会人からなるルート
歯科衛生士の需要が高まり、歯科助手や社会人を経て歯科衛生士を目指す人が増えています。社会人から歯科衛生士の資格を取得する方法(養成校・入試・学費・入学・国家試験)をご紹介します。
歯科助手の資格を取得できるおすすめ通信講座
専門知識のある歯科助手の資格取得者は歯科医院への転職や就職、再就職で有利になります。短期間で専門的な知識を身につけ、現場で活躍できるようになる歯科助手通信講座をご紹介します。

保育士

保育士は、保育所など児童福祉施設において子供の保育を行うための国家資格です。待機児童の課題を解決するために保育所の増設が進められていますが、保育士の不足という新たな課題に直面しています。

保育士試験が年2回になり、受験者数も増えています。

受験資格

  • 大学等(大学院、大学、短期大学、保育系の専門学校)を卒業した者
  • 大学に2年以上在学し、必要以上の単位を修得した者
  • 高校卒業+児童福祉施設2年以上児童の保護に従事した者など

試験日

  • 前期試験:【筆記】4月 【実技】6~7月
  • 後期試験:【筆記】10月 【実技】12月

試験内容

  • 筆記試験
    ・保育原理
    ・教育原理及び社会的養護
    ・児童家庭福祉
    ・社会福祉
    ・保育の心理学
    ・子どもの保健
    ・子どもの食と栄養
    ・保育実習理論
  • 実技試験:保育実習実技2分野を選択(筆記合格者のみ)
    ・音楽に関する技術
    ・造形に関する技術
    ・言語に関する技術

合格率

25%程度(通常試験)

問い合わせ

一般社団法人 全国保育士養成協議会

転職・就職情報

保育士不足が続いています。資格があれば希望の転職・就職を実現しやすい状況です。幼稚園等教員免許を持っている人はキャリアアップに役立てることができます。

保育士に社会人からなるルート
社会人から保育士になるには、どのようなルートがあるでしょうか。保育士になるためには、保育士養成校と保育士試験の大きく2つのルートがあります。
保育士試験の通信講座おすすめスクール
保育士試験対策の通信講座をお手頃価格で受講できるスクールご紹介します。さらに条件を満たせば、教育訓練給付制度を活用してお得に人気の保育士講座で学ぶことができます。

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーは、家電製品について、選択、使用方法、不具合発生、廃棄などについて、消費者に的確に説明できる家電販売のプロフェッショナルです。

家電の多機能化、デジタル化が進み、商品をわかりやすく説明できるスキルが求められています。

受験資格

制限なし

試験日

3月、9月

試験内容

  • AV情報家電
    ・対象機器:映像機器、音響機器、情報関連機器など
    ・試験科目:商品知識・取扱、CS・法規
  • 生活家電
    ・対象機器:エアコン、換気扇、冷蔵庫、洗濯機、照明器具など
    ・試験科目:商品知識・取扱、CS・法規

合格率

35%程度

問い合わせ

一般財団法人 家電製品協会

転職・就職情報

家電の多様化、多機能化が進み、製品をわかりやすく説明できるスキルは、家電量販店をはじめとして、家電流通に関わる業界で広くアピールできます。

家電製品アドバイザー資格の問題&解説集

メンタルヘルス・マネジメント

メンタルヘルス・マネジメント検定は働く人の心の不調の未然防止や活力ある職場づくり、職場で必要なメンタルヘルスケアに関する知識、技術、態度を取得する公的検定です。

メンタルヘルス対策の社会的な関心の高まりから、個人や多くの企業で広く活用されるようになっています。

受験資格

制限なし

試験日

  • Ⅰ種:11月
  • Ⅱ・Ⅲ種:3月、11月

試験内容

  • Ⅰ種:人事労務管理スタッフ対象
    ・企業経営におけるメンタルヘルスケア対策の意義と重要性
    ・メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
    ・ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    ・人事労務管理スタッフに求められる能力
    ・メンタルヘルスケアに関する方針と計画
    ・相談体制の確立
    ・教育研修など
  • Ⅱ種:管理監督者(管理職)対象
    ・メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
    ・ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    ・職場環境等の評価および改善の方法
    ・個々の労働者への配慮
    ・労働者からの相談への対応など
  • Ⅲ種:一般社員対象
    ・メンタルヘルスケアの意義
    ・ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
    ・セルフケアの重要性
    ・ストレスへの気づき方など

合格率

  • Ⅰ種:15%程度
  • Ⅱ種:40%程度
  • Ⅲ種:65%程度

問い合わせ

メンタルヘルス・マネジメント検定試験センター

転職・就職情報

企業にとって社員のメンタルヘルスケアは重要な課題になっています。メンタルヘルスケアの正しい知識は、特定の業界に限らず、すべての企業で必要とされます。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の公式テキスト

Linux技術者認定試験(LinuC)

Linux技術者認定試験は、オープンソースOSのLinuxの技術レベルを測る資格試験です。

クラウド環境が急拡大するなか、エンジニアは不足しているため、資格者のニーズは増えています。

受験資格

制限なし

試験レベル

  • LinuCレベル1:Linuxシステムの構築・運用・管理
  • LinuCレベル2:Linuxサーバやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守
  • LinuCレベル3:各分野の最高レベルの技術力を持つ専門家

勉強期間目安

試験はコンピュータベーストテスト(CBT)です。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も出題されます。

  • LinuCレベル1:1~3ヵ月程度
  • LinuCレベル2:3ヵ月~半年程度
  • LinuCレベル3:半年~1年程度

問い合わせ

LPI-Japan

転職・就職情報

クラウド環境の拡大で需要が増え、インフラ系ITエンジニアの転職・就職では有利になります。

IT未経験・第二新卒におすすめ転職支援付エンジニアスクール
未経験・第二新卒からITエンジニアになるためにはスキル習得と転職支援をセットで行う無料スクールがおすすめです。転職支援付のエンジニアスクールをランキングでご紹介します。

消防設備士

消防設備士は、劇場、デパート、ホテルなどの建物の用途や規模に応じて消防設備等の工事・設備・点検を行うための国家資格です。

建築物の着工件数の増加に伴い、需要も増えています。

受験資格

  • 甲種:大学等指定学科・課程の卒業者、実務経験者、資格者(技術士、電気工事士など)
  • 甲種特類:甲種1~3類のうち1つと、甲種4類と甲種5類の3つの免状の交付を受けている者
  • 乙種:制限なし

試験日

各都道府県により異なります。

試験内容

  • 筆記試験:四肢択一式
  • 実技試験:写真・イラスト・図面などによる記述式

合格率

  • 甲種:30%程度
  • 乙種:35%程度

問い合わせ

一般財団法人 消防試験研究センター

転職・就職情報

消防設備士を必要とする施設は法律で義務づけられているため、建築や工事、整備等が増えれば、消防設備士の資格者の需要も増加します。

消防設備士おすすめテキスト

まとめ

転職や就職で有利になる資格を取得したいけれど、どんな資格を取得すればよいか迷っているのであれば、受験者数を参考に需要が増えている資格を目指すこともひとつの方法です。

特に、保有者がまだ少ない資格は、早めに取得して活用することをおすすめします。

資格取得のお得な支援制度「教育訓練給付制度」
雇用保険では、働く人の能力開発を支援するために、教育訓練給付金の支給を行っています。働きながらスキルアップや資格取得に使える費用のサポート制度です。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました