キャリアコンサルタント養成・試験対策講座おすすめスクール


キャリアコンサルタントは、国家試験に合格して、キャリアコンサルタント名簿に登録することで資格が与えられます。

キャリアコンサルタント資格を取得していない人は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を使用することはできないことになっています。

キャリアコンサルタントの資格

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは、キャリアコンサルティング(キャリアカウンセリング)を行う専門家です。キャリアコンサルティングでは、働く人や就職・転職を希望する人が適性、能力、経験などに応じて、効果的に職業の選択や職業能力開発ができるように、個別にキャリアデザインの相談や助言、指導を行います。

キャリアコンサルタントは、2016年4月から国家資格になりました。キャリアコンサルタントは登録制(5年の更新)の 名称独占資格とされ、これにより、目指しやすい資格になったといえます。

キャリアコンサルタントの活躍の場

  • 企業などの人事部門で、社員のキャリア相談や研修、人材開発業務など
  • 人材サービス業界のキャリアアドバイザー
  • フリーのキャリアコンサルタントとして独立開業

キャリアコンサルタント養成・試験対策講座

厚生労働大臣認定講習

厚生労働大臣が認定した講習を受講すると、キャリアコンサルタント試験の受験資格を得られます。キャリアコンサルタント試験合格者の多くは認定講習修了者が占めています。

キャリアコンサルタント試験の受験資格を満たす講習は限られていますので、開催地や実施形態など自分が受講しやすいスクールを選ぶことになります。(厚生労働大臣が認定する講習

キャリアコンサルタント養成講座


LEC東京リーガルマインドの「キャリアコンサルタント養成講座」は、厚生労働大臣が認定する講習です。

修了後に現場で活躍できるキャリアコンサルタントの養成を目指し、講座は実践力を身につけることを重視した内容になっています。

通信講座が充実し、全国各地にあるLECの校舎で通学講座スクーリングを受講できることが魅力です。

厚生労働大臣認定講習でキャリアコンサルタント試験の受験資格を得ようと考えている人には、LECの「キャリアコンサルタント養成講座」をおすすめします。

講座の内容

  • 受講料:一般価格 297,000円
  • 教育訓練給付制度(専門実践訓練)対象講座
  • 通信(50時間)+通学(7.5時間×14日間=105時間)=155時間

講座の特長

  • 通信講座が充実
  • 全国各地で通学講座スクリーニングを実施
  • 振替受講が可能

キャリアコンサルタント試験対策講座


LEC東京リーガルマインドの「キャリアコンサルタント試験対策講座」では、国家試験に対応したカリキュラムで学習することができます。LECの「キャリアコンサルタント養成講座」を受講すると、割引を利用できますので、受験資格と試験対策の講座をセットで受講するとお得です。

キャリアコンサルタント試験対策講座

  • 学科対策講座(基礎編・実践編)
  • 実技(論述)対策講座
  • 傾聴トレーニング(基礎編)
  • 傾聴トレーニング(実践編)
  • 直前ロールプレイング特訓(基礎編)
  • 直前ロールプレイング特訓(実践編)
  • 面接合格講座

合格者の声

学校へ通うことのきっかけは、専門実践教育訓練給付の拡充でした。指定講座を探していたところLECのキャリアコンサルタント養成講座を知りました。
内容を調べると14日間の通学、通信講座と、最後までできるか不安でした。しかし、通ってみると日々の授業内容が充実しており、1日があっと言う間に終わっていました。
また、同じ目標を持って受講しているクラスの仲間にも恵まれ、最後まで頑張る事ができました。

養成講座は休日のコースに通いました。朝の10時から18時半までみっちり講義が行われるので集中して取り組むことが出来ました。また、通信講座である確認テストや添削課題も内容が充実しており、とても役に立ったと思います。

キャリアコンサルタントの試験内容

キャリアコンサルタント試験

キャリアコンサルタント試験は、職業能力開発促進法に基づき、厚生労働大臣の登録を受けた登録試験機関が実施する国家試験です。

学科試験と実技試験(論述および面接)で行われ、個別の受験が可能です。学科試験と実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することで「キャリアコンサルタント」として名乗ることができるようになります。

なお、学科試験は、登録試験機関である特定非営利活動法人日本キャリア開発協会と特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が共同で、同一日に共通問題で行います。

受験資格

  • 厚生労働大臣が認定する講習の課程の修了者
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験者
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験の合格者
  • 2016年3月までに実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座の修了者(2016年4月から5年間の経過措置)

キャリアコンサルタントの実務経験

  • キャリアコンサルティングによる支援対象者が、「労働者」であること(労働者には、就業者だけでなく、求職者を含む)
  • 相談の内容・目的が職業の選択、職業生活設計または職業能力開発および向上に関するものであること
  • キャリアコンサルティングが一対一で行われるもの、またはこれに準ずるもの(少人数グループワークの運営等)であること

試験免除

  • キャリアコンサルタント学科試験または実技試験においてどちらか片方の合格者は、合格している試験を免除
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の1級または2級の学科試験、実技試験のどちらか片方の合格者は、キャリアコンサルタント試験の対応する試験を免除
  • 2016年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験の合格者は、キャリアコンサルタント試験について対応する試験の合格者とみなされ、対応する試験を免除(2016年4月から5年間有効)

試験日

  • 学科:5月、8月、11月、翌年2月
  • 実技論述:5月、8月、11月、翌年2月
  • 実技面接:6月、9月、12月、翌年3月

試験方法

  • 学科:マークシート方式
  • 実技論述:記述式
  • 実技面接:ロールプレイ・口頭試問

試験科目(学科)

  1. 職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
  2. キャリアコンサルティングの理論に関する科目
  3. キャリアコンサルティングの実務に関する科目
  4. キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
  5. キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

合格率

  • 学科:60%程度
  • 実技:70%程度

問い合わせ

厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援課

キャリアコンサルタント試験のテキスト&問題集

まとめ

民間資格が複数あったキャリアコンサルタントの資格が国家試験となったことで、取得する資格が明確になり、未経験からでも目指しやすくなりました。人事系職種のスキルアップや転職・キャリアチェンジに有効です。

人事労務・総務部門で有利なおすすめ資格
人事労務・総務関係の転職を目指すなら、適性やスキルアップを証明する資格を取っておきたいところです。他の応募者をリードできる資格を狙いましょう。
転職・就職に役立つ資格一覧
20代・第二新卒の転職・就職に有利なおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました