スポーツ業界で有利なおすすめ資格


スポーツへの関心や健康志向の意識が高まり、スポーツ業界は成長を続けています。人々のスポーツに対する価値観は多様化し、新しい時代のスポーツ指導者が必要とされるようになっています。

スポーツ業界への転職・就職に役立つ公認スポーツ指導者の資格をご紹介します。

公認スポーツ指導者の資格


日本スポーツ協会および加盟団体では、生涯スポーツ社会の実現を目指し、生涯を通じた「快適なスポーツライフ」を構築するため、その推進の中心となるスポーツ指導者を養成しています。

スポーツリーダー

地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたる方のための資格です。

これからスポーツ指導を学ぼうとする人や基礎的なスポーツ指導・運営をする人に役立つ資格です。

受講資格

満18歳以上

受講方法

  • 学校法人NHK学園の通信講座
  • 受講期間4ヵ月
  • 年4回募集

受講内容

  1. 文化としてのスポーツ
  2. 指導者の役割
  3. トレーニング論
  4. スポーツ指導者に必要な医学的知識
  5. スポーツと栄養
  6. 指導計画と安全管理
  7. ジュニア期のスポーツ
  8. 地域におけるスポーツ振興

合格基準

3回にわけて課題を提出して、原則として満点の6割以上の得点で合格。受講修了後、認定証が交付され、スポーツリーダーに認定されます。

受講料

23,100円

問い合わせ

学校法人 NHK学園

スポーツプログラマー

地域のスポーツクラブなどで、プレーヤーのフィットネスの維持や向上のための指導・アドバイスを行うための資格です。

受講資格

満20歳以上

受講方法

  • 共通科目:事前学習、集合講習、事後学習
  • 専門科目:集合講習、筆記試験

受講内容

  1. 共通科目:135時間(東京会場・大阪会場のいずれかを選択)
  2. 専門科目:44時間(東京会場)

受講料

  • 共通科目:17,280円
  • 専門科目:42,000円

問い合わせ

公益財団法人 日本スポーツ協会

アスレティックトレーナー

スポーツドクターやコーチと連携して、プレーヤーの健康管理、外傷予防、救急対応、アスレティックリハビリテーション、トレーニング、コンディショニングなどを行うための資格です。

受講資格

満20歳以上で、日本スポーツ協会加盟団体からの推薦があること

受講方法

  • 共通科目:集合講習、自宅学習
  • 専門科目:集合講習、自宅学習
  • 検定試験:理論試験・実技試験

受講内容

  1. 共通科目:150時間(日本スポーツ協会において計画・実施)
  2. 専門科目:600時間(日本スポーツ協会において計画・実施)
  3. 検定試験:理論試験と実技試験を行い、総合的に判定する。ただし、実技試験は理論試験に合格者のみ

受講料

  • 共通科目:20,000円
  • 専門科目:67,000円
  • 実技試験検定料:30,000円

問い合わせ

公益財団法人 日本スポーツ協会

アシスタントマネジャー

総合型地域スポーツクラブなどで、クラブ会員が充実したクラブライフを送ることができるよう、クラブ運営をサポートするための資格です。

受講資格

満18歳以上

受講方法

  • 共通科目:NHK学園の通信講座もしくは都道府県体育協会、広域スポーツセンター、地方自治体が開催する集合講習会
  • 専門科目:集合講習、自宅学習
  • 検定試験
    ①共通科目:通信講座は課題提出、集合講習は筆記試験
    ②専門科目:筆記試験

受講内容

  1. 共通科目:35時間
  2. 専門科目:35時間(集合講習会14時間+自宅学習21時間)

合格基準

原則として、満点の6割以上の得点で合格

受講料

実施団体により異なる

問い合わせ

公益財団法人 日本スポーツ協会

コーチ1(競技別指導者資格)

地域スポーツクラブ・スポーツ少年団・学校運動部活動などのコーチングスタッフとして、基礎的な知識・技能に基づき、安全で効果的な活動を提供するための資格です。競技ごとに認定されます。

受講資格

満18歳以上(競技によっては満20歳以上)その他の条件は各中央競技団体が定める。

受講方法

  • 共通科目:NHK学園の通信講座
  • 専門科目:集合講習、自宅学習

受講内容

  1. 共通科目:35時間
  2. 専門科目:20時間以上(競技団体において計画・実施)

受講料

  • 共通科目:19,800円
  • 専門科目:14,000円

問い合わせ

都道府県体育・スポーツ協会、都道府県競技団体、中央競技団体(中央開催のみ)

まとめ

スポーツ業界では、スポーツ指導者のあり方が社会問題化するなど、新しい時代にふさわしい指導者が求められるようになっています。

スポーツ公認指導者制度は、「人間力」と称する「思考・判断(スポーツの意義と価値の理解、コーチングの理念・哲学等)」と、「態度・行動(対自分力、対他者力)」に関する内容を増やした養成カリキュラムとなっています。

これからスポーツ指導者を目指す人や既にスポーツ業界に携わっている人にとっても、新しい時代に対応したスポーツ指導者として活躍するために有利な資格といえるでしょう。

フィットネスクラブの転職業界研究
フィットネスクラブは健康志向の高まりから安定成長を続けています。フィットネスクラブの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上ランキング、採用市場をご紹介します。
第二新卒・20代に有利なおすすめ資格
経験が浅く、実績が少ない第二新卒・20代の転職において、資格取得はアピール材料のひとつです。第二新卒・20代に有利なおすすめ資格をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました