介護職員のステップアップ資格とキャリアパス


介護職員には、介護技術や命と健康を守るための知識などが必要になります。

介護業界では、人材育成・人材確保のためにキャリアパスが明確にされています。

資格なしで介護業界に入ったとしても、介護職員として継続的に勤務し、スキルアップやキャリアアップを目指す人には資格取得が必要になります。

異業種からのキャリアチェンジにおいても資格を取得すると有利です。

介護職員のステップアップ資格とキャリアパスついてご紹介します。

介護職員のキャリアアップ

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職員としてのキャリアの入り口に位置付けられています。

2013年から介護保険法の改正により、ホームヘルパー資格は介護職員初任者研修に移行しました。

介護を行う上で、基本的な知識・技術・考え方を身につけて、介護をより高い質で行えるようになるための研修です。

介護を学ぶ人の入門資格といえます。

受講方法

介護職員初任者研修は誰でも受講することができます。

各自治体が指定した養成機関(スクールなど)が主催している講座を受講、全課程修了後に修了評価に合格すれば資格を取得できます。

それほど難易度は高くないので、きちんと講義を受ければ資格を取得できます。

履修内容

講義・実技講習・実習

転職・就職情報

全国の福祉施設、訪問介護ヘルパーやデイサービスセンターなどさまざまな場所で求められています。

介護職員を目指す人、はじめて介護を学ぶ人の出発点になります。

働きながら介護職員初任者研修を受講するには
介護職員初任者研修はこれから介護職を目指す人におすすめの入門資格です。介護職員初任者研修の内容、受講方法をご紹介します。
訪問介護員(ホームヘルパー)の資格を取るには【転職・就職】
ホームヘルパーは在宅の高齢者などを訪問して介護サービスや家事支援サービスを提供する訪問介護の職種です。ホームヘルパーの資格取得についてご紹介します。

実務者研修

介護の実務者研修は国家資格である介護福祉士になるために必須となる知識や技術を学ぶ研修です。

受講資格に制限がないため、異業種からのキャリアチェンジにもおすすめです。

受講方法

実務者研修は誰でも受講することができます。

ホームヘルパーや介護職員基礎研修、介護職員初任者研修などの資格取得者に対しては、受講科目の一部が免除される制度があります。

養成機関(スクールなど)によっては取得している資格で、受講料が減額されることもあります。

履修内容

カリキュラムは介護職員初任者研修と比較すると、講義や演習の時間は3倍以上の構成になっています。

転職・就職情報

実務者研修の資格を取得すれば「サービス提供責任者」や「施設長候補」として活躍することができます。

介護業界での実務経験がなくても取得が可能な資格ですので、転職でとても有利です。

働きながら実務者研修を受講するには
実務者研修は介護福祉士の受験資格の一つとして重要な資格です。介護職のステップアップにも有利な実務者研修の内容、受講方法をご紹介します。

介護福祉士

介護福祉士は介護のプロとしての国家資格です。

介護業界での求人は豊富で、介護福祉士資格を採用条件とする求人も増えていくことが予想されます。

介護福祉士の資格を取得して、認定介護福祉士やケアマネジャーを目指す人も多くいます。

受験資格

  • 実務経験ルート:実務経験3年以上+実務者研修
  • 養成施設ルート:高校卒業等+指定養成施設2年以上
  • 福祉系高校ルート:福祉系高校卒業

試験科目

  1. 人間の尊厳と自立、介護の基本
  2. 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  3. 社会の理解
  4. 生活支援技術
  5. 介護過程
  6. 発達と老化の理解
  7. 認知症の理解
  8. 障害の理解
  9. こころとからだのしくみ
  10. 医療的ケア
  11. 総合問題

合格基準

問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上。

筆記試験合格者のみ実技試験(指定の要件を満たせば実技試験が免除されます)

合格率

70%程度

転職・就職情報

介護福祉士の資格があれば介護業界での転職・就職には困りません。

特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、有料老人ホームなどが主な勤務先になります。

介護福祉士の試験対策と勉強法
介護の国家資格である介護福祉士は働きながら目指す人が多い資格ですので、効率よく勉強することが大切です。介護福祉士の試験内容、勉強法についてご紹介します。
介護福祉士の認定資格とキャリアパス
介護業界では介護福祉士の資格者が採用条件になる案件が増えていくと考えられています。介護福祉士の認定資格とキャリアアップについてご紹介します。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、福祉や医療の実務経験者が取得する資格です。

要支援・要介護認定者およびその家族からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を行う仕事です。

受験資格

ケアマネジャーの受験資格は医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士など保健、医療、福祉系の国家資格所有者か、一定期間以上の介護職員などの実務経験者に限られています。

現状では試験合格者の約半数は、介護福祉士です。

試験科目

介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の2科目

合格率

15%程度

転職・就職情報

ケアマネジャーは不足しており、介護サービスを行う企業、介護保険施設、訪問介護ステーションなどへの転職で有利になります。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取るには
ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格取得には保健・医療・福祉分野の実務経験が必要となります。ケアマネジャーの資格の取り方と勉強法についてご紹介します。

社会福祉士

社会福祉士は介護福祉士とともに福祉系の国家資格です。

医療・福祉・教育・行政機関等で日常生活を営むのに問題がある人からの相談に対して助言や指導、援助を行なう専門職です。

ソーシャルワーカーとして人気の職種です。

受験資格

  • 福祉系4年制大学で指定科目を履修
  • 福祉系短大等で指定科目を履修+相談援助実務
  • 社会福祉士短期養成施設等(6月以上)
  • 社会福祉士一般養成施設等(1年以上) など

試験科目

  1. 人体の構造と機能及び疾病
  2. 心理学理論と心理的支援
  3. 社会理論と社会システム
  4. 現代社会と福祉
  5. 地域福祉の理論と方法
  6. 福祉行財政と福祉計画
  7. 社会保障
  8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  9. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  10. 保健医療サービス
  11. 権利擁護と成年後見制度
  12. 社会調査の基礎
  13. 相談援助の基盤と専門職
  14. 相談援助の理論と方法
  15. 福祉サービスの組織と経営
  16. 高齢者に対する支援と介護保険制度
  17. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  18. 就労支援サービス
  19. 更生保護制度

合格率

25%程度

転職・就職情報

老人福祉施設や身体障がい者更生援護施設、児童福祉施設、知的障がい者援護施設などへの転職で有利になります。

社会人になってから社会福祉士になるには
社会福祉士は福祉系三大国家資格の一つです。福祉や医療の相談援助において重要な役割を担う社会福祉士は、今後ますます必要性が高まると考えられます。
福祉・介護業界で有利なおすすめ資格
高齢化が進み、福祉・介護の資格を採用条件とする求人ニーズは高まっています。本気で福祉・介護業界を目指すなら転職・就職で有利になる資格取得をおすすめします。

介護職員のステップアップ資格を取るには

資格取得の勉強法

資格を取得するには、研修を受講したり、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。

自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて、最適な方法を選ぶことが大切です。

独学に不安があったり、働きながら効率的に学習を進めたい人は、試験に対応した資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』では、通信講座や近くのスクールを探すことができます。

介護系資格の講座案内を一括資料請求すると、無料で複数の資格や講座を比較して検討できるので便利です。

介護系資格の講座

まとめ

介護業界でキャリアアップしていくためには、高度な専門性が求められます。

国家資格や公的資格も多く、資格を採用条件とする求人ニーズも増えています。

介護職員として長期的に活躍するためには、資格を取っておくことが不可欠になっていくといえるでしょう。

参考:厚生労働省WEBサイト

転職・就職に役立つ介護現場の職種と活かせる資格
介護サービスには多くの種類があり、さまざまな施設があります。介護現場で働くには?仕事内容と活躍する職種・資格について、わかりやすくご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。