独立・開業に有利なおすすめ資格


将来的に独立・開業を目指したいと考える人にとって、資格を取得することはひとつの有力な選択肢です。

試験に合格して資格を取得すれば、独立・開業すること自体はできますが、独立・開業で成功することは資格取得だけで約束されるわけではありません。時代のニーズはもちろんのこと、営業力や人脈が大きく影響します。

資格取得後に、独立・開業で成功につながりやすい資格をご紹介します。

独立・開業に強い資格

税理士

税理士は独立開業の国家資格として高い人気があります。試験は難しいですが、合格すれば自分の事務所を開業することも可能です。

学識による受験資格

  1. 大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学(※1)を1科目以上履修した者
  2. 大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
  3. 一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学(※1)を1科目以上履修した者
  4. 司法試験合格者
  5. 公認会計士試験の短答式試験に合格した者

資格による受験資格

  1. 公認会計士試験の短答式試験に合格した者
  2. 全経簿記検定上級合格者

職歴による受験資格

  1. 法人又は事業行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者
  2. 銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上従事した者
  3. 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

試験日

年1回(8月)

試験内容

  • 会計学:①簿記論②財務諸表論
  • 税法:①所得税法②法人税法③相続税法④消費税法⑤酒税法⑥国税徴収法⑦住民税⑧事業税⑨固定資産税

※試験は会計学の2科目と税法のうち選択する3科目について行われます。科目合格制になっていて、一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。

合格基準

合格基準点は各科目とも満点の60パ-セントです。

合格率

15%程度

問い合わせ

国税局

取得方法

税理士の資格を取得するには、資格・通信講座を利用するのが一般的です。試験合格までの期間は、2~5年間が標準的です。

行政書士

官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成などを行う国家資格です。

独立・開業を主な目的とする人気資格です。司法書士、社労士などとのダブルライセンス効果が大きく、仕事の幅を広げることができます。

受験資格

制限なし

試験日

年1回(11月)

試験内容

  • 法令等:基礎法学、憲法、民法、行政法、商法
  • 一般知識等:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護法、文章理解

合格基準

  1. 法令等の得点:満点の50%以上
  2. 一般知識等の得点:満点の40%以上
  3. 試験全体の得点:満点の60%以上

合格率

10%程度

問い合わせ

一般財団法人 行政書士試験研究センター

取得方法

行政書士の資格を取得するには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。取得には6ヵ月から1年程度の期間がかかります。

行政書士の資格(試験内容・勉強法)
行政書士は法律系の国家資格では1番受験者が多い人気資格です。独立に強い資格ですが、転職やキャリアチェンジでもアピールできます。行政書士資格について試験内容・勉強法をご紹介します。

司法書士

商業登記や不動産登記を行うための国家資格です。身近な法律のプロフェッショナルとして独立開業にも有利な資格です。

多くは勤務司法書士として経験を積んで、独立開業を目指します。行政書士や土地家屋調査士などとのダブルライセンスで強みが増します。

受験資格

制限なし

試験日

年1回(筆記7月、口述10月)

筆記試験

  1. 憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む)及び刑法に関する知識
  2. 不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関するものを含む)
  3. 供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識
  4. その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

口述試験

筆記試験合格者のみ

  1. 不動産登記に関する知識
  2. 商業(法人)登記に関する知識
  3. 司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

合格率

3~4%

問い合わせ

各法務局等

取得方法

司法書士の資格を取得するには、独学、資格・通信講座を利用して勉強する方法があります。範囲広いので、試験に対応した講座の利用をおすすめします。取得までの期間は、法律の基礎知識の有無などで大きく異なります。最短でも1年半程度の準備期間は必要になります。

ネイリスト技能検定試験

プロのネイリストとして働くために必要な資格です。1級から3級までの設定があり、1級合格者はトップレベルのネイリストとして認められ、独立開業の道も開けます。

受験資格

  • 1級:2級資格取得者
  • 2級:3級資格取得者
  • 3級:義務教育修了者

試験日

  • 1級:春期(4月)、秋期(10月)
  • 2・3級:冬期(1月)、春期(4月)、夏期(7月)、秋期(10月)

試験内容

  • 1級:トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識
  • 2級:サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識
  • 3級:ネイリストベーシックのマスター。ネイルアートに関する基本的な技術及び知識

(各級共通)実技試験と筆記試験が行われます。

合格率

  • 1級:35%程度
  • 2級:40%程度
  • 3級:80%程度

問い合わせ

公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター

取得方法

ネイリストの資格を取得するには、独学も可能ですが、スクールに通った方がよいでしょう。スクールの学習内容には実技と学科がありますので、試験対策だけでなく、実務でも活かせます。

試験対策おすすめ講座

たのまな

まとめ

独立開業はスタートしてからも営業や経営の課題、努力をし続ける必要があります。20代から明確な目的と目標をもって、目指すのであれば、資格を取得しての独立開業は、チャレンジする価値がある比較的確実な方法だといえるでしょう。

20代起業・個人事業におすすめの支援サービス
インターネットの普及により20代の起業も増え、キャリアチェンジの選択肢になっています。20代起業・個人事業の始め方とおすすめ支援サービスをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました