行政書士の通信講座おすすめスクール


行政書士は法律系資格の一番人気で、多くの人がチャレンジする資格です。

行政書士試験は出題が広範囲に及びますので、短期で合格するためには科目ごとの出題範囲に合わせて、効率的に学習を進めていく必要があります。

行政書士試験には、独学でも合格することはできますが、働きながら短期合格を目指すのであれば、試験に対応した通信講座を上手に活用することをおすすめします。

行政書士試験に短期合格するためのカリキュラムになっている行政書士の通信講座をご紹介します。

行政書士の通信講座

行政書士とは

行政書士は、「行政書士法第1条の2、第1条の3の規定に基づき、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務または事実証明に関する書類を作成することを業とするもの」と定められています。

行政書士の具体的な業務としては、官公署への許認可に関する書類提出や契約書、交通事故調査報告書等、権利義務または事実証明に関する書類作成業務などを行っています。

官公署へ提出する書類

  • 建設業許可申請
  • 宅地建物取引業免許申請
  • 飲食店営業許可申請
  • 帰化許可申請
  • 株式会社設立書類作成 など

権利義務に関する書類

  • 売買契約書
  • 賃貸借契約書
  • 金銭消費賃借契約書
  • 遺言状
  • 遺産分割協議書 など

事実証明に関する書類

  • 内容証明
  • 身分証明書
  • 交通事故調査報告書 など

スタディング

スタディング 行政書士講座は、スマホで学べる人気のオンライン資格講座です。

短期合格者の勉強法を研究し、効率的に学習できるよう開発されています。

法律初学者にもわかりやすい動画講座に加え、問題練習や過去問練習、記述式対策など、全ての試験対策講座が含まれています。

行政書士合格コース

  • 短期合格セミナー
  • 基本講座(倍速機能付き)
  • WEBテキスト(オプション冊子版あり)
  • スマート問題集
  • 過去問解法講座
  • セレクト過去問集
  • テーマ別過去問集
  • 記述式解法講座
  • 記述式対策問題集
  • 受講料 49,500円
  • 分割払い例 月々4,200円

講座の特長

  • 基礎から合格レベルまで着実に学べるコース
  • スキマ時間に学べる
  • 段階的なアウトプット学習
  • 圧倒的な低価格
  • 無料の初回講座

合格者の声

過去問をスマホ一つで何周も学習できることは、重要過去問から何度も出題される傾向にある試験対策として、非常にコスパの高い講座といえます。

フォーサイト

フォーサイト 行政書士通信講座は、圧倒的な合格実績を誇る資格取得スクールの通信教育です。

国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。

合格点主義で制作した教材を使用して、短期合格が可能となっています。

行政書士スピード合格講座 基礎講座

  • 受講ガイド
  • 入門講座テキスト
  • テキスト7冊
  • eラーニング
  • 法改正情報等
  • 無料メール質問
  • 受講料51,800円

講座の特長

  • わかりやすいフルカラーテキスト
  • 豊富な図表・フローチャート
  • 全国平均の3倍超の合格率
  • コストパフォーマンスの高い教材
  • 全額返金保証制度あり

合格者の声

仕事で時間に制約があるため、通学は選べませんでした。また、色々な情報をネットで調べましたが、独学にも不安がありました。そこで、短期間での合格実績がある通信教育にしようと決めました。

クレアール

クレアール行政書士講座は、超効率的な学習法のWeb講座です。

注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。

初学者コースから中級・中上級・上級コースまでレベル別の講座が用意されています。

行政書士初学者対象コース

  • マルチデバイス対応
  • マルチパステキスト
  • 論点別過去問題集
  • 解法マスター講義資料
  • 記述マスターテキスト
  • 基本確認択一模試
  • 科目別答練
  • 公開模試問題・解説
  • 教育訓練給付制度対象講座
  • 受講料52,000円

講座の特長

  • 合格必要得点範囲を短期間で確実に習得できる学習法
  • サンプル講義あり
  • 合格お祝い金制度
  • サポート延長あり

合格者の声

実際にクレアールを選んで良かったなと思うことは、いつでもどこでも勉強ができたことです。家にいる時はPCで、外出時はスマホで勉強することができ、隙間時間を有効活用することができました。

LEC東京リーガルマインド

LECの行政書士講座には、圧倒的な情報とノウハウが蓄積されています。

国家資格の対策講座を全国展開するスクールですので、通学、Web通信講座、音声ダウンロード講座、スマートフォン講座など多彩な学習スタイルが用意されています。

行政書士パーフェクトコース

  • 法律入門講座
  • 合格講座
  • 科目別答練
  • 記述基礎力養成講座
  • 文章理解特訓講座
  • 公開模試
  • ファイナル模試
  • 受講料185,000円~(Web通信)

講座の特長

  • 効率的に学べるオリジナル教材
  • 豊富な指導経験と実績の講師陣
  • 学習フォローシステム
  • 各種割引制度あり
  • 一般の約5倍の合格率

合格者の声

パーフェクトコースは初学者でも一発合格を狙える素晴らしいコースだと思います。

行政書士の試験概要

行政書士試験

行政書士試験は、行政書士の業務に関し必要な知識および能力について、筆記試験が実施されます。

受験資格

制限なし

試験日

年1回(11月)

試験地

全国47都道府県の試験会場

試験内容

  • 「行政書士の業務に関し必要な法令等」46問(択一式および記述式)
  • 「行政書士の業務に関連する一般知識等」14問(択一式)

試験科目

  • 法令等:憲法、行政法、民法、商法、基礎法学
  • 一般知識等:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

合格率

10%程度

問い合わせ

一般社団法人 行政書士試験研究センター

社会人が行政書士の資格を取るには
行政書士は法律系の国家資格では最も受験者数が多い資格です。独立に強い資格ですが、企業の法務部や法律事務所の転職、キャリアチェンジでもアピールできます。

行政書士試験の勉強法

行政書士の試験準備

行政書士の資格を取得するには、独学や資格・通信講座などで勉強する方法があります。

行政書士は他の法律系国家資格よりは、合格しやすい資格ですが、それでも合格率は10%程度。

はじめて法律を学ぶのであれば、しっかりと準備することが必要になります。

勉強法にはそれぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。

出題範囲の広い行政書士試験に短期で合格するためには、効率的に学習を進められる方法を選ぶことが大切です。

資格の取得期間

ゼロから法律を学ぶ人と基礎知識がある人とでは異なりますが、6ヵ月から1年程度の準備期間があるとよいでしょう。

集中して勉強することができれば、3~4ヵ月での合格も可能です。

短期合格の学習ポイント

  • 合格基準は正答率60%以上、まずは基礎力を身につける
  • 出題数の多い行政法・民法を中心に学習する
  • 出題範囲や配点に合わせて学習する

まとめ

行政書士試験に短期合格するためには、メリハリをつけて学習することが大切です。

試験に対応した通信講座のカリキュラムを上手に活用することで、効率的に学習を進めることができます。

資格取得のお得な支援制度「教育訓練給付制度」
雇用保険では、働く人の能力開発を支援するために、教育訓練給付金の支給を行っています。働きながらスキルアップや資格取得に使える費用のサポート制度です。
知的財産・法務部門で有利なおすすめ資格
知的財産やコンプライアンスの重要性に対する意識が高まり、法律知識は専門部署ではもちろん、あらゆる業界の職種で必要とされるようになっています。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。

 

□受講料などかかる費用は?
□テキストやコンテンツなどの内容は?
□サポート体制の有無やその内容は?
□課題の添削や回数制限は?
□フォローシステムは?