求人広告

キーワード解説

求人広告とは

求人広告とは、募集・採用活動を行う企業や団体等が掲載する求人情報のことです。求人広告は、特定の個人ではなく、採用の対象となる層に呼びかけて、より多くの人の関心を集め、応募してもらうことを目的としています。

求人広告は、かつての新聞や求人誌などの紙媒体からインターネット上に掲載されるWeb媒体が急増しています。

紙媒体とWeb媒体には、それぞれに特徴があり、採用ターゲットも異なります。現在の求人広告の中心は、Web媒体である求人・転職サイトになっています。

転職活動において、求人情報を効率よく収集するためには、求人広告の特徴を理解して、自分に合ったルートで情報収集することが大切になります。

求人・転職サイト

企業が直接求人情報を掲載している転職サイトや、転職エージェント(人材紹介会社)が求人情報を掲載している転職サイト、求人企業と転職エージェント(人材紹介会社)の両方が掲載している転職サイト、複数の転職サイトの求人情報をまとめて掲載しているサイトなどさまざまな転職サイトがあります。

またスカウトメール機能を持つ転職サイトもあります。スカウトメールとは、登録者の職務経歴などを見て、企業側から直接登録者に応募を促すメールのことです。

求人情報の収集におすすめの転職サイト
20代の転職希望者のほとんどは在職中からインターネットによる求人情報収集、転職サイト登録、応募を行うようになっています。転職準備でまず登録したい求人・転職サイトをご紹介します。

紙媒体の求人広告

紙媒体として、以前は有料の求人情報誌が多数ありましたが、現在はフリーペーパーが中心となっています。フリーペーパーは、エリア限定・地域密着型なので、特定のエリアの求職者に向けての求人が可能です。

フリーペーパー以外の紙媒体の求人広告としては、新聞・折込、専門雑誌、張り紙などがあります。求職者以外の不特定多数の人に見てもらうことができます。

求人広告の採用情報を正しく読む方法
転職サイトなど求人広告の求人情報を読み解くことは、転職活動の基本ともいえます。求人情報には選考に影響するヒントが隠されています。その情報に気づくかどうかで採否が変わるともいえるのです。

求人広告と人材紹介

採用人数が少なかったり、採用要件が明確な求人など、対象となる求職者が限定されている場合には、求人広告ではなく、転職エージェント(人材紹介会社)が使われることが一般的です。

転職エージェント(人材紹介会社)は、一般には公開されない「非公開求人情報」を多数保有しています。非公開求人には好条件のものも多いことから、いち早く情報を入手することが重要になります。

・求人広告は基本的な人材募集ツール
・求人広告と人材紹介の使い分けが重要
転職エージェント・人材紹介会社の選び方とつきあい方
転職エージェント(人材紹介会社)の利用が一般的になった今、転職活動のスタートにおいて、どのサービスを利用するかが重要になっています。自分に合ったエージェントサービスを見つけましょう。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました