試用期間

キーワード解説

試用期間とは

試用期間とは、社員を採用するにあたり、適性を見極めて、正式に本採用するかどうかを判断するために設ける一定の期間のことです。一般的には、正社員など期間の定めのない雇用契約に設けられます。

試用期間を設けるかどうかは企業の自由です。しかし、試用期間は社員にとって不安定な期間となるため、設ける場合でも最長1年が限度とされています。一般的には3ヵ月程度に設定する企業が多いといえます。

試用期間中であっても、労働契約は成立していますので、試用期間中の労働契約も本採用後の労働契約を同じであるとされています。労働保険や社会保険については、本採用になってからではなく、入社日が基準となります。

本採用の拒否は、解雇に当たりますが、本採用後の解雇に比べると、広く拒否事由が認められています。

本採用の拒否

本採用を拒否して解雇する場合には、適性・職業能力について雇用を継続することが適当でないと判断する客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当であることが必要とされます。

試用期間中の解雇

一般的には試用期間の満了時に判断することが求められ、試用期間の途中という理由だけで、解雇は無効とされる可能性があります。

試用期間を満了する前の解雇には、よりいっそう高度の合理性と相当性が求められることになります。

試用期間と解雇予告

試用期間中は解雇予告制度の適用が除外されますが、試用期間が14日を超える引き続き使用されている場合には、解雇予告制度が適用されます。

14日を超えた試用期間の本採用拒否には、30日前の解雇予告もしくは解雇予告手当が必要になります。

試用期間の延長

試用期間は就業規則などに定めておくことが必要で、延長する場合もその旨の定めがない限り、原則認められません。

ただし、試用期間中に長期欠勤するなど、契約を締結する際に予見できなかったような事情により、適性を判断できないという合理的な理由がある場合には、認められることがあります。

契約社員や派遣社員の試用期間

試用期間は、長期雇用を前提とした制度ですが、実際には、契約社員派遣社員の契約に、試用期間を設定するケースが少なくありません。

有期雇用契約に試用期間を設けることは、社員の地位が不安定となり、適切とはいえません。

試用期間の無効

試用期間に規制はありませんが、試用期間があまりに長く(一般的に3~6ヵ月、最長でも1年)、社員の地位が不安定となるような場合や、紹介予定派遣など試用期間を設ける必要性がない場合には、無効とされることがあります。

・試用期間に適性を最終判断する
・試用期間中であっても、入社から14日を超えれば、解雇予告が必要となる
内定が出てから退職するまでのステップ
応募企業から内定が出て、ひと安心。でも転職活動はまだ終わりではありません。内定が出てから、転職先への入社を決めて、退職するまでのステップを着実に越えていきましょう。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました