転職サイトと転職エージェントのメリット・デメリット

 

第二新卒・20代の転職活動では、ほとんどの人が転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスを利用しています。

はじめての転職では、

「どのように転職活動をスタートすればよいかわからない」
「転職サイトがたくさんあって迷う」
「どんな転職サービスが自分に合うのかわからない」

などの悩みが多いかもしれません。

転職活動では、自分から幅広く情報収集をする必要があります。転職活動の基本となる転職サイトと転職エージェントの使い方をご紹介します。

転職サイトと転職エージェント

転職サイト

転職サイトは、求人情報が掲載されているWebサイトです。自分で求人を検索して、直接、応募するシステムです。会員登録しておくことで、スカウトメールが届くサービスもあります。

転職サイトの使い方

転職サイトにアクセスして、公開されている求人から自分の希望条件で絞り込みをして検索を行います。 転職エージェントとは違い、自分で求人を探し、応募まで自分で行うのが特徴です。転職準備中にいろいろな仕事を知って視野を広げたり、転職市場の情報収集に活用できます。

転職サイト利用の流れ

  1. 転職サイトにアクセスする
  2. 掲載されている求人情報を検索する
  3. 登録する
  4. 求人に応募ができる
  5. 求人サイトの転職サービスが利用できる

転職サイトのメリット・デメリット

  • 公開されている求人情報が豊富
  • 検索機能が充実している
  • 検索も応募も自由
  • スカウト機能で現在の市場価値がわかる
  • 事実上の一次選考となりWebエントリーでNGになることも多い
  • 人気企業へ応募が殺到する
  • 掲載期間が決まっている
求人情報の収集におすすめの転職サイト
20代の転職希望者のほとんどは在職中からインターネットによる求人情報収集、転職サイト登録、応募を行うようになっています。転職準備でまず登録したい求人・転職サイトをご紹介します。

転職エージェント

転職エージェントは人材紹介サービスです。Webサイトから申込み登録をした利用者にコンサルタントなどの担当者がついて、求人企業の紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策、研修・セミナーなど転職活動のサポートもしてくれます。

さまざまな転職サービスを無料で利用できますので、効率的にマッチングの高い転職活動を進めるために活用できます。

転職エージェントの使い方

転職エージェントに登録して、コンサルタントやアドバイザーなどとの面談やヒアリングを受けます。面談内容をもとにして、希望に合った求人の紹介を受けられます。転職サイトと併用して多くの情報を収集するのがおすすめです。

転職エージェント利用の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 面談・ヒアリングを受ける
  3. 求人紹介を受ける
  4. 応募したい企業へ推薦される
  5. 選考・面接を受ける
  6. 内定・入社に必要なサポートが受けられる

転職エージェントのメリット・デメリット

  • 非公開の求人が豊富にある
  • サポート体制が充実している
  • 応募企業の詳細情報が事前にわかりやすい
  • 書類選考の通過率が高い
  • すぐに紹介案件があるとは限らない
  • 自分のペースで活動できるとは限らない
  • 自分に合ったサービスがあるとは限らない
  • 直接応募できない
20代の人材紹介サービスおすすめ10選
20代ではキャリアチェンジやキャリアアップ、未経験からの正社員就職など希望はさまざまです。20代のよりよいキャリアをサポートする人材紹介サービスをご紹介します。

まとめ

代表的な転職サービスである転職サイトと転職エージェント。それぞれのサービスには特徴があります。その特徴を理解して、転職準備と実際の転職活動とで、上手に使い分けることが大切です。

転職サイトから得られるのは、求人情報だけではありません。採用意欲が高い業界や職種、企業、自分の強みや市場価値、興味のある企業の内情まで知ることができます。

転職エージェントでは転職のプロであるコンサルタントから的確なアドバイスをもらえます。また転職サイトなど一般には公開されていない非公開の求人情報も保有しています。

転職準備期間からサービスを積極的に活用して、自分のタイミングで納得のいく転職活動につなげることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました