歯科衛生士求人・転職サイトおすすめ3つ厳選


歯科衛生士の仕事は慢性的な人手不足です。常に求人は多いことから、女性のライフスタイルに合わせて働くことができる仕事といえます。

活発な歯科衛生士の転職市場で希望の勤務先を見つけるためには、歯科衛生士の転職に精通した歯科衛生士求人・転職サイトを上手に活用することが欠かせなくなっています。

歯科衛生士求人・転職サイトの転職支援サービス


歯科衛生士さんのよりよいキャリアをサポートする歯科衛生士求人・転職サイトの転職支援サービスを厳選してご紹介します。

ファーストナビ歯科衛生士


歯科衛生士に特化した転職支援サービス ファーストナビ歯科衛生士

希望条件に沿った求人案内から条件交渉、入職後のフォローまで完全サポート。非公開を含め業界最大級の求人数が強みで、パートもOKです。

サービスの特長

  • 最新・非公開求人多数
  • 地域密着の医院から大手のクリニックまで幅広い求人情報
  • 業界に精通したエージェントがフルサポート
  • 高給与・残業なし・社保完備・新規オープン・扶養内など多彩な好条件求人
  • 直接は聞きづらい内容の確認や交渉の代行

利用者の声

20代 女性

「利用してみた感想として、とてもよかったと思いました。 特に複数候補をあげてもらえて選択ができたことがよかったです。

また、面接対策をしてもらえたことで、前準備をすることで自信を持って面接にいくことができ、助かりました。

メッセージアプリを活用することで連絡が取りやすく、ストレスを感じませんでした。」

ジョブメドレー


歯科衛生士専用の求人サイト ジョブメドレー

日本最大級の求人数で、自分に合った転職先が見つかるはずです。悩んだときにはキャリアカウンセラーに相談することもできます。お祝い金制度も好評です。

サービスの特長

  • 掲載件数業界No.1
  • 利用満足度94%
  • 育児支援制度あり
  • 求人数が多く、希望に合った案件が見つかる
  • キャリアカウンセラーに相談できる

利用者の声

20代 女性

「他のサイトにない医院があり探しやすかったです。また、祝い金の制度や、メッセージでのやり取りができ利用しやすかったです。

サポートも程よい量の連絡だったのでよかった。

ジョブメドレーさんでは利用がしやすく医院の特徴もわかりやすかったです。」

ディースタイル


歯科専門の求人情報サイト ディースタイル

歯科の求人情報のほかにも、さまざまな歯科情報やニュース、教育コンテンツを配信しています。歯科衛生士のスキルアップに役立つ情報が充実しています。

サービスの特長

  • 歯科医師向けWHITE CROSSの姉妹サイト
  • 歯科の求人・就職・転職情報
  • 全国の歯科求人に対応
  • 専任アドバイザーのキャリアサポート
  • 応募書類や面接のアドバイス

歯科衛生士の転職市場

歯科衛生士の求人・採用

歯科衛生士の転職市場は非常に活発です。結婚後や出産後も働きたいという人にとても人気があります。最近では、訪問歯科診療のスタッフとして、歯科衛生士の募集が増えてきました。介護保険で口腔ケアが認められていますので、訪問歯科診療の求人ニーズはさらに伸びると考えられます。

歯科衛生士のキャリア活用法

  • 歯科医院、診療所
  • 病院(歯科)
  • 保健所
  • 事業所
  • 高齢者介護施設
  • フリーランスなど

就業場所別の20代歯科衛生士数

多くが歯科診療所での勤務です。病院の歯科や保健所、企業の診療所などで働く歯科衛生士もいますが、人数としては多くありません。

就業場所 25歳未満(人) 25~29歳(人) 総数(人)
診療所 13,340 16,772 112,211
病院 562 843 6,259
保健所、都道府県・市町村 42 80 2,754
介護保険施設等 5 20 955
歯科衛生士養成校 18 62 873
事業所 14 12 317
その他 15 18 462

(厚生労働省「平成28年衛生行政報告例」より)

歯科衛生士の給与

区分 20~24歳 25~29歳 35.1歳(平均)
所定内労働時間 167時間 167時間 166時間
残業 7時間 7時間 7時間
月収 228,300円 244,900円 250,200円
年間賞与等 227,000円 422,100円 409,800円
年収 2,966,600円 3,360,900円 3,412,200円

(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より)

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士には、大きく分けて「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の役割があります。

歯科予防処置

人が歯を失う原因の90%が「むし歯」と「歯周病」です。この二つを歯科の二大疾患といいます。歯・口腔の疾患を予防する処置として、「フッ化物塗布」等の薬物塗布、歯垢(プラーク)や歯石など、口腔内の汚れを専門的に除去する「機械的歯面清掃」など、予防的な医療技術があります。歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家です。

歯科診療補助

歯科衛生士は歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当します。歯科診療補助の範囲は多岐にわたり、歯科診療を円滑に行うために大切な役割を果たしています。また、コミュニケ-ションに配慮し、信頼関係にもとづく歯科医療にも、歯科衛生士の役割が期待されています。

歯科保健指導

むし歯や歯周病は治療よりも予防が大切で、セルフケアを実行するための専門的な指導が不可欠です。歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導はもちろん、寝たきりや要介護者などに対する訪問口腔ケアも重視されるようになっています。さらに、食べ物の食べ方や噛み方を通した食育支援、咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練も新たな歯科保健指導の分野として注目されています。

歯科衛生士のキャリア

歯科衛生士の資格

歯科衛生士は歯と口の中の健康をサポートする国家資格です。歯垢除去・フッ素塗布、歯科診療補助、歯科保健指導は歯科衛生士の独占業務であり、無資格者は実施できません。

歯科衛生士の資格を取得するステップ

  1. 高校卒業
  2. 歯科衛生士専門養成校を修了
  3. 歯科衛生士国家試験に合格

歯科衛生士の試験科目

  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 微生物学
  • 薬理学
  • 口腔衛生学
  • 公衆衛生学
  • 栄養指導
  • 歯科臨床
  • 歯科予防処置
  • 歯科診療補助
  • 保健指導

認定歯科衛生士

  • 認定歯科衛生士:日本歯科衛生士会
  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士:日本歯周病学会
  • インプラント専門歯科衛生士:日本口腔インプラント学会
  • 日本歯科審美学会歯科衛生認定士:日本歯科審美学会
  • ホワイトニングコーディネーター:日本歯科審美学会
  • 日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士:日本成人矯正歯科学会

歯科衛生士のキャリアアップ


ユーキャンのケアマネジャー講座

歯科衛生士の実務経験が5年以上あると、ケアマネージャーの受験資格を得ることができます。歯科衛生士の資格を活かして、これから需要の高い福祉分野へキャリアを広げることも可能になります。

まとめ

歯科衛生士には男性もなれますが、圧倒的に女性が多い仕事です。結婚や出産で離職する人もいますが、一旦、仕事を辞めても再就職しやすく、資格があればいつでも働ける職種だといえます。

歯科衛生士の就職先とキャリアアップ
歯科衛生士の勤務先は歯科診療所が中心ですが、高齢者の口腔ケアの重要性が高まり、介護老人保健施設など歯科診療所以外でも歯科衛生士のニーズが高まっています。
タイトルとURLをコピーしました