アパレル業界の転職エージェントおすすめを厳選


アパレル業界の転職市場はとても活発です。特に販売スタッフは対人折衝の適性が活かされますので、キャリアチェンジも可能な職種です。

アパレル正社員の転職では、アパレル業界に精通した転職エージェントの利用が欠かせなくなっています。

複数の企業経験者も多い業界ですので、満足度の高い転職を実現するためには、アパレル転職エージェントの転職支援サービスを上手に活用することをおすすめします。

アパレル専門の転職支援サービス

サポート・アドバイス・ヘルプ
アパレル業界でのよりよいキャリアをサポートするアパレル転職エージェントを厳選してご紹介します。

アパレル転職エージェントおすすめランキング

クリーデンス
クリーデンス

◎アパレル業界の転職支援サービス
◎業界最大級の求人を保有
◎独自の非公開求人を多数保有
◎大手・デザイナーズ・外資系企業などの求人紹介
◎業界での圧倒的な実績
◎ほとんどが正社員・契約社員の求人
◎業界出身のスタッフが転職サポート
◎アパレル経験者のキャリアアップに有利
△アパレル未経験者の転職には向かない

iDA(アイ・ディ・アクセス)

◎アパレル業界の人材紹介・人材派遣
◎アパレル・コスメ求人ブランド数No.1
◎業界最大級の求人数
◎全国の求人を網羅
◎アパレル、雑貨、アクセサリー販売など、ジャンル多数
◎未経験も安心の充実した教育・研修制度
◎正社員・派遣社員・短期など選べる働き方
○派遣先での社員化や店長昇格などキャリアアップが目指せる
△サポートには幅がある

ファッショーネ

◎アパレルの求人、転職支援サービス
◎約92%が正社員案件
◎独占求人を多数保有
◎地域ごとに専任のコンサルタント
◎足切りなしで未経験者も安心
◎地域密着型の提案が可能
○求人は量よりマッチング重視
○電話でのコンサルティングも可能
△首都圏以外の転職には向かない

利用者の声

20代女性(クリーデンス)
「職務経歴書を書くのも初めてでしたから、それを直していただいて、もっと良くするために調べものをしたり一生懸命思い出したり……一つひとつが新鮮で面白かったというのはありました。」

20代女性(iDA)
「いろいろ相談にのってくれますし、的確なアドバイスをしてくれます。」

27歳女性(ファッショーネ)
「仕事をしながらの転職活動は大変でしたが、コンサルタントのサポートもあってスムーズに面接調整ができました。」

転職支援サービスを利用する流れ(例)

アパレル転職エージェントの転職支援サービスを利用するには、Webからの登録が必要になります。

①Web登録

Webサイトから会員登録をします。会員登録すると、無料で転職支援サービスが利用できるようになります。

②担当者から連絡

登録後、キャリアアドバイザーから連絡があります。面談日程の調整や希望する仕事や条件について相談できます。

③面談・ヒアリング

キャリアアドバイザーと面談して、これまでの経験や仕事の希望、条件、疑問点など伝えます。電話やメールでも対応してくれます。

④求人紹介

ヒアリングの内容をもとにして、希望の条件に合った求人や非公開求人を幅広く紹介してもらえます。応募したい求人にはエージェントから推薦されます。

⑤選考・面接

書類選考を経て、企業との面接に進みます。面接の日程調整などはエージェントが代行してくれます。事前に面接対策などのサポートもあります。

⑥内定・入社フォロー

入社にあたり必要な準備のサポートをしてくれます。自分からは聞きづらい給与や待遇の内容、条件交渉はエージェントが代行してくれます。

アパレル転職エージェントを利用するメリット

  • アパレル業界の求人が豊富
  • 憧れのブランド求人に出会える
  • 幅広い取扱い職種・商材
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーのサポート
  • 研修やトレーニングの教育体制
  • 高い書類選考通過率

アパレル業界の転職市場

アパレル業界の求人・採用

アパレル業界の転職市場は非常に活発です。業界内の転職、キャリアアップが盛んですが、販売職はキャリアチェンジ可能な求人もあります。

販売職(スタッフ~店長)

販売職の主な仕事は、接客を通して、店の商品を売ることです。商品の種類や店舗の特性などによって、接客方法はさまざまです。

商品に対する反応を直接目にしている販売職は、どんな商品が求められるか、売れる商品は何か、顧客のニーズを的確につかむことが求められます。

バイヤー

バイヤーは店頭で売る商品を問屋やメーカーから仕入れるのが仕事です。店舗で働く販売員がバイヤーを兼ねることもあります。

顧客の年齢層や好み、流行などを見極め、売れる商品をできるだけ安く仕入れることが求められます。

エリアマネジャー(スーパーバイザー)

担当するエリア内にある複数の店舗を担当し、運営や管理を支援、指導するのがエリアマネジャー、スーパーバイザー(SV)の仕事です。

百貨店であればフロアマネジャーが類似した職種といえます。多くの場合、販売経験のある人が担当します。

マーチャンダイザー(MD)

消費者のニーズを把握し、商品の仕入れ計画や価格数量、価格設定など商品に関する管理責任者です。

小売りではバイヤーと同じで、ショップの顧客層に合った商品を選んで陳列します。

ビジュアル・マーチャンダイザー(VMD)

ショップのコンセプトやブランドイメージを表現して、売上に繋がる商品配置やレイアウト、在庫、生産数などを元に売り場作りをするスペシャリストです。

プレス

ファッション業界における広報担当者です。雑誌やテレビなどのメディアに商品をPRするのが仕事です。

商品を貸し出して撮影やテレビで露出してもらいます。

商品開発

商品開発は商品を企画して、開発していく仕事です。新商品を開発する場合と既存の商品を改良する場合があります。

自社だけでなく、外部のデザイナーや企業と一緒に開発していくこともあります。

生産管理

生地や革など素材・付属品を扱う企業や縫製工場と商談や手配、管理を行い、実際に商品化まで行う仕事です。

アパレル業界で有利なおすすめ資格
アパレル業界には販売からデザイナーまでさまざまな仕事があります。アパレル特有の資格から幅広く活用できる資格まで、アパレル業界で評価される資格をご紹介します。

アパレルメーカーの給与

区分20~24歳25~29歳45.1歳(平均)
所定内労働時間169時間169時間169時間
残業12時間13時間9時間
月収190,100円211,000円238,400円
年間賞与等292,600円392,000円482,500円
年収2,573,800円2,924,000円3,343,300円

(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」より)

転職のためのスキルアップ

オンライン資格講座 スタディング
短期合格を目指せる スタディング 販売士講座

販売士は、流通・小売分野で唯一の公的資格です。多様化する顧客のニーズを的確にとらえ、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術で、商品を提供する販売のプロとして認定されます。

リテールマーケティング(販売士)検定の資格を取得することで、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、高度で専門的な知識を持つ人材としてアピールできます。

リテールマーケティング(販売士)検定のレベル

  • 1級:マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指す
  • 2級:販売促進の企画・実行をリードし、店舗・売場を包括的にマネジメントする人材を目指す
  • 3級:接客や売場づくりなど、販売担当として必要な知識・技術を身につけた人材を目指す

資格取得のメリット

  • 販売員のプロとしてアピールできる
  • マネジメントスキルが身につく
  • ビジネスパーソンとしてのスキルアップができる

まとめ

アパレル業界の転職では、対人スキルやコミュニケーション力の適性はもちろん大切ですが、中途採用の経験者であれば、販売計画やスタッフ管理、シフト管理、後輩指導、店長補佐などの実績がマネジメント力としてアピールポイントになります。

業界に精通した転職支援サービスを上手に利用して、自分の力を最大限に活かせる転職を実現することをおすすめします。

アパレルの志望動機・転職理由(作り方と例文)
アパレル業界の志望動機ではアピールしたいことがわかりやすく伝わることが大切です。アパレル業界の志望動機について作り方と例文をご紹介します。
アパレル(メーカー・SPA)の業界研究
アパレル業界は消費の低迷やECの拡大で競争が激化しています。アパレルの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
ファッション業界の売上高ランキング(2020年)
ファッション業界では成長が見込めるネット通販、海外事業の拡大に力を入れています。ファッション業界の売上高・純利益ランキング(決算期19/3)をご紹介します。