外資系企業の従業員数ランキング


外資系企業とは、外国法人又は外国人が一定程度以上の出資をする日本にある企業をいいます。外資系企業のデータ(2017年)から従業員数の上位50社をランキングでご紹介します。

外資系企業の従業員数

外資系企業となるのはおおむね以下の企業です。

  1. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している企業
  2. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している持株会社が出資する企業であって、外国法人又は外国人の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となる企業
  3. 上記1、2いずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

外資系従業員数上位50社(全業種)

順位 社名 親企業国籍 従業員数(人)
1 日産自動車 フランス 22,209
2 ジブラルタ生命保険 アメリカ 13,541
3 シャープ 台湾 13,363
4 三菱ふそうトラック・バス ドイツ 9,800
5 メットライフ生命保険 アメリカ 9,086
6 コストコホールセールジャパン アメリカ 8,500
7 富士ゼロックス アメリカ 8,282
8 アクセンチュア ・・ 7,600
9 アクア 中国 6,235
10 ヤフー アメリカ 5,826
11 ジヤトコ フランス 5,784
12 UDトラックス スウェーデン 5,575
13 ボッシュ ドイツ 5,228
14 プルデンシャル生命保険 アメリカ 5,197
15 ファイザー アメリカ 4,935
16 中外製薬 スイス 4,931
17 富士火災海上保険 アメリカ 4,657
18 アフラック アメリカ 4,463
19 ヴェオリア・ジャパン フランス 4,149
20 合同会社西友 アメリカ 4,060
21 マニュライフ生命保険 カナダ 4,052
22 ノバルティスファーマ スイス 3,806
23 MSD アメリカ 3,800
24 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン アメリカ 3,650
25 カルソニックカンセイ アメリカ 3,634
26 スターバックス コーヒー ジャパン アメリカ 3,440
27 日本イーライリリー アメリカ 3,400
28 グラクソ・スミスクライン イギリス 3,300
29 エームサービス アメリカ 3,230
30 NOK ドイツ 3,143
31 VSN スイス 3,064
32 アストラゼネカ イギリス 3,000
33 ロッテ建設(日本支社) 韓国 2,970
34 ヤクルト本社 フランス 2,860
35 トリンプ・インターナショナル・ジャパン 香港 2,825
36 イケア・ジャパン オランダ 2,700
37 バイエル薬品 ドイツ 2,670
38 アデコ スイス 2,600
39 日本キャタピラー合同会社 アメリカ 2,530
40 ネスレ日本 スイス 2,500
40 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ インド 2,500
40 日本ロレアル フランス 2,500
43 ジョンソン・エンド・ジョンソン アメリカ 2,420
44 日本オラクル アメリカ 2,390
45 新生銀行 アメリカ 2,374
46 パナソニックヘルスケア アメリカ 2,300
47 サノフィ フランス 2,250
48 日本マクドナルド アメリカ 2,239
48 日本マクドナルドホールディングス アメリカ 2,239
50 ヴァレオジャパン フランス 2,204

(東洋経済新報社『外資系企業総覧2017』)

外資系企業への転職支援

外資系企業への転職では、実績のある専門性の高いエージェントの利用をおすすめします。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ
外資系・日系グローバル企業の転職なら ロバート・ウォルターズ

世界の主要都市にオフィスを構える、外資系・グローバル企業に特化した転職エージェントです。世界有数のグローバル企業をはじめ、ベンチャー企業や中小企業に至るまで、幅広い企業の求人を取り扱っています。

  • バイリンガル・スペシャリストの転職
  • 正社員・契約社員・派遣社員のキャリアアップをサポート
  • 各分野に精通したスペシャリストチーム

リクルートエージェント

リクルートエージェント
外資系・日系グローバルポジション求人数業界トップクラス リクルートエージェント

国内だけでなく、外資系・グローバルポジションのサポートを積極的に展開しています。専門のコンサルタントが希望に合わせて転職をバックアップ。グローバル求人や具体的なキャリアプランを提案してもらうこともできます。

  • 特別非公開求人を多数保有
  • 次世代リーダー候補求人
  • 英文レジュメの書き方から面接対策までサポート

まとめ

外資系企業へ転職するうえで、従業員数は企業のさまざまなデータの「1人あたり」を算出する指標になります。規模を把握して、同業種同規模の企業などとの比較に役立ちます。また採用数とのバランスを見るにも有益な情報です。

外資系企業の転職では、英文レジュメの書き方から面接対策まで特有のノウハウが必要になります。転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントに効率よく相談に乗ってもらうことをおすすめします。

外資系企業は情報量が少なく、情報不足になりがちです。転職エージェントを利用すれば、自分だけでは知ることができない詳しい情報を収集することができます。

海外・アジア転職におすすめの人材紹介サービス
海外転職はキャリアパスの新たな選択肢のひとつになっています。海外転職では、海外の採用市場、グローバル求人に強い転職エージェントの人材紹介サービスをおすすめします。
タイトルとURLをコピーしました