当サイトには広告が含まれます

広告業界ランキング【売上高・純利益・営業利益率】-企業研究に

企業の業績は採用計画に大きく影響します。

企業研究をするうえで、もっとも重要な情報のひとつです。

広告業の売上高、純利益、営業利益率(決算期23/3)ランキングをご紹介します。

広告会社の業績

広告業の売上高ランキング

順位企業名年商
(百万円)
1リクルート705,567
2博報堂371,590
3サイバーエージェント363,045
4ADKマーケティング・ソリューションズ270,000
5電通212,681
6博報堂プロダクツ153,745
7TBWA HAKUHODO74,000
8トヨタ・コニック・プロ60,000
9電通東日本56,660
10カカクコム52,769
11CyberZ52,000
12クオラス48,599
13博報堂DYメディアパートナーズ48,303
14ジェイアール東日本企画47,329
15東急エージェンシー47,157
16日本経済廣告社44,602
17エン・ジャパン42,951
18読売IS42,243
19朝日広告社40,749
20ビーコンコミュニケーションズ37,000
21AbemaTV36,529
22シミズオクト35,502
23日本経済社34,745
24電通九州32,861
25ADKデジタル・コミュニケーションズ32,354
26読売広告社32,019
27ADKクリエイティブ・ワン30,496
28ディーエムエス29,293
29デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム29,020
30新東通信28,058
31CyberACE28,000
31ジー・プラン28,000
31JTBコミュニケーションデザイン28,000
34アド・ダイセン27,878
35アイアンドエス・ビービーディオ―27,500
36大広26,825
37フロンテッジ26,134
38エヌ・ティ・ティ・アド24,575
39朝日オリコミ24,400
40新広社24,285
41電通ダイレクト24,000
42ホンダコムテック23,584
43JPメディアダイレクト22,672
44トライステージ22,000
45電通西日本21,902
46新通20,186
47TSP太陽19,799
48JR西日本コミュニケーションズ19,446
49大広九州19,317
50インサイト18,734

広告業の純利益ランキング

順位企業名純利益
(千円)
1電通41,507,000
2博報堂21,895,000
3カカクコム14,192,000
4サイバーエージェント10,018,000
5博報堂プロダクツ8,649,000
6リクルート6,223,000
7デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム4,487,000
8博報堂DYメディアパートナーズ4,189,000
9トラストバンク3,885,207
10ユナイテッド3,729,273
11エン・ジャパン2,638,000
12シミズオクト2,269,000
13ADKクリエイティブ・ワン2,007,000
14アイティメディア1,949,770
15アイレップ1,824,932
16TSP太陽1,762,671
17JPメディアダイレクト1,708,950
18ヴァリアス・ディメンションズ1,613,036
19アドウェイズ1,507,032
20精美堂1,462,472

広告業の営業利益率ランキング

順位企業名売上高
営業利益率
1ユナイテッド78.2
2クワックス67.7
3レントラックス56.3
4カカクコム39.8
4サウンドエイト39.8
6AYUMU35.8
7アイティメディア33.7
8ヴァリアス・ディメンションズ31.8
9キューズナレッジ31.7
10グラッドキューブ31.1
11イング北海道30.0
12ウィンノット28.5
13グリーンワン26.1
14インサイド・アウト26.0
15ハウテレビジョン25.7
15ジオン25.7
17ネオスト25.1
18学情23.9
19メディア総研23.5
20ファインズ22.8

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2024』より)


広告会社の動向

広告業界はネットシフトが顕著です。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の広告市場は縮小していますが、インターネット広告は成長を続けています。

ネット広告を中心として市場の拡大は続くと見られています。

デジタル分野で積極的な協業や提携が行われ、業界再編の動きも見られます。

広告代理店

広告各社は構造改革や多角化を進めています。

また専門性が高いネット専業企業などとの事業提携を積極的に行い、デジタル領域のノウハウを取り込んでいます。

ネット広告

ネット広告は高成長を続けています。

次世代通信5Gの普及により、動画広告の存在感が増しています。

広告会社の業界研究【概要・代理店・動向】-転職・就職に
広告業界ではネット広告が急成長するなど変化が大きくなっています。転職・就職で押さえておきたい広告業界の動向、業績、採用市場をご紹介します。

広告業界の転職活動

広告業界には営業職からクリエイティブ職まで幅広い職種の求人ニーズがあります。

エージェントサービスを利用すると、業界や職種に精通したコンサルタントのサポートを受けることができます。

エージェントサービスのメリット

  • キャリアの可能性を広げるコンサルティング
  • 非公開・独自案件の求人紹介
  • 企業との調整・交渉の代行 など

まとめ

広告業界はデジタル化の進展により、デジタル領域で専門性を高め、競争力を強化する動きが目立ちます。

広告会社では、協業や事業提携の動きが活発になっています。

専門的なデジタル技術を活用し、今後の業績アップを目指しています。

クリエイティブ職におすすめ転職エージェント【経験者・第二新卒】
クリエイティブ職の転職では特有のノウハウが必要になります。よりよいキャリアをサポートする専門の転職エージェントをご紹介します。
広報PR・広告宣伝系で有利なおすすめ資格-転職・キャリアアップに
広報や宣伝の職種や業種に就くために必須の資格というものはありませんが、関連する資格を取得することで、専門性を証明して、転職を有利に進めることができます。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2024年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職・就職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2024年度の主要業界天気予想を一覧にしました。
企業研究は何をすればいい?やり方と確認ポイント-転職・就職に
応募する企業ごとにアピール材料を見つけるためには企業研究をしっかり行うことが大切です。

 

【参考】
・一般社団法人日本広告業協会

タイトルとURLをコピーしました