運輸業界の業績ランキング(2019年)


運輸業界は、空運・海運・陸運に分かれています。運輸業界の年間売上高はサービス産業でトップクラスです。

運輸業界の売上高、純利益、営業利益率(決算期19/3)ランキングの上位20社をご紹介します。

スポンサーリンク

運輸業界の業績

運輸業の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1東日本旅客鉄道2,113,362
2東日本高速道路1,908,519
3全日本空輸1,717,089
4東海旅客鉄道1,464,886
5中日本高速道路1,430,266
6ヤマト運輸1,315,644
7日本航空1,248,681
8日本通運1,154,781
9西日本高速道路1,046,642
10西日本旅客鉄道980,906
11JTB921,418
12佐川急便913,290
13商船三井760,166
14日本郵船703,077
15川崎汽船586,407
16エイチ・アイ・エス459,627
17日本旅行429,766
18山九408,102
19東京地下鉄399,429
20首都高速道路381,846

運輸業の純利益ランキング

順位企業名純利益(千円)
1東海旅客鉄道414,045,000
2東日本旅客鉄道251,165,000
3日本航空139,439,000
4西日本旅客鉄道80,613,000
5東京地下鉄58,222,000
6全日本空輸58,096,000
7九州旅客鉄道44,254,000
8JTB40,300,000
9阪急電鉄38,826,000
10東急38,292,000
11商船三井36,946,000
12日本通運36,512,000
13佐川急便35,768,000
14大阪市高速電気軌道34,000,000
15東武鉄道30,850,000
16関西エアポート29,423,000
17成田国際空港28,399,000
18小田急電鉄25,983,000
19ヤマト運輸25,586,000
20西武鉄道23,069,000

運輸業の営業利益率ランキング

順位企業名営業利益率
1北陸モンベル54.6
2東海旅客鉄道45.6
3関西高速鉄道44.0
4丸沼倉庫41.4
5中央自動車倉庫32.5
6阪急電鉄31.4
7関西エアポート31.3
8キーペックス31.0
9三晃海運29.8
10トライアングル29.3
11理学ロジスティクス26.3
12成田国際空港26.1
13阪神電気鉄道24.6
14北総鉄道24.2
15名古屋港埠頭23.9
16小田急電鉄23.8
17福玉精穀倉庫23.6
18瀬戸埠頭23.5
18広島観光開発23.5
20京成電鉄23.1

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2020』より)

運輸業界とは

運輸業界は「旅客」と「貨物」、輸送においては「陸上輸送」「海上輸送」「航空輸送」に分かれます。輸送手段としては「自動車運送業」「鉄道業」「海運業」「空運業」などで構成されています。

運輸業、郵便業(日本標準産業分類)

  • 鉄道業
  • 道路旅客運送業
  • 道路貨物運送業
  • 水運業
  • 航空運輸業
  • 倉庫業
  • 運輸に附帯するサービス業
  • 郵便業

運輸業界の動向

国内市場が縮小するなか、運輸業界はグローバル化へと進んでいます。物流改革の提案から物流業務の受託まで行うサードパーティーロジスティクス(3PL)市場が拡大し、多くの物流会社が海外へ進出しています。

空運の動向

航空業界はビジネス需要と訪日外国人客の増加により、好調が続いています。短距離路線で成長したLCC各社が中距離路線にも参入し始めています。

空運・航空会社の業界研究
航空業界は訪日外国人客の増加やLCCの成長などで活気づいています。空運・航空会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

海運の動向

海運業界では米中貿易摩擦の行方や燃料油規制の影響が先行きの不透明要因となっています。国内大手は収益安定化を急いでいます。

海運会社の業界研究
海運業界は景気動向や燃料の市況、為替変動などに影響を受けやすい産業といわれます。海運会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、業績ランキング、仕事・職種をご紹介します。

陸運の動向

物流業界ではドライバー不足が深刻化し、業界全体で値上げが広がりました。物流各社は荷物の取扱量抑制や値上げの対応を行っています。

物流会社(運送・倉庫)の業界研究
物流業界ではドライバーに限らず人手不足が深刻です。物流会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上ランキング、採用市場をご紹介します。

鉄道の動向

鉄道業界は輸送人員を伸ばし好調です。訪日外国人客の増加だけでなく、都心の再開発により通勤客も増やしています。

鉄道会社(JR・私鉄)の業界研究
鉄道業界は生活に欠かすことのできない社会インフラとして重要な役割を担っています。鉄道会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

まとめ

運輸業界では、東京五輪に向けて、多くの整備計画が進められています。五輪後にもさまざまな構想があり、運輸業界全体で新しい動きが活発です。

転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2021年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2021年度の主要業界天気図を一覧にしました。
タイトルとURLをコピーしました