ホスピタリティ

キーワード解説

ホスピタリティとは

ホスピタリティとは、顧客を「親切にもてなすこと、また、もてなす気持ち」という意味で使われています。

顧客が求めるものを求められたように提供するサービスに対して、さらに踏み込んだものがホスピタリティだといえます。

ホスピタリティは、直接顧客と接するサービス業で特に重視されています。しかし、サービス業以外でも顧客に選ばれるための要素として、ホスピタリティが重視されるようになっています。

多くの企業で、顧客満足度の向上への取り組みを強化するなか、ホスピタリティはあらゆる業種や職種で必要とされています。

ホスピタリティの効果

同じ商品やサービスを取り扱っていても、ホスピタリティを強化することで、同業他社との差別化につなげることができます。新規の顧客獲得においても、よい影響を与えます。

ホスピタリティの訓練

ホスピタリティは、一人ひとりの素養によるところが大きいと考えられますが、訓練によって高めることができるとされています。

例えば、顧客からの問い合わせや質問の意図、レベルを正しく理解して、対話のなかで顧客が本当に必要としていることを明らかにして、対応することを習慣づけます。

その結果、顧客自身ですら気づかなかった要望に叶うサービスの提供ができるようになり、顧客は感動を体験し、感謝の気持ちを持つということにつながります。

ホスピタリティの実践

特定の商品やサービスを求める顧客に対して、該当するものをただ単に提供するのではなく、購入を希望する背景からヒアリングして、その顧客によりふさわしい商品やサービスを提供することが、ホスピタリティを実践することだといえます。

ホスピタリティを実践することは、必ずしも新しい商品やサービスの購入につながるとは限りませんが、顧客との信頼関係を高めることができます。こうした関係の構築は、その後の仕事を進めるうえで、貴重な財産となっていきます。

ホスピタリティの実践は、信頼関係の構築、組織の活性化、業務の効率化など、組織内外において、よい効果をもたらします。

ホスピタリティは、顧客満足度の向上を推進するうえで、あらゆる業種や職種で重視されるようになっている
サービス職の職務経歴書の書き方
サービス業界の職務経歴書を書くときには、短期間で戦力になることを伝える表現力が大切になります。サービス職の職務経歴書の書き方を経験者・未経験者別に解説します。
介護職の職務経歴書の書き方
介護職の採用では志や目指す気持ちを重視する傾向があります。介護職の経験者は実務経験から、未経験者もこれまでの経験から意欲や適性を職務経歴書でアピールすることが重要になります。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました