インフラエンジニア

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、ITシステムの基盤(プラットフォーム)となるITインフラを支える技術者のことです。

インフラはInfrastructure(インフラストラクチャ)の略です。

IT業界におけるインフラは、ITシステムを稼働するために必要となるネットワークやサーバーを指しています。

サーバーにインストールするOSやOSとアプリケーションの中間に位置するミドルウェア(メールサーバーソフトウェアなど)もインフラに含まれます。

インフラエンジニアはITインフラの設計・構築・保守運用を行います。

年々増加するデータ量や次々と登場する新たなサービスにインフラ技術は対応していく必要があります。

インフラエンジニアはITインフラを安定して稼働するための役割を担っています。

ITインフラ

ITインフラは大きくネットワークとサーバーに分けられます。

インフラエンジニアにはネットワークとサーバーに関するスキルとともにセキュリティ対策やクラウドの知識が求められるようになっています。

  • ネットワーク
    ・通信プロトコル
    ・ネットワーク機器
  • サーバー
    ・OS
    ・ミドルウェア

インフラエンジニアの業務

インフラエンジニアはさまざまな領域の業務を行います。

それぞれの領域を専門性の高いエンジニアが担当します。

  • ネットワークの設計・構築
  • サーバーの設計・構築
  • データベースの設計
  • ネットワーク機器の設置・配線
  • 各種設定・ソフトウェアのインストール
  • セキュリティ対策
  • ネットワーク・サーバーの保守・運用 など

インフラの設計

ITシステムのインフラ上で稼働するアプリケーションの要件を満たすようにインフラを設計します。

ITシステムの要件には機能要件と非機能要件があり、インフラエンジニアが検討するのは主に非機能要件です。

IPA(情報処理推進機構)が定義する非機能要件は以下のとおりです。

  1. 可用性
  2. 性能・拡張性
  3. 運用・保守性
  4. 移行性
  5. セキュリティ
  6. システム環境・エコロジー

インフラの構築

設計書に従いインフラを構築します。

ネットワークから構築をはじめ、ネットワーク機器やサーバーなどを設置します。

ネットワークの構築に続いてサーバーを構築します。

OSや必要なソフトウェアのインストールとセットアップ、セキュリティの設定がインフラ側の作業になります。

インフラの保守運用

ITシステムは安定して稼働することが重要ですが、障害や故障は避けられません。

インフラエンジニアはインフラで起こる障害や故障の発生にすぐに対応できるように、保守運用を担当します。

インフラエンジニアの主な勤務先

インフラエンジニアは勤務先の企業によって、システムやサービス内容に合わせたインフラの設計・構築・保守運用を行います。

  • システムインテグレータ(Sler)
    ITシステムの構築から運用までを請け負う企業
  • ITサービス企業
    ITサービスを提供する企業
  • データセンター運営企業
    インフラをレンタルで提供する企業

インフラエンジニアのキャリア

インフラエンジニアはインフラ領域でのキャリアアップはもちろん、インフラ領域以外でも知識や経験を活かすことができます。

インフラ領域ではエンジニアとしてのステップアップだけでなく、エンジニア以外の職種やマネジメントの選択肢もあります。

インフラエンジニアに有利なおすすめ資格
インフラエンジニアはネットワークやサーバーなどITインフラを支える技術者です。インフラエンジニアを目指す人に役立つ資格をご紹介します。
インフラエンジニア転職におすすめの無料スクール
未経験からインフラエンジニアを目指す人におすすめのスキル習得と転職をセットでサポートしてくれる無料スクールを厳選してご紹介します。
ITサービス・ソフトウェアの業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。ITサービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

 

インフラエンジニアはIT社会に不可欠なITインフラの構築・管理を行う技術者