失業の認定

キーワード解説

失業の認定とは

失業の認定とは、基本手当の受給資格者について、失業していたかどうかを本人の申告に基づき認定することです。

失業の認定は、原則として4週間に1回ずつ、指定された日(失業認定日)に行われます。失業の認定を受けるためには、本人がハローワークに行く必要があり、代理は認められていません。

認定日には、「受給資格者証」「失業認定申告書」「印鑑」を持参して認定を受けます。原則、失業認定日は他の日に変更することができないことになっています。

失業認定日にハローワークで認定を受けなければ、認定対象期間(28日間)について、基本手当の支給を受けることはできません。

求職活動の実績

基本手当の支給を受けるためには、前回の失業認定日から今回の失業認定日の前日まで(4週間)の間に、原則として2回以上の求職活動を行うことが必要とされています。

求職活動の範囲

具体的な求職活動とは、求人への応募、ハローワークが行う職業相談・職業紹介・各種講習・セミナーの受講などをいいます。単なる、ハローワーク、新聞、インターネットなどでの求人情報の閲覧、知人への紹介依頼だけでは、求職活動とは認められません。

※求職活動となる例

  1. 求人への応募
  2. ハローワークの実施する求職申込み、職業相談、職業紹介など
  3. 許可・届出のある民間機関(民間職業紹介機関、労働者派遣機関)が実施する求職申込み、職業相談、職業紹介など
  4. 公的機関等(雇用・能力開発機構、地方自治体、新聞社等)が行うセミナーなど
  5. 再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験

失業認定日を変更できる場合

やむを得ない場合に限り、事前に申し出て認定日を変更してもらうことができます。

  • 就職したとき
  • 就職のための面接や採用試験のとき
  • 各種国家試験、技能検定などの資格試験を受験するとき
  • 引き続き14日以内の病気、けがのとき
  • 親族の危篤または死亡
  • 本人や親族の結婚

証明書により認定を受けられる場合

失業認定日に、急な病気などでやむを得ず、ハローワークに行けなかった場合、その理由を記載した証明書を提出することで、失業の認定を受けることができます。その理由がなくなった日から最初の認定日までにハローワークへ行って、その日までの期間について、認定を受けます。

  • 病気やけがのため(傷病証明書)
  • ハローワークの紹介による面接や採用試験のため(面接証明書)
  • 天災その他避けることのできない理由のため(その他の証明書)
自分でしなければならない退職と失業の手続き
退職後に自分で行わなくてはならない手続きがあります。真っ先にしておきたい、遅れるほど損する手続きをしっかり押さえて、転職活動に雇用保険を上手に活用しましょう。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました