ジョブ・カード

キーワード解説

ジョブ・カードとは

ジョブ・カードとは、職業能力開発促進法第15条の4第1項に基づき、厚生労働大臣が定める職務経歴等記録書のことをいいます。

ジョブ・カードは、職務経歴や学習歴、資格の取得状況などを見える化して、キャリア形成に役立てることができることができ、必要な情報を抽出・編集して、履歴書・職務経歴書とすることもできるツールです。

個人のキャリアアップや多様な人材の円滑な就職などを促進することを目的として、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において活用することができます。

ジョブ・カードの作成

ジョブ・カードの作成はジョブ・カード制度総合サイトの質問等を参考に、自己理解、仕事理解、職業経験の棚卸し、キャリア・プランの作成等を行い、記入します。記入に困る場合など必要に応じて、ハローワークやジョブカフェなどでキャリアコンサルティングの支援を受けます。

キャリアコンサルタントやジョブ・カード作成アドバイザーによるキャリアコンサルティングは、必須ではありませんが、一部の職業訓練や専門実践教育訓練を受講する場合には、受講する前に受ける必要があります。

ジョブ・カードを活用した求職活動

ジョブ・カードは、応募書類を作成するツールとしても活用できます。具体的には、ジョブ・カードの電子化した情報から必要な情報を抽出して、履歴書や職務経歴書に必要な情報を追加・添付し、求人企業などへ応募書類として提出します。

全国のハローワーク(公共職業安定所)では、ジョブ・カードを活用した就職支援を行っています。

ジョブ・カードを活用した職業訓練

これまでの職業経験や持っている免許・資格、受講した訓練などを振り返り、自分が興味のある職業に必要な能力やその水準はどの程度であるのか、どのような教育訓練を受講できるかなど、仕事全般について理解することに有効です。

求職者がジョブ・カードを利用するメリット

職業能力証明の関連情報が盛り込まれたジョブ・カード(職業能力証明シート等)は、履歴書だけでは理解されにくい職業能力を証明するものとして、応募書類に追加し活用することができます。

ジョブ・カードは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」および「職業能力証明」の機能を担うツール
資格取得のお得な支援制度「教育訓練給付制度」
雇用保険では、働く人の能力開発を支援するために、教育訓練給付金の支給を行っています。働きながらスキルアップや資格取得に使える費用のサポート制度です。
フリーターにおすすめの就職相談・キャリアカウンセリング
フリーターの「やりたい仕事がわからない」「どのように活動すればよいかわからない」という就職相談におすすめのキャリアカウンセリングをランキングでご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
東京都の就職支援施設

タイトルとURLをコピーしました