飲料(清涼飲料・酒類)の転職業界研究


飲料業界では健康志向の清涼飲料やチューハイなどの市場が拡大しています。伸び悩むカテゴリーなどグループ事業の再編や統合で効率化を進め、収益力を高める動きが広がっています。

飲料メーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向や業績ランキング、採用市場をご紹介します。

飲料業界の最新動向(2020年)

飲料業界とは

食品業界は「食料品製造業」と「飲料・たばこ・飼料製造業」の二部門で構成されています。飲料は食品のカテゴリーのなかのひとつになります。

飲料は大手ビールメーカーが市場をけん引しています。国内での飲料需要は縮小傾向のため、海外での事業展開を進めて、市場拡大を目指しています。

飲料業界

  • 清涼飲料製造業
  • 酒類製造業
  • 茶・コーヒー製造業

清涼飲料

清涼飲料はアルコール分1%未満の飲み物で、缶やペットボトル入りのコーラーやコーヒー、果汁飲料のほかノンアルコールビールなどを含みます。健康志向飲料が好調です。

コカ・コーラグループ

国内首位。コーラーや缶コーヒーで圧倒的な強さがあります。

  • 従業員数:511人(日本コカ・コーラ―)

サントリー食品インターナショナル

国内2位。利益の5割が海外。新商品のペットボトルコーヒーが好調です。

  • 従業員数:24,142人
  • 平均年齢:40歳
  • 平均年収:1,085万円
  • ブランド:「BOSS」「伊右衛門」「天然水」「ペプシ」など

アサヒ飲料

国内3位。炭酸水「ウィルキンソン」や乳酸菌飲料「カルピス」などが好調です。

  • 従業員数:3,300人
  • ブランド:「ワンダ」「十六茶」「三ツ矢サイダー」「ウィルキンソン」など

キリンビバレッジ

国内4位。紅茶飲料で圧倒的なシェアがあります。

  • 従業員数:3,615人
  • ブランド:「午後の紅茶」「生茶」「ファイア」など

伊藤園

緑茶飲料の最大手。その他の茶系飲料やコーヒーも伸びています。

  • 従業員数:8,266人
  • 平均年齢:38歳
  • 平均年収:568万円
  • ブランド:「お~い、お茶」「健康ミネラルむぎ茶」「タリーズコーヒー」など

酒類

酒類はアルコール度1%以上の飲料です。製造方法やアルコール度数等により①発泡性酒類②醸造酒類③蒸留酒類④混成酒類に分類されます。

ビール系飲料の出荷量は減少傾向です。クラフトビールブームを背景に各社が新商品開発に注力しています。若者のビール離れに歯止めをかけたい狙いです。

アサヒグループホールディングス

ビール系飲料出荷量で国内首位。ビールは国内シェア約5割で圧倒的な強さがあります。

  • 従業員数:28,055人
  • 平均年齢:43歳
  • 平均年収:1,001万円

キリンホールディングス

ビール国内2位。発泡酒では1位。医薬事業など健康領域にも強みがあります。

  • 従業員数:30,871人
  • 平均年齢:42歳
  • 平均年収:1,105万円

サントリーホールディングス

ビール国内3位。ウイスキーやワインなど洋酒に強みがあります。

  • 従業員数:39,466人

サッポロホールディングス

ビール国内4位。不動産事業が第2の利益柱になっています。

  • 従業員数:7,904人
  • 平均年齢:46歳
  • 平均年収:858万円

オリオンビール

ビール国内5位。沖縄で圧倒的なシェアを占めています。

  • 従業員数:158人
  • 平均年齢:40歳
  • 平均年収:577万円

国内焼酎・清酒メーカー

  1. 宝ホールディングス
  2. オエノンホールディングス
  3. 霧島酒造
  4. 三和酒類
  5. 白鶴酒造

食品製造の売上高ランキング

上位1~50位

順位 企業名 年商(百万円)
1 アサヒビール 943,171
2 日本ハム 802,712
3 山崎製パン 744,922
4 明治 742,174
5 麒麟麦酒 674,213
6 伊藤ハム 533,179
7 アサヒ飲料 447,975
8 森永乳業 440,554
9 日本水産 379,515
10 伊藤園 371,831
11 雪印メグミルク 359,466
12 プリマハム 292,799
13 サッポロビール 278,761
14 江崎グリコ 266,758
15 サントリースピリッツ 255,832
16 キリンビバレッジ 255,153
17 味の素 254,935
18 東洋水産 252,992
19 サントリービール 228,899
20 日清食品 227,506
21 キユーピー 204,072
22 日清オイリオグループ 203,570
23 日本製粉 191,505
24 イオンフードサプライ 190,743
25 ニチレイフーズ 187,880
26 カルビー 187,126
27 フィード・ワン 183,938
28 森永製菓 180,917
29 ヤクルト本社 177,535
30 J-オイルミルズ 174,219
31 カゴメ 168,937
32 わらべや日洋 168,866
33 日清製粉 167,963
34 丸大食品 166,570
35 ロッテ 163,813
36 米久 163,750
37 ニチレイフレッシュ 159,602
38 日清丸紅飼料 158,246
39 昭和産業 156,614
40 敷島製パン 156,158
41 宝酒造 149,977
42 不二製油 147,634
43 武蔵野 141,678
44 中部飼料 138,847
45 ハウス食品 129,615
46 フジパン 128,354
47 スターゼンミートプロセッサー 124,806
48 ヱスビー食品 123,661
49 ユーシーシー上島珈琲 122,093
50 日清フーズ 118,763

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2019』より)

飲料業界の採用市場

飲料業界の求人・転職

飲料業界では、自動販売機の運営を担う人材が慢性的に不足しています。海外事業を強化する動きも続いています。

研究開発部門

国内市場の縮小傾向から、メーカー各社は積極的に新商品の開発に取り組んでいます。この仕事には、高度は専門知識や技術だけでなく、新しい商品を生み出す探求心も求められます。

生産技術部門

商品を製造するための工程設計、生産性検討、設備計画、生産性指標の検証、食品加工技術開発などの仕事があります。工場など現場担当者とのコミュニケーションも重要です。

マーケティング部門

市場の開発、拡大に関わる業務です。消費者の好みや流行を敏感に取り入れ、商品開発を行います。市場調査、コンセプト開発、試作、マーケティングプラン、市場投入、検証などの仕事があります。

生産・品質管理部門

生産管理は高品質で安全な食品を経済的に生産するための管理を、品質管理は食品の安全性、栄養機能、食べやすさなどを経済的に実現するための管理を行います。

営業・販促部門

食品・飲料メーカーの営業で代表的なものは、食品卸会社への営業、スーパーやコンビニ、百貨店などの小売店への営業、レストランなど外食産業への営業などがあります。ルート営業もあれば新規開拓のための飛び込み営業を行うこともあります。

食品製造業の給与

区分 20~24歳 25~29歳 43.5歳(平均)
所定内労働時間 170時間 168時間 168時間
残業 21時間 22時間 17時間
月収 213,800円 238,500円 262,900円
年間賞与等 344,400円 509,300円 565,200円
年収 2,910,000円 3,371,300円 3,720,000円

(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より)

まとめ

飲料業界は、転職・就職おいて高い人気があります。激しい競争を続ける飲食業界は、今後も業界内の提携や再編の動きに注目が集まります。

食品会社の転職業界研究
食品業界は事業所数が製造業のなかで1番多く、就業者数も多い、日本の重要な産業です。食品会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2020年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2019年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図
タイトルとURLをコピーしました