家具・インテリア関係の業界研究


家具・インテリア業界は、リフォームの時代を迎える住宅市場で重要な位置を占めています。

家具・インテリア関係の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

家具・インテリア業界の最新動向(2022年)

家具・インテリア業界の構成

家具・インテリア業界は間口が広く、様々な業界が入り混じっています。

小売ではニトリに代表される製造小売業(SPA)が躍進しています。

業界・業種

  • 家具業界
  • 床材・カーペット業界
  • 壁装材業界
  • 照明業界
  • 寝具・寝装業界
  • ウィンドウ・トリートメント業界

家具

家具の小売市場は家具店、インテリアショップ、ホームセンターが主な事業者です。

家具だけでなく、雑貨を充実させて、品揃えの拡充を続けています。

新築需要は減少傾向で、ネット通販との競争も激化しています。

リフォーム需要の強化に加え、海外展開を積極的に進める動きも見られます。

ニトリホールディングス

北海道発祥の家具チェーン国内最大手。

開発・製造から小売まで手掛けるSPAは業界初の取り組みでした。

人材教育に熱心で、社員一人当たりの教育研修費は上場企業でトップクラスです。

  • 従業員数:18,400人
  • 平均年齢:41歳
  • 店舗数:国内651店、海外71店

IKEA(イケア)

スウェーデン発祥の世界的な家具小売りチェーン。

不況のなかでも成長を続けてきました。

ネット通販に本格参入し、強化を進めています。

  • 店舗数:世界456店、日本13店

ナフコ

家具・ホームファッションセンター、ホームセンター、コンビネーションストアを展開。

幅広い品揃えのオリジナル商品が強みです。

  • 従業員数:1,385人
  • 店舗数:358店

島忠

家具・インテリア雑貨、ホームセンターを展開。

ニトリによる買収を受け入れ子会社になりました。

  • 従業員数:1,579人
  • 店舗数:61店

東京インテリア家具

東日本中心に家具・インテリア用品を販売。

福祉用具事業も行っています。

  • 従業員数:2,342人
  • 店舗数:46店

大塚家具

全国に大型店「IDC大塚家具」を展開。

専門店や地方百貨店との提携店など小型店を増やす一方で、大型店は閉鎖・縮小しています。

ヤマダホールディングスの完全子会社になりました。

  • 従業員数:950人
  • 店舗数:15店

アクタス

ヨーロッパを中心とした輸入家具、雑貨などを販売。

全国主要都市に展開しています。

  • 従業員数:667人
  • 店舗数:32店

ミサワ

「unico」ブランドを展開。

20~30代女性が主要顧客層です。

  • 従業員数:181人
  • 平均年齢:33歳
  • 店舗数:49店

インテリア・内装

インテリア業界は、老舗企業を中心に競争を繰り広げ、業界を活性化してきました。

新築住宅着工戸数が減少するなか、リフォーム需要の取り込みや海外展開が成長のカギとなりそうです。

サンゲツ

インテリア商社。

壁紙に圧倒的な強みがあります。

壁紙見本帳を大量に製作して迅速に配布するという伝統は現在も受け継がれています。

  • 従業員数:2,359人
  • 平均年齢:37歳

東リ

内装材メーカー大手。

商品の多角化に取り組んできました。

メーカー志向が強く、技術力の高さが認知されています。

  • 従業員数:1,869人
  • 平均年齢:41歳

リリカラ

インテリア商社。

壁紙、オーダーカーテン、床材などトータルインテリアの企画・開発から販売まで行っています。

  • 従業員数:514人
  • 平均年齢:43歳

住江織物

繊維メーカー。

インテリア事業ではカーペット、カーテン、壁紙、各種床材を展開しています。

  • 従業員数:2,724人

カッシーナ・イクスシー

イタリア・カッシーナ社の家具輸入販売。

オリジナルブランドも展開しています。

  • 従業員数:364人
  • 平均年齢:39歳

ベガコーポレーション

家具・インテリアのネット通販事業。

ECプラットフォームの運営も行っています。

  • 従業員数:239人

生活雑貨

雑貨業界は品揃えの拡充を続け、訪日外国人観光客の取り込みを図っていましたが、実店舗からネットへ販路を広げています。

良品計画

「無印良品」を世界で展開。

オリジナル家具の「IDEE」を吸収合併しました。

  • 従業員数:9,046人
  • 平均年齢:37歳
  • 店舗数:国内438店、海外537店

ロフト

旧セゾングループ。

地方都市に小型店の出店を積極的に進めています。

  • 従業員数:5,113人
  • 店舗数:131店

東急ハンズ

生活雑貨を扱う都市型ホームセンター。

小型店「ハンズ ビー」も展開しています。

  • 従業員数:2,469人
  • 店舗数:85店

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション

雑貨や書籍、CD、衣料などの融合店を展開。

  • 従業員数:448人
  • 平均年齢:38歳
  • 店舗数:334店

生活雑貨主体

  • スタイリングライフ・ホールディングス:輸入生活雑貨「プラザ」を展開
  • サザビーリーグ:「アフタヌーンティー」を展開
  • 中川政七商店:和の生活雑貨を企画・販売

家具・インテリア業界の売上高ランキング

家具小売業

順位企業名売上高(百万円)
1ニトリ686,617
2ナフコ234,578
3島忠153,540
4イケア・ジャパン86,744
5東京インテリア家具52,118
6大塚家具34,855
7ベガコーポレーション19,313
8タンスのゲン17,500
9アクタス16,907
10モダンデコ15,108
11アスプルンド11,778
12ミサワ10,924
13マナベインテリアハーツ10,733
14家具の大正堂9,153
15迫田8,783
16かねたや家具店8,679
17長谷川産業7,838
18ビッグウッド5,859
19服部家具センター5,102
参考良品計画(変則決算)179,392

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

家具・インテリア業界の採用市場

家具・インテリア業界の資格

成長する住宅リフォーム業界ではインテリアリフォームの拡大が見込まれています。

インテリアに関する専門家の求人ニーズが高まり、活躍の場が広がっています。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリアや住宅に関する商品知識や専門的な技術を駆使して、顧客の理想の住まいをトータルでプロデュースします。

インテリアリフォーム市場の拡大とともに活躍が期待されます。

インテリアプランナー

インテリアプランナーは、インテリア空間の企画・設計・工事監理だけでなく、メンテナンスやコンサルティングも行えるエキスパートです。

女性が多いインテリアコーディネーターより男性が多い傾向です。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、色の性質や特性など色彩の専門知識を活かして、家具やインテリアを提案することができます。

接客のスキルアップに役立ちます。

インテリア・リフォーム業界で有利なおすすめ資格
住宅はインテリアやリフォームなど快適な住環境づくりに注目が集まるようになっています。多様なニーズに対応できる専門家のニーズが高まり、活躍の場も広がっています。

20代の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートを受けることができます。

好条件・非公開の求人紹介だけでなく、専任のキャリアアドバイザーによる企業ごとの書類作成や面接対策のサポートで、選考通過率のアップが期待できます。

キャリアごとの転職支援

転職のためのスキルアップ

ハウジングインテリアカレッジの通信講座は、インテリアコーディネーターと二級建築士に特化した通信教育です。

合格できるインテリアコーディネーター通信講座では、圧倒的な合格ノウハウと徹底したサポート体制で、個別指導を行っています。

長年多くの合格者を輩出し、本当に合格したい人に選ばれています。

インテリアコーディネーター通信講座

  • わかりやすいオリジナル教材
  • 一人ひとりに丁寧な添削
  • 24時間受付のメールサポート
  • いつでも学習できる動画解説
  • 教育訓練給付制度対象講座あり

インテリアコーディネーター通信講座はこちら

まとめ

高齢化社会や安全性、省エネなど快適な住環境に欠かせない家具・インテリア。

今後はリフォームの取り組み強化とグローバル化が求められていくことが考えられます。

接客業で有利なおすすめ資格
接客業に必須の資格があるわけではありませんが、関連する資格を取得することは接客・接遇のスキルアップにつながります。 接客・接遇に役立つ資格をご紹介します。
住宅設備機器の業界研究
住宅設備機器業界はリフォーム市場に力を入れています。住宅設備機器の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
リフォーム会社の業界研究
リフォーム業界は堅調に推移するとみられています。リフォーム会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図