ベースアップ(ベア)

キーワード解説

ベースアップとは

ベースアップとは、経済や企業の成長、消費者物価の上昇、生産性の向上、賃金相場の変化などにより、全社員の賃金(基本給)を一律に引き上げることです。「ベア」と略されます。

ベースアップは、賃金表を書き換え、賃金全体を底上げする賃金の増額です。春闘の賃金交渉でみられる賃金基準の引き上げ要求は、ベースアップの要求といわれます。

賃金改定の種類には、ベースアップ以外に昇給や諸手当の変更などがあります。「昇給+ベア」という賃金決定は、日本独自の方法として、定着してきました。

毎年春に賃上げ率(賃金引上げ率)としてメディアに発表されるのは、昇給とベアを実施した場合、平均賃金がどのくらい上昇するかを表したものです。

ベースアップと定期昇給を分けずに、まとめて改定する企業も多くみられますが、ベースアップと定期昇給は、本来、別のものです。

定期昇給の上昇率には個人差がありますが、ベースアップは全体の引き上げなので、個人による差はありません。

企業環境が変化するなかで、成果主義の賃金制度を導入するなど、ベースアップの廃止や見直しをする企業も増えています。

定期昇給

定期昇給は、毎年4月などの決まった時期に実施されます。定期昇給には、個人の能力や業績によって決定する査定昇給と、年齢や勤続年数に基づき毎年増額される自動昇給の2つの種類があります。

定期昇給は企業の年功序列制を支えてきましたが、定期昇給を見直し、業績は賞与や一時金に反映させる動きが目立つようになっています。

賃金カーブ

入社後の賃金水準の推移を年齢別にグラフ上の線で描いたものです。賃金カーブは全社員が同じなのではなく、学歴、性別、職種、業績などによって、さまざまなカーブを描きます。ベースアップはこの賃金カーブそのものを上方に移動させることです。

ベースダウン

物価の下落や企業業績の悪化などを理由として、ベースアップとは逆に賃金全体を引き下げるベースダウンが実施されることもあり得ます。

給与制度の基礎知識(しくみ・支給方法・平均給料)
給与は転職・就職活動で最も注目される条件のひとつです。その企業の給与制度を知れば、企業方針や方向性が見えてきます。給与制度の基礎知識と20代の平均給料をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました