平均賃金

キーワード解説

平均賃金とは

平均賃金とは、会社が手当や補償、減給制裁の制限額などを算定するときの計算単位となる賃金のことです。

平均賃金は、給与の相場などの意味ではなく、労働者の生活を保障するためのものです。通常の生活をするために必要な1日あたりの賃金を算定することを目的としています。

平均賃金は、過去3ヵ月に対象となる社員に対して支払われた賃金の総額をその期間の総日数(歴日数)で割って算出されます。

平均賃金=算定事由発生日以前3ヵ月間の賃金総額/事由発生日以前3ヵ月間の総日数

平均賃金が使われるもの

労働基準法では、解雇予告手当、休業手当、年次有給休暇手当、災害補償、懲戒処分としての減給の制限額について、計算単位として平均賃金を用いています。

  1. 社員を解雇する場合の予告に代わる解雇予告手当
    ⇒平均賃金の30日分以上
  2. 会社の都合による休業により支払われる休業手当
    ⇒1日につき平均賃金の60%以上
  3. 年次有給休暇を取得した日の賃金
  4. 業務上の負傷や疾病、または死亡した場合の災害補償等
  5. 減給制裁の制限額

賃金とは

労働基準法では、「賃金とは、賃金、給与、手当、賞与その他名称に関わらず、労働の対償として使用者が労働者に支払うもの」と定められています。

  • 給与等定期賃金
  • 諸手当
  • 賞与
  • 通勤手当
  • 休業手当など

賃金総額に含まれない賃金

平均賃金は、通常の生活に必要な賃金を算定することを目的としているため、賃金総額から除外されているものがあります。

  • 臨時に支払われた賃金
  • 賞与など3ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金
  • 通貨以外のもので支払われる賃金のうち、法令や労働協約に定めがない賃金

控除される期間

平均賃金の算定期間は、通常の生活とはいえない期間を除外しています。

  • 業務上の傷病による療養のために休業した期間(通勤災害の場合は控除しない)
  • 産前産後の休業期間
  • 使用者の都合による休業期間
  • 育児休業、介護休業の期間
  • 試用期間

平均賃金を算出する手順

平均賃金の原則的な算定方法は、平均賃金を算定する事由の発生した日以前3ヵ月間に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除して算定すると定められています。

  1. 算定事由発生日前3ヵ月を確定する
  2. その期間の総日数を求める
  3. 3ヵ月に支払った賃金の総計を求める
  4. 過去3ヵ月の賃金の総計をその期間の総日数で割る

平均賃金の最低保障額

  1. 日給・時給・出来高給・請負制の場合
    3ヵ月間の賃金総額/3ヵ月間の労働日数 × 60%
  2. 賃金の一部が月給・週休の場合
    3ヵ月間の月給・週給の総額/3ヵ月間の総日数 + 1の金額
平均賃金は、労働者の生活保障のための計算単位となる賃金であり、通常の生活賃金を算定することが原則
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました