フレックスタイム制

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

フレックスタイム制とは

フレックスタイム制とは、一定の期間についてあらかじめ定めた総労働時間の範囲内で、社員が日々の始業・終業時刻、労働時間の配分を自主的に決めることのできる制度です。

社員は仕事と生活の調和を図りながら効率的に働くことができます。

フレックスタイム制では、一定期間を清算期間として、その期間の所定労働時間を定め、日々の始業・終業時刻は社員が自由に決定することができます。

働き方改革の一環として、フレックスタイム制に関する法改正が行われ、清算期間の上限が1ヵ月から3ヵ月に延長されました。

清算期間を延長することによって、月をまたいだ労働時間の調整ができ、より柔軟な働き方が可能となります。

ただし、フレックスタイム制を導入している場合でも、清算期間における総労働時間の1週あたりの平均は、法定労働時間(40時間)を超えることはできません。

清算期間内の実際の労働時間の合計が総枠を超えた場合には、時間外手当(残業手当)の支給が必要ですし、深夜の時間帯に勤務した場合は深夜手当が必要です。

フレックスタイム制を導入するには、労使協定の締結と就業規則などへの記載が必要となります。

清算期間が1ヵ月を超える場合には、労使協定の締結だけでなく、労働基準監督署への届出も必要になります。

フレックスタイム制の労使協定で定める事項

フレックスタイム制を導入するには労使協定の締結が必要となります。

  1. 対象となる労働者の範囲(職種や部署を限定できる)
  2. 清算期間
  3. 清算期間における起算日
  4. 清算期間の総労働時間(所定労働時間)
  5. 標準となる1日の労働時間
  6. コアタイムを設ける場合はその開始・終了の時刻
  7. フレキシブルタイムを設ける場合はその開始・終了の時刻

コアタイムとフレキシブルタイム

1日のうちで必ず勤務しなればならない時間帯(コアタイム)と自由な選択によりいつ勤務してもよい時間帯(フレキシブルタイム)は、必ずしも設けなくてもよいのですが、導入企業の多くで設けられています。

コアタイムとフレキシブルタイムが設定されている場合には、それぞれの開始時刻と終了時刻が決まっています。

フレックスタイム制の時間外労働

フレックスタイム制では、清算期間を通じて、法定労働時間の総枠を超えて労働した時間が時間外労働としてカウントされます。

清算期間が1ヵ月を超える場合には、以下の2つが時間外労働としてカウントされます。

  1. 1ヵ月ごとに、週平均50時間を超えた労働時間
  2. 清算期間を通じて、法定労働時間の総枠を超えて労働した時間

フレックスタイム制の割増賃金

実労働時間が清算期間の総労働時間(所定労働時間)を超えなければ、原則として割増賃金は発生しません。

実労働時間のうち、法定労働時間の総枠を超えた部分について割増賃金が支払われます。

清算期間が1ヵ月を超える場合、1ヵ月ごとに週平均50時間を超えた労働時間に対しても割増賃金が支払われます。

また、フレックスタイム制であっても休日出勤(休日手当)、深夜勤務(深夜手当)の原則は適用されます。

フレックスタイム制の対象者

フレックスタイム制の対象者は、特定の職種や部署のみに適用することができます。

フレックスタイム制は労働時間を社員が自主的に決定するものですので、対象者として制度を適用するには、各社員の同意が必要とされています。

フレックスタイム制の遅刻・早退

コアタイムの設定は任意ですので、コアタイムが設定されていなければ遅刻や早退はありません。

コアタイムが設定されている場合、その時間帯には必ず勤務しなければなりませんので、コアタイム開始時刻までに勤務できなければ遅刻、終了時刻の前に退勤すれば早退となります。

コアタイムの労働時間の不足については、賃金控除の対象とはならないと解されています。

清算期間中の実労働時間が総労働時間に満たない部分については、ノーワーク・ノーペイの原則から賃金控除の対象になると解されます。

労働時間と残業の基礎知識
労働時間は会社へ出社してから退社するまでの時間で業務を行った時間のことです。会社が決めた勤務時間(所定労働時間)を超えて働いた部分は残業になります。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
フレックスタイム制は始業・終業時刻を社員が自主的に決められる制度