IT人材

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

IT人材とは

IT人材とは、IT企業およびユーザ企業情報システム部門に所属する人材(経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」より)のことです。

ITの進化や情報セキュリティなどに対するニーズが拡大し、IT人材の不足が課題となっています。

ビッグデータ、IoTAI(人工知能)など、新しい技術やサービスの登場により、今後ますますITの高度化・多様化が進むことが予想されますが、国内の人材供給力は低下し、IT人材不足がさらに深刻化する可能性が指摘されています。

IT人材の確保・育成は国家的な課題として、位置づけられています。

IT人材の新規獲得

IT人材の不足により、採用競争は激しくなっています。新卒採用や経験者の中途採用だけではなく、IT人材以外の第二新卒や外国人材などを採用して、自社で育成することが必要になっています。

IT人材育成に対する国や自治体からの助成金が整備され、企業の負担を抑えて、IT人材の育成を行えるようになってきています。

IT人材の多様化

女性のIT人材、シニアのIT人材、外国人のIT人材など、より多様なIT人材の活躍が期待されています。

女性のIT人材が活躍するためには、女性が長期的なキャリアを築けるよう出産・育児による休職後にも継続して活躍できる制度や長時間労働の是正など、働きやすい職場づくりが求められます。

シニアのIT人材については、新しい知識やスキルへの対応力が必要となります。本人のモチベーションアップを促すための施策、研修などの実施が求められます。

外国人のIT人材が十分に実力を発揮できるようにするためには、受け入れ体制を整え、コミュニケーションやマネジメントに配慮して、定着率を向上させることが重要になります。

今後重要となるIT人材

新たな需要に応えるためのIT人材として、ビッグデータやIoT、AI(人工知能)などの分野を担う先端IT人材や自社向けおよび社外向けの情報セキュリティ対策を担う情報セキュリティ人材を重点的に育成・確保することが重要な課題とされています。

先端IT人材

  1. ビッグデータの分析・活用を担う人材
  2. IoTを活用した新たなビジネス創出を主導するプロデューサーとしての役割を果たす人材
  3. 組込みソフトウェアからネットワーク、アプリケーションに携わる人材
  4. 機器やデバイスからネットワークを経由し、データ処理までを考慮した広範なアーキテクチャを設計できるシステムアーキテクト
  5. 広範な知識やスキルを持ち、スピーディにシステムを構築できる“フ ルスタック人材”

情報セキュリティ人材

  1. 自社向けの情報セキュリティ対策を担う人材
    ・全社的・部署横断的な情報セキュリティ対策の統括者
    ・部署内の情報セキュリティ管理者
  2. 自社向けおよび社外向け情報セキュリティ対策を担う人材
    ・開発系情報セキュリティ業務従事
    ・運用系情報セキュリティ業務従事者
    ・検査・監査系情報セキュリティ業務従事者
    ・コンサルティング系情報セキュリティ業務従事者

参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果について」(2016年)

IT経験者向け転職エージェントおすすめランキング
IT経験者の転職市場は活発で、転職エージェントの利用が不可欠です。ITエンジニアのよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをランキングでご紹介します。
IT未経験・第二新卒におすすめ転職支援付エンジニアスクール
未経験・第二新卒からITエンジニアになるためにはスキル習得と転職支援をセットで行う無料スクールがおすすめです。転職支援付のエンジニアスクールをランキングでご紹介します。
ITフリーランス専門エージェントおすすめを厳選
ITフリーランスを求める企業の代行や案件紹介のサポートを行い、開発現場とフリーエンジニアをつなげるITフリーランス専門エージェントを厳選してご紹介します。
ITサービスの業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。IT業界の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました