IT企業

キーワード解説

IT企業とは

「IT」とは「Infomation Technology(情報技術)」の略です。

IT企業に明確な定義があるわけではありませんが、情報技術産業の企業を意味しています。

IT企業はコンピュータとネットワークに関連する技術でビジネスを展開する企業ということがいえます。

IT業界にはたくさんの企業があり、同じ業界の企業であっても業務内容は大きく異なります。

構成している企業はさまざまなグループに分けることができます。

ひとつのグループだけに分類される企業もあれば、複数のグループにまたがる事業を展開している企業もあります。

IT業界で働く場合には、企業がどのような特性を持っているかを知っておくことが大切です。

製品やサービスによる分類

扱う製品やサービスによって、IT企業をグループに分類することができます。

ハードウエア

ハードウエアのグループは、パソコンや周辺機器、スマートフォンなどのハードウエアを製造して提供する企業で構成されます。

アップル、IBM、日立、富士通、NECなどの企業があります。

電機産業の転職業界研究
電気機器は日々の暮らしからインフラまで社会のあらゆるシーンに密着しています。電機産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。

ソフトウエア

ソフトウエアのグループは、OSやアプリケーションなどのソフトウエアを開発して提供する企業で構成されます。

マイクロソフトが代表的で、パソコンOSの「Windows」や、アプリケーションソフトの「Office」などがあります。

ITサービス・ソフトウェアの転職業界研究
IT業界では新しい技術やサービスが次々と登場しています。ITサービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

通信キャリア・プロバイダ

通信キャリア・プロバイダのグループは、通信インフラを提供する企業やインターネット接続サービスを提供する企業などで構成されます。

NTT、KDDI、ソフトバンクなどの通信キャリアや、ヤフー、ニフティなどのプロバイダがあります。

通信会社・インターネットの転職業界研究
通信・インターネット業界は新たな技術やサービスが登場しています。通信会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

メディア・プラットフォーム

メディア・プラットフォームのグループは、検索、ニュースサイト、SNS、ブログサービス、動画メディア、音楽メディアなど多数の企業で構成されます。

グーグルやアップル、ヤフー、LINEなどが代表的です。

デジタルコンテンツの転職業界研究
デジタルコンテンツは成長産業として注目を集めています。コンテンツビジネスの転職・就職で役立つ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。

EC系

EC系のグループはeコマース(電子商取引)事業を行う企業で構成されます。

アマゾンや楽天、メルカリなどの企業が代表的です。

通信販売・ECの転職業界研究
通信販売は販売方法として定着しています。ネット通販など成長を続ける通信販売の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

ゲーム

ゲームのグループはSNS上で提供するソーシャルゲームを製作する企業で構成されます。

DeNAやGREE、サイバーエージェントなどの企業が代表的です。

ゲーム会社の転職業界研究
ゲーム市場は拡大が続き、採用にも積極的です。ゲーム会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

業務分野や役割りによる分類

展開するビジネスの分野によって、IT企業を分類することができます。

システムインテグレータ

SIer(システムインテグレータ)企業は、コンサルティングから設計、開発、運用、保守、管理までを一括で請け負い、システム構築を行います。

NTTデータや野村総研などの大企業から中小企業まで多数のSIer企業が存在します。

コンサルティングファーム

コンサルティングファームは、IT戦略を含めたクライアントの企業戦略立案やシステム化構想策定といった上流フェーズを担当します。

システム開発部門は持たずに、コンサルティングに特化した企業です。

コンサルティング会社の転職業界研究
コンサルティング業界は高成長を続けています。コンサルティング会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、主なコンサルファーム、採用市場をご紹介します。

ソフトハウス

ソフトハウスは、ソフトウェア開発に特化した企業です。

自社のパッケージソフトを開発する企業や受託開発専門の企業などがあります。

企業グループによる分類

企業が属するグループによって、IT企業を分類することができます。

ユーザー系

ITが本業ではない企業であっても、金融、流通業界などの大企業を中心に自社のシステム開発や保守を行う子会社を持っています。

それらの子会社はユーザー系IT企業と呼ばれます。

銀行証券会社グループのシンクタンク系もユーザー系に分類されます。

メーカー系

ハードウエアを製造するメーカーの自社製品のためのソフト開発を行う子会社は、メーカー系IT企業と呼ばれます。

メーカーの持つ豊富なノウハウがあり、高い技術が強みです。

独立系

企業グループに属さないIT企業は独立系と呼ばれます。

特定のメーカーや業界に制限されず、自由な提案ができることが強みです。

取引の形態による分類

IT企業には、企業向けにビジネスを行うBtoBの企業と個人向けにビジネスを行うBtoCの企業があります。

B to B(企業向け取引)

  • 情報システム開発
  • 情報ネットワーク・インフラ構築

B to C(個人向け取引)

  • ポータルサイト
  • ソーシャルメディア
  • オンラインショッピングモール
  • オンラインゲーム など
情報サービス企業の業績ランキング(2021年)
情報サービス企業はDX対応による市場拡大が期待されます。情報サービス企業の売上高・純利益・営業利益率(決算期21/3)ランキング上位20社をご紹介します。
IT企業・文系に強い転職エージェントおすすめを厳選
IT企業には営業やマーケティングなどエンジニア以外の求人も多くあります。IT業界で文系のよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをご紹介します。
プログラマー・SEの転職エージェントおすすめランキング
プログラマー・SEの転職市場は活発です。プログラマー・SEのよりよいキャリアをサポートする専門の転職エージェントをランキングでご紹介します。
ITフリーランス専門エージェントおすすめを厳選
ITフリーランスを求める企業の代行や案件紹介のサポートを行い、開発現場とフリーエンジニアをつなげるITフリーランス専門エージェントを厳選してご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

 

IT業界は巨大市場で、多くの企業が競い合い、拡大を続けている