マスコミ業界の業績ランキング【新聞・放送・出版】


新聞、テレビ、ラジオ、雑誌など情報を伝達するマスメディア業界。

インターネットの普及で業界は大きく変化しています。

新聞社、テレビ、ラジオ、出版社の業績(決算期22/3)ランキングをご紹介します。

マスメディア業界の業績

新聞社の売上高ランキング

順位企業名売上高
(百万円)
1読売新聞グループ本社256,212
2朝日新聞社188,198
3日本経済新聞社180,730
4中日新聞社107,639
5毎日新聞社62,453
6産業経済新聞社50,945
7北海道新聞社40,393
8神戸新聞社22,933
9中国新聞社19,456
10静岡新聞社18,910
11北國新聞社18,477
12西日本新聞社17,097
13河北新聞社17,033
14信濃毎日新聞16,606
15新潟日報社14,972
16熊本日日新聞社13,998
17京都新聞ホールディングス13,162
18山陽新聞社11,928
19愛媛新聞社10,185
20南日本新聞社10,038

地上波テレビ放送の収入高ランキング

順位企業名収入高
(百万円)
1日本放送協会(NHK)705,776
2日本テレビ放送網300,729
3フジテレビジョン238,240
4テレビ朝日225,533
5TBSテレビ217,450
6テレビ東京110,969
7朝日放送グループホールディングス85,100
8MBSメディアホールディングス64,563
9讀賣テレビ放送64,106
10関西テレビ放送55,049
11中京テレビ放送31,482
12CBCテレビ24,366
13RKB毎日ホールディングス23,196
14名古屋テレビ放送22,241
15九州朝日放送16,818
16福岡放送15,140
17札幌テレビ放送14,804
18テレビ西日本13,913
19北海道テレビ放送12,640
20テレビ大阪12,432

衛星放送・CATV・ラジオ放送の収入高ランキング

順位企業名収入高
(百万円)
1JCOM324,902
2ジェイコム東京133,060
3ジェイコムウエスト132,232
4スカパーJSAT112,662
5WOWOW79,657
6ジェイコム埼玉・東日本79,191
7イッツ・コミュニケーションズ30,543
8ジェイ・スポーツ18,131
9BSテレビ東京17,176
10BS-TBS16,424
11BS日本16,294
12BS朝日15,729
13スカパー・エンターテイメント15,665
14ビーエスフジ14,866
15ニッポン放送13,919
16エフエム東京10,695
17TBSラジオ8,743
18文化放送5,758
19J-WAVE4,697

出版社の売上高ランキング

順位企業名売上高
(百万円)
1KADOKAWA221,208
2集英社201,014
3講談社170,774
4小学館105,721
5日経ビーピー40,300
6宝島社34,305
7東京書籍29,304
8学研プラス24,765
9ぎょうせい21,389
10文藝春秋20,703
11光文社16,850
12新潮社15,931
13双葉社15,543
14ダイヤモンド社14,097
15NHK出版13,697

(帝国データバンク『業界動向2023-Ⅰ』より)

マスメディアの動向

インターネットの存在感が増し、各メディアは厳しい状況のなか、打開策を見い出すことが課題になっています。

新聞社の動向

新聞社は情報媒体の多様化により、販売部数の減少が続いています。

広告収入もインターネット広告に押され、厳しい状況です。

電子版などデジタル化に力を入れています。

テレビの動向

テレビの広告価値は高いですが、広告主が好む若年層人口は減っています。

ネットでの動画視聴などが進むなか、動画配信会社や通信会社と連携した番組ネット配信サービスが本格化しています。

ラジオの動向

ネット配信の普及が進んでいます。

ラジオになじみの薄い若いリスナーを新たに開拓することに注力しています。

出版社の動向

紙媒体の雑誌やコミックの販売部数は減少し、厳しい状況です。

電子書籍・電子雑誌は好調で、今後も拡大が続くとみられています。

転職・就職に役立つ放送業界研究
放送業界を取り巻く環境はネットとの融合で大きく変化しています。転職・就職で押さえておきたい放送業界の動向、収入高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ出版業界研究
出版業界はインターネットの普及で大きく変化しています。転職・就職で押さえておきたい出版業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

マスメディアの転職

各社の業績は中途採用の計画に大きく影響します。

業績が好調な企業や成長分野での採用にチャンスが多くなるといえるでしょう。

マスコミの求人・採用は狭き門ですので、人気が高く、競争率は高くなります。

業界に強い転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界・職種に精通したキャリアアドバイザーから企業の情報提供や転職サポートを受けることができます。

マスコミ職種専門の転職支援

マスメディアンは、広告・Web・マスコミ職種専門の転職エージェントです。

マスコミ職種で、業界トップクラスの求人数を保有し、専門性の高い転職支援サービスを提供しています。

サービスの特長

  • 広告・Web・マスコミ職種専門の転職支援
  • 業界トップクラスの求人数
  • 業界・職種に精通したキャリアアドバイザー

求人・職種

  • 出版・新聞
    編集者(雑誌・書籍)/記者、ライター/校正・校閲/広告営業/販売営業/進行管理/宣伝担当/インターネット推進/イベント推進など
  • テレビ
    テレビプロデューサー/ディレクター/アシスタントディレクター/広告営業/編成/技術/テロップデザイナー/インターネット推進/イベント推進など

マスメディアン 転職支援サービス(無料)

まとめ

インターネットの存在がマスメディアのビジネスを大きく変化させ、今後もその動きは加速することが見込まれます。

マスコミ業界では今まで以上に新しいアイディアや情報の感度が求められるようになっていくといえます。

転職・就職に役立つ通信・インターネット業界研究
通信分野は新たな技術やサービスが登場しています。転職・就職で押さえておきたい通信・インターネット業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つデジタルコンテンツ業界研究
デジタルコンテンツは成長産業として注目を集めています。転職・就職で押さえておきたいコンテンツ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。
クリエイティブ職の転職エージェントおすすめランキング【20代・第二新卒】
クリエイティブ職の転職では専門転職エージェントの利用が一般的です。クリエイターのよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをランキングでご紹介します。

 

【参考】
・総務省WEBサイト
・一般社団法人日本新聞協会
・一般社団法人日本民間放送連盟
・一般社団法人日本雑誌協会