栃木県企業ランキング上位50社【売上高・純利益】


「都会を離れて自分らしく働きたい」
「地元に帰って働きたい」
「憧れの土地で暮らしてみたい」

地方・地元の企業には、全国的に知られている企業だけでなく、その地域を地盤として活躍する優良企業があります。

移住転職を希望する人にとって、あまり知られていない魅力的な企業を見つけられるかもしれません。

東京通勤も可能なエリア栃木県の企業売上高・純利益ランキング(決算期22/3)上位50社をご紹介します。

栃木県企業の業績

栃木県企業の売上高ランキング

順位企業名年商
(百万円)
1キヤノンメディカルシステムズ321,976
2日本産業286,004
3カワチ薬品263,002
4国分関信越164,129
5学校法人自治医科大学100,495
6デクセリアルズ88,189
7藤井産業66,328
8富士通テレコムネットワークス60,000
9東京インテリア家具59,544
10GKNドライブラインジャパン50,271
11ギガフォトン45,877
12両毛丸善43,765
13カンセキ41,610
14福田屋百貨店41,500
15元気寿司41,082
16獨協メディカルサービス39,359
17住友電工電子ワイヤー35,404
18たいらや34,695
19栃木トヨタ自動車34,692
20コマツカミンズエンジン34,622
21ネッツトヨタ栃木33,751
22ライブガーデン33,205
23ナカニシ32,898
24かましん32,703
25とちぎコープ生活協同組合30,556
26栃木ニコン29,943
27滝沢ハム29,354
28ハイビック28,643
29ナカノ薬品27,330
30グランディハウス26,920
31オータニ26,826
32日清商会26,641
33東武建設26,206
34大協精工24,844
35東一宇都宮青果24,534
36トヨタウッドユーホーム23,014
37エム・イー・エム・シー23,000
38キヤノン電子管デバイス22,986
39関口22,550
40ヘンリーシャインジャパンイースト22,000
41パナソニックホームズ北関東21,483
42吉澤石灰工業21,346
43栃木トヨペット21,000
44東京鋼鐵20,820
45栃木ダイハツ販売20,055
46ホンダテクノフォート20,000
47トヨタカローラ栃木19,708
48NDM19,112
49フタバ食品18,203
50ニッカネ18,150

栃木県企業の純利益ランキング

順位企業名純利益
(千円)
1足利銀行15,435,000
2日本産業15,213,000
3キヤノンメディカルシステムズ14,654,000
4デクセリアルズ14,579,000
5ギガフォトン7,490,000
6ナカニシ7,181,009
7学校法人自治医科大学5,086,364
8豊受興業4,941,142
9カワチ薬品4,922,000
10大協精工4,635,000
11マニー3,442,000
12栃木銀行3,098,000
13コベルコパワー真岡2,809,000
14めぶき信用保証2,321,107
15グランディハウス2,134,083
16藤井産業2,041,000
17ハイビック2,007,539
18レオン自動機1,853,117
19オートテクニックジャパン1,800,000
20クレハ合繊1,721,426
21ホンダテクノフォート1,513,871
22ムロコーポレーション1,477,590
23第一電子工業1,203,931
24エコ革1,125,998
25東京インテリア家具1,033,041
26ヨックモッククレア969,000
27関東エコリサイクル953,533
28ネッツトヨタ栃木907,709
29たいらや890,000
30協栄産業882,131
31とちぎメディカルセンター875,462
32国分関信越866,000
33セイケイ841,922
34UACJ押出加工小山830,877
35エム・イー・エム・シー812,000
36グリーンシステムコーポレーション807,578
37CSIジャパン800,000
38ソエジマ782,413
39元気寿司776,000
40北関東綜合警備保障746,881
41東京鋼鐵740,503
42藤和那須リゾート680,410
43とちぎコープ生活協同組合673,109
44下野新聞社654,979
45栃木セキスイハイム646,675
46競走馬理化学研究所645,494
47学校法人ティビィシィ学院619,041
48学校法人白鴎大学600,132
49テクノウッドワークス598,987
50キヤノン電子管デバイス598,283

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2023』より)

地方・地元への転職活動

U・Iターンや移住転職

テレワークや在宅勤務の拡大に伴い、U・Iターンや移住転職を希望する人が増えています。

地方ではU・Iターンや移住を歓迎し、働きやすい環境を整える企業も多くあります。

地方で働きやすい企業の例

地方・地元の求人

移住転職の情報収集には、地方・地元に密着した求人を取り扱うサイトや転職支援サービスなどを積極的に活用して、希望の仕事を見つけることをおすすめします。

リクルートが運営する地元・地域密着型の求人・転職サイト「はたらいく」では、各都道府県内に本社のある地元企業や中小企業の魅力的な求人を探すことができます。

在宅ワーク

在宅ワークのスキルを身につけて、新たなキャリアにチャレンジする人も増えています。

まとめ

新しい働き方やライフスタイルを実現するために、移住転職を希望する人が増えています。

希望の移住転職を実現するためには、憧れだけでなく、現実にどのような生活になるのかを知っておくことが大切です。

地方で活躍する企業には、その地方の特徴が表れます。

その地方の経済や社会を知ることに役立つでしょう。

移住人気の高い都道府県ランキング-20代の転職就職
人気の移住先では支援制度などが充実している可能性が高く、自分の移住先選びの参考にもなります。移住先として人気の都道府県トップ10(2021年)をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2023年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2023年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

参考:栃木県移住・定住促進サイト「ベリーマッチとちぎ」