在宅ワーク

キーワード解説

在宅ワークとは

在宅ワークとは、ITを利用するなど場所や時間にとらわれない働き方のことです。職場など一定の場所や時間に縛られずに、個人の住宅や小規模な事務所などを拠点として、どこでもいつでも仕事ができることがメリットです。

在宅ワークは、依頼主との雇用関係のある場合とない場合に分けられます。雇用関係のある場合は、会社に勤めている社員が、出社をせずに自宅でパソコンやFAXを利用して仕事をしたり、自宅にノートパソコンを持ち帰って仕事をするようなケースです。在宅勤務の社員も含まれます。

組織に属さずに依頼主との雇用関係がない場合は、ソフトウエア開発、ホームページ制作、データ入力などの業務をフリーランス・在宅ワーカーなど個人事業者として請け負うようなケースです。SOHOテレワークなどと同じ意味で使われることもあります。

パソコンやインターネットの発達により、個人で事業を始める機会が増えています。在宅ワークのような新しい働き方は拡大傾向にあり、ひとつの就業形態としても定着しつつあります。

在宅ワークと労働法規

依頼主との間に雇用関係がある場合には、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、健康保険法等が適用されます。企業との関係が委託や請負などで雇用関係がなければ、労働基準法などの労働法規は適用されません。

保険、年金といった社会保障を十分に受けられない場合、不安定な生活を余儀なくされる人が出てくる可能性もあります。

雇用型

  • 会社ではなく通信機器を利用して自宅で仕事をすること
  • 営業先などの出先でノートパソコン等を使って仕事をすること

非雇用型

  • 個人事業主の業務委託・請負など
  • 小規模の個人事業者、社員が1人の会社など
20代起業・個人事業におすすめの支援サービス
インターネットの普及により20代の起業も増え、キャリアチェンジの選択肢になっています。20代起業・個人事業の始め方とおすすめ支援サービスをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

在宅ワーク特集

タイトルとURLをコピーしました