セクハラ

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

セクハラとは

セクハラとは、「セクシャル・ハラスメント」の略で、性的嫌がらせのことです。

職場におけるセクハラには、職務上の地位を利用して性的な言動を行い、拒んだ社員に不利益を与えるような対価型セクシャルハラスメントと、性的な言動が行われることで、職場の環境が悪化し、社員の能力の発揮に大きな悪影響が生じる等の環境型セクシャルハラスメントの2種類あるとされています。

対象は社員を雇用する会社の上司や同僚に限らず、取引先の事業主や社員、顧客、患者やその家族、学校の生徒なども含まれます。

職場におけるセクハラは異性に対するものだけでなく、同性に対するものも含まれます。

セクハラの具体例

  • 性的な表現を含む言動
  • 性的な冗談やからかい
  • 性的な風評を流す
  • しつこく食事やデートに誘う
  • 必要のないボディタッチ
  • 性的な関係を強要する
  • 性的な関係を要求し、拒否した社員を解雇する など

セクハラの判断

セクハラに該当するかどうかは、労働者の意に反する性的な言動により、その労働者が労働条件について不利益を受けたり、職場環境を害されるという点が基準になります。

労働者は正社員だけでなく、パートタイマー契約社員などの非正規雇用を含む全従業員を指します。

派遣社員については、派遣元だけでなく、派遣先にも雇用管理上の措置義務が生じます。

自社の社員が他社の社員からセクハラを受けた場合にも措置義務の対象となります。

自社の社員が他社の社員にセクハラを行った場合、事実確認等の協力に応じるよう努めなくてはなりません。

セクハラを防止するための措置

  • 職場におけるセクハラに関する方針の明確化および周知・啓発
  • 相談・苦情対応窓口の設置
  • 職場におけるセクハラ相談の迅速かつ適切な対応
  • 当事者のプライバシーを保護するための必要な対応
  • 相談をした従業員に対する不利益取扱いの禁止
  • 自社の社員が他社の社員にセクハラをした場合の協力対応

セクハラと労災認定

職場におけるセクハラが原因で、うつ病などの精神疾患に発症した場合には、労災認定の対象となる場合があります。

セクハラが原因で労災が認定された場合、会社は社員を解雇することができません。

セクハラと雇用保険

セクハラによって、退職に追い込まれた場合、雇用保険の「特定受給資格者」として、給付制限等を受けずに、基本手当の給付を受けられる場合があります。

「特定受給資格者」に該当するかどうかは、本人ではなくハローワークが判断することになります。

セクハラの相談・苦情

社内外の相談窓口にセクハラを訴えることができます。

社内の相談体制については、就業規則など社内規定の内容を確認してみましょう。

社内の相談窓口などの対応により解決できればよいですが、社内の環境が整っていないなど、解決が難しい場合、労働組合・ユニオンに相談する方法もあります。

どう対応すればよいかのアドバイスや団体交渉を行ってくれます。

都道府県労働局の雇用環境・均等部や総合労働相談コーナーでは、ハラスメントに関する相談に対して、助言・指導や調停による紛争解決援助を行っています。

セクハラの退職相談

女性特有の悩みで、辞めたくても退職を言い出せずにストレスを抱える女性に代わって、会社へ退職の意思を伝える女性向けの退職代行サービスがあります。退職の相談は無料でできます。

弁護士事務所の退職代行サービスであれば、退職の代行だけでなく法律的な解決までの対応が可能です。

会社との労働問題・トラブルを個別に解決する方法
会社とのトラブルが発生した場合、自分一人で思い悩まず、相談できるところを探しましょう。労働組合の団体交渉だけでなく個別に交渉し解決できる方法もあります。
ブラック企業を確実に辞めるには
どんなに企業研究をして入社しても、実際に働いてみないとわからない職場環境はあります。ブラック企業を確実に辞めることができる方法をご紹介します。
女性に強い転職エージェントおすすめランキング
女性の働き方は人生のステージに合わせて多様化しています。未経験からキャリアアップまで20代女性のよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
就職活動中の学生に対するセクシャルハラスメントは正式な採用活動だけでなく、OB・OG訪問の場においても問題化している