パワハラ

キーワード解説

パワハラとは

パワハラとは、「パワーハラスメント」の略です。職場のパワーハラスメントは、職務上の地位や人間関係の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的な苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為が該当します。

優位性には、上司から部下に対して行われるものだけでなく、先輩や後輩、同僚間においても、さまざまな優位性を背景に行われるものも含まれると解釈されています。

パワハラは、行っている人が、パワハラだという認識を持たず、自覚がないケースがほとんどです。パワハラを受けたと感じたときには、実際にどのような言動があったのかを詳細に記録しておくことが重要になります。

パワハラの代表的な例

  • 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  • 精神的な攻撃(脅迫・名誉棄損・侮辱・暴言)
  • 人事権の不当な行使
  • 過大な要求(遂行不可能なことの強制)
  • 過少な要求(程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  • プライベートに過度に立ち入ること など

パワハラの記録

パワハラを受けた時期や期間、内容を記録に残すことは、パワハラを証明することに役立ちます。具体的な日付や場所、人などの情報を日記やICレコーダーなどに記録します。

パワハラの救済

パワハラを行った本人や会社に対して、治療費や損害賠償、慰謝料を請求できる場合があります。またパワハラを予防するための教育・啓発、加害者の配置転換、相談窓口の設置などを要求することもできます。

一般的にパワハラなどハラスメントを解決するためには、以下の方法が考えられます。

  1. 損害の賠償
  2. 加害者(会社)の謝罪
  3. 加害者の処分を含む再発防止策

パワハラと労災認定

職場のパワハラが原因で、うつ病などの精神疾患に発症した場合には、労災認定の対象となる場合があります。労災が認定されると、会社は社員を解雇することができません。

パワハラと雇用保険

職場のパワハラによって退職した場合、「特定受給資格者」として給付制限等を受けずに、雇用保険の給付を受けられることがあります。「特定受給資格者」になるかどうかは、本人ではなくハローワークが判断します。

パワハラの退職相談

退職したくても、なかなか上司に言い出せなかったり、引き留められるストレスから、本人に代わって退職の意思を会社に伝える退職代行サービスを利用する人が増えています。

ハラスメントとは「いじめや嫌がらせ」のことであり、ハラスメントの種類は時代とともに増え、ハラスメント問題も増加傾向
メンタルヘルス不調やうつ病による休職・復職・退職
メンタルヘルス不調の悩みや迷いは誰にも相談できず一人で抱えがちです。深刻な状態になる前の対応が、そのあとのキャリアや人生においては、とても大切です。
20代の転職相談におすすめのキャリアコンサルティング
20代の転職活動では、キャリアコンサルティングを受けて、自分の考えや希望を整理することをおすすめします。キャリアコンサルティングがおすすめの転職支援サービスを厳選してご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました