マンション管理士の通信講座おすすめスクール


マンション管理士は、専門的な知識を活かして、管理組合やマンション所有者の相談に応じ、助言、指導などの支援を行うことが業務です。

マンション管理士の資格は、マンション管理業界や不動産業界などの転職、就職に有利です。マンション管理の専門家として、独立開業することも可能です。

マンション管理士の通信講座


マンション管理士の資格取得には、試験に対応した通信講座を上手に活用することをおすすめします。働きながらでも、効率的に試験合格を目指せるお手頃価格のマンション管理士通信講座をご紹介します。

フォーサイト


フォーサイトのマンション管理士講座

資格取得のためのスクールです。国家資格を中心に試験対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。DVDやCD、eラーニングで受講できます。

マンション管理士・管理業務主任者通信講座

  • 受講料:29,800円から
  • 合格率:全国平均の2.92倍
  • 一般教育訓練給付制度対象講座あり

講座の特長

  • 講義映像、機能的問題集、eラーニングシステムなど充実した教材
  • やさしい科目からスタートするレベルアップカリキュラム
  • 続けられる質問受付制度
  • 合格者へのお祝いの進呈

利用者の声

最初は他社の通信教育を受けていたのですが、3回目の受験ではフォーサイトの通信教育で受験をしました。フォーサイトのサンプル教材を取り寄せたのですが、その内容の充実度にビックリしました。

スタディング


スタディングのマンション管理士・管理業務主任者講座

無理なく両試験のダブル合格を狙えるように開発された画期的なオンライン資格対策講座です。基礎から着実に学べる初学者に最適なコースが用意されています。

マンション管理士/管理業務主任者合格コース

  • 一括価格:39,800円
  • 分割:月々1,928×24から
  • 初回無料講座あり

講座の特長

  • わかりやすいビデオ講座
  • 一問一答のアウトプット学習
  • 細切れ時間を有効活用
  • 試験を攻略するための専用講座つき

利用者の声

通勤講座を使っていて良かった点はどこでもどのデバイスでも視聴、そのまま一問一答で繰り返し学習できる点です。
確認したい分野も項目ごとに細かく分かれているのでとても分かりやすいです。

LEC東京リーガルマインド


マンション管理士・管理業務主任者はこちら

マンション管理士のさまざまな講座を展開しています。初学者向けコースから上級コースまで自分のレベルに合ったコースを選択して、最短合格を目指すことができます。

マンション管理士合格コース

  • 受講料:61,500円から
  • おためしWeb受講制度
  • 一般教育訓練給付制度対象講座あり

講座の特長

  • 知識ゼロから学べる初学者コース
  • インプットは「合格講座」、「一問一答知識定着講座」
  • 演習は「過去問コンパクト演習講座」、「基礎答練」
  • 全国公開模試試験つき

利用者の声

私は模試以外、LECからの教材のみを使用しました。テキストと過去問は早めに一回目をこなし、学習範囲と学習量を自分で把握してからスケジュールを立てるのが良いと思います。

マンション管理士の試験対策

マンション管理士の勉強方法

マンション管理士の資格を取得するには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。効率的に勉強を進めるためには、試験に対応した資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。

取得期間

一般的には半年くらいの準備期間が必要になります。ダブル取得やはじめて不動産関係の勉強をする人は、1年程度の余裕をもって計画を立てるとよいでしょう。

効率的な勉強方法

  1. テキストの内容を理解して、条文を読む
  2. 問題集を繰り返し解く
  3. 法律用語や専門用語を理解する
  4. 模擬試験を受ける

資格のダブル取得

マンション管理士と管理業務主任者は、試験内容が重なっているためダブル取得も可能な資格です。また宅地建物取引士の知識があると、取得しやすい資格ですので、3つすべての資格取得を目指す人もいます。

転職や就職に資格を活かしたい場合には、自分の目指す業界につながりやすい資格、必要な資格から取得しましょう。

管理業務主任者

マンションの管理業務を担うための国家資格です。管理業者には事務所ごとに管理業務主任者の設置が義務付けられています。

宅地建物取引士

宅地建物の取引に必要な国家資格です。不動産取引の際の重要事項説明は、宅地建物取引士だけに認められた業務です。

取得の難易度

合格率から考えると管理業務主任者→宅建→マンション管理士の順に難しくなりますので、その順で取りやすいといえます。

まとめ

マンション管理士は転職・就職に有利なだけでなく、マンション管理の専門家として独立開業することも可能な資格です。マンション管理には、さまざまな知識が必要となりますので、得意分野で関連資格を取得すると、さらに活躍の場を広げることができます。

一般教育訓練給付制度
一定の条件を満たした雇用保険の一般被保険者(または退職してから1年以内)が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、修了時点までに実際に支払った学費の20%(上限10万円)が支給される制度です。制度を利用すればお得に講座を受講できます!
マンション管理士の資格(試験内容・勉強法)
マンション管理士は、転職・就職やスキルアップに活用できる資格です。マンション管理士の資格について、試験内容、勉強法(おすすめテキスト・講座)をご紹介します。
転職・就職に役立つ資格一覧
20代・第二新卒の転職・就職に有利なおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました