当サイトには広告が含まれます

調味料・加工食品の業界研究【概要・動向】-転職・就職に

調味料などの加工食品は、食品になんらかの加工をしたもので、種類は多岐にわたります。

転職・就職で押さえておきたい調味料・加工食品業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

調味料・加工食品業界の最新動向(2023年)

食品業界とは

食品業界は生活に密着した基幹産業のひとつです。

「食料品製造業」と「飲料・たばこ・飼料製造業」の二部門で構成され、食品の種類には生鮮食品と加工食品があり、日本の食の安定供給と安全性に大きな役割を担っています。

加工食品は工程上、一次加工食品、二次加工食品、三次加工食品に分けられます。

生活必需品を提供することから、景気変動の影響が少ない業界といえますが、輸入原材料価格の高騰や人口減少に伴い、売上から利益重視の戦略へ移行しつつあります。

海外展開を進める企業も増えています。

加工食品の種類

  • 一次加工食品
    白米、砂糖、缶詰、味噌、醤油、食用油など
  • 二次加工食品
    食パン、麺類、バター、マヨネーズ、ソースなど
  • 三次加工食品
    菓子、冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品など

調味料

調味料は味噌、醤油などの基礎調味料、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、その他スパイス類など豊富な種類があります。

高付加価値品や小容量タイプなど消費者のライフスタイルに合わせた商品開発に力を入れています。

味の素

調味料の最大手。

食品業界を代表するグローバル企業です。

海外に積極展開しています。

  • 設立:1925年12月17日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:34,198人
  • 平均年齢:44歳

キッコーマン

醤油の最大手。

醤油をグローバルな調味料として確立し、海外売上比率が7割を超えています。

  • 設立:1917年12月7日
  • 本社:千葉県、東京都
  • 従業員数:7,686人
  • 平均年齢:44歳

キユーピー

マヨネーズとドレッシングの最大手。

海外展開など積極的な市場拡大を進めています。

  • 設立:1919年11月
  • 本社:東京都
  • 従業員数:10,719人
  • 平均年齢:41歳

ハウス食品グループ本社

カレールウの最大手。

中国やアメリカなど海外でも事業を拡大しています。

  • 設立:1947年6月7日
  • 本社:東京都、大阪府
  • 従業員数:6,169人
  • 平均年齢:42歳

エスビー食品

スパイスの最大手。

カレールウもトップクラスです。

  • 設立:1940年4月5日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:2,122人
  • 平均年齢:41歳

カゴメ

トマト加工品の最大手。

海外市場の開拓にも力を入れています。

  • 設立:1949年
  • 本社:愛知県、東京都
  • 従業員数:2,822人
  • 平均年齢:41歳

永谷園ホールディングス

お茶漬けのもと、即席みそ汁の大手。

  • 設立:1953年4月
  • 本社:東京都
  • 従業員数:2,581人
  • 平均年齢:44歳

ケンコーマヨネーズ

業務用マヨネーズとドレッシングの大手。

  • 設立:1958年3月
  • 本社:東京都(本店所在地:兵庫県)
  • 従業員数:1,064人
  • 平均年齢:38歳

製粉

小麦は9割を輸入に頼っています。

政府が一括して購入し、製粉会社が小麦粉などに加工します。

上位3社がシェアの9割を占める寡占状態にあります。

日清製粉グループ本社

製粉首位。

国内小麦粉市場の3分の1以上のシェアを占め、取扱量は世界でもトップクラスです。

  • 創業:1900年10月
  • 本社:東京都
  • 従業員数:8,918人
  • 平均年齢:42歳

ニップン(旧日本製粉)

製粉2位。

パスタや冷凍食品も展開しています。

  • 設立:1896年9月
  • 本社:東京都
  • 従業員数:3,775人
  • 平均年齢:40歳

昭和産業

製粉3位。

食用油も好調です。

  • 創業:1936年2月18日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:2,870人

製糖

砂糖の需要は、菓子・パン類、清涼飲料など業務用が8割以上を占めています。

消費量は減少傾向ではありますが、規模は大きく、基本的には安定しています。

DM三井製糖ホールディングス

製糖の最大手。

機能性甘味料の普及に力を入れています。

  • 設立:1947年9月4日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:1,482人
  • 平均年齢:49歳

日本甜菜製糖

甜菜糖は首位。

  • 設立:1919年6月11日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:765人
  • 平均年齢:43歳

日新製糖

カップ印のお砂糖。

  • 設立:2011年10月3日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:503人
  • 平均年齢:44歳

製油

食用油は消費者の健康志向の高まりから植物性のものが拡大しています。

調理用に加え、中食向け調味用など用途が広がっています。

日清オイリオグループ

食用油の最大手。

海外戦略を強化しています。

  • 本社:東京都
  • 従業員数:2,987人
  • 平均年齢:42歳

不二製油グループ本社

油脂加工品や大豆関連も展開。

海外売上比率が5割を超えています。

  • 設立:1950年10月
  • 本社:大阪府
  • 従業員数:5,623人
  • 平均年齢:45歳

J-オイルミルズ

業務用の首位。

  • 設立:2002年4月1日
  • 本社:東京都
  • 従業員数:1,361人
  • 平均年齢:44歳

調味料・加工食品業界の売上高ランキング

調味料・食用油製造

順位企業名売上高
(百万円)
1味の素1,149,370
2キッコーマン516,440
3不二製油グループ本社433,831
4日清オイリオグループ432,778
5キユーピー407,039
6ハウス食品グループ本社253,386
7J-オイルミルズ201,551
8カゴメ189,652
9DM三井製糖ホールディングス147,880
10ヱスビー食品118,046
11日本食研ホールディングス114,998
12三菱商事ライフサイエンス110,126
13永谷園ホールディングス95,408
14味の素食品83,171
15理研ビタミン79,231
16ケンコーマヨネーズ75,647
参考ADEKA363,034

製粉

順位企業名売上高
(百万円)
1日清製粉グループ本社679,736
2ニップン321,317
3昭和産業287,635

(帝国データバンク『業界動向2023-Ⅰ』より)

調味料・加工食品業界の採用市場

食品業界の業務

食品メーカーの業務は、商品開発から製造、品質管理、営業などさまざまな部門で重要な役割を担っています。

研究開発

調味料・加工食品メーカーは積極的に新商品の開発に取り組んでいます。

この仕事には、高度は専門知識や技術だけでなく、新しい商品を生み出す探求心も求められます。

生産技術

商品を製造するための工程設計、生産性検討、設備計画、生産性指標の検証、食品加工技術開発などの仕事があります。

工場など現場担当者とのコミュニケーションも重要です。

製造

製造部門には、品質と納期を守り、製品を作る責任があります。

機械化や自動化が進んだ製造現場では、製造工程のデータを理解し、対応する力が必要となります。

生産・品質管理

生産管理は高品質で安全な食品を経済的に生産するための管理を、品質管理は食品の安全性、栄養機能、食べやすさを経済的に実現するための管理を行います。

マーケティング

市場の開発、拡大に関わる業務です。

消費者の好みや流行を敏感に取り入れ、商品企画を行います。

市場調査、コンセプト開発、試作、マーケティングプラン、市場投入、検証などの仕事があります。

営業・販促

食品メーカーの営業で代表的なものは、食品卸会社への営業、スーパーやコンビニ、百貨店などの小売店への営業、レストランなど外食産業への営業などがあります。

食品業界で有利なおすすめ資格-転職・就職に
食品関連の資格はたくさんあります。転職・就職に資格が必須なわけではありませんが、食に関する意識の高まりとともに資格者が求められるようになっています。

食品業界の求人・転職

食品業界は新卒から中途採用、文系・理系ともに安定して高い人気があります。

調味料メーカーには優良企業が多く、大手メーカー以外にも地域に根付いた中小メーカーが多くあります。

地方の中小メーカーにも高収益企業が少なくありません。

地方から中央に進出するケースも多く、求める人材に大企業と中小企業の差はありません。

食料品製造業の給与

区分20~24歳25~29歳43.2歳
(平均)
所定内労働時間166時間166時間165時間
残業16時間20時間14時間
月収211,900円240,400円266,100円
年間賞与等319,200円497,500円559,100円
年収2,862,000円3,382,300円3,752,300円

(厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」より)

食品業界の転職活動

エージェントサービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。

非公開・好条件の求人紹介だけでなく、企業ごとの書類作成や面接対策のアドバイスなどで選考通過率のアップを期待できます。

キャリアごとの転職・就職サポート情報はこちら

まとめ

食生活に密着した調味料・加工食品業界は、不況に強いといわれ、転職・就職でも人気があります。

今後は、食の安全はもちろんのこと、健康志向やSDGsなど多様なニーズに対応する取り組みが求められます。

食品産業とは(種類と分類)
食品産業は製造業のなかでも重要な産業のひとつです。食品にはさまざまものがあり、生産や輸入、加工・製造、流通などを経て、消費者に届けられます。
食料品製造・加工の仕事(種類と分類)-転職・就職に
食料品は、生産や輸入、製造・加工、流通などを経て、消費者に届けられます。食料品にはさまざまな種類があり、製品を製造・加工する多くの仕事があります。
食品メーカーランキング【売上高・純利益・営業利益率】-企業研究に
企業の業績は採用計画に大きく影響します。食品メーカーの売上高・純利益・営業利益率ランキングをご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2024年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職・就職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2024年度の主要業界天気予想を一覧にしました。

 

【参考】
・農林水産省ウェブサイト
・全国マヨネーズ・ドレッシング類協会
・日本経済新聞出版『日経業界地図2023年版』
・東洋経済新報社『四季報業界地図2023年版』

タイトルとURLをコピーしました