半導体・半導体製造装置の業界研究


半導体市場は、AIIoTの広がりで需要が増加しています。

短期的には変動がありますが、長期的には成長を続けると予想されます。

半導体産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

半導体業界の最新動向(2022年)

半導体業界

半導体は、トランジスタが誕生してから、ICと呼ばれる集積回路になり、さらに集積度は向上し、LSIから超LSIへと進化を積み重ねてきました。

半導体は技術革新のスピードが速く、巨額の研究開発費と設備投資で高性能な製品を作り続けるビジネスです。

AIやIoT、自動運転などの普及で、半導体の重要性が増しています。

業界の動向

電子化が進む自動車向けや5Gの半導体市場が注目されています。

またコロナ禍におけるテレワークやオンラインサービスの広がりで、通信インフラ向けの需要が高まっています。

各社の業績は好調ですが、高水準の需要が続き、世界的な半導体不足が深刻化しています。

半導体と関わりの深い産業

半導体の世界出荷額(2020年)

  1. インテル(米)
  2. サムスン電子(韓)
  3. SKハイニックス(韓)
  4. マイクロン・テクノロジー(米)
  5. クアルコム(米)
  6. ブロードコム(米)

半導体製造装置の世界出荷額(2020年)

  1. アプライドマテリアルズ(米)
  2. ASML(蘭)
  3. ラムリサーチ(米)
  4. 東京エレクトロン
  5. KLA(米)
  6. SCREENホールディングス

メモリ

メモリ半導体は、データを電気的に記憶するもので、DRAMやフラッシュメモリ、SRAMなどがあります。

ビッグデータの活用が広がり、データセンター向けメモリ需要が拡大しました。

増産に向けて積極投資を続けていますが、半導体不足の解消には時間がかかる見通しです。

サムスン電子(韓)

DRAM、NAND型フラッシュメモリ最大手。

新しいメモリデバイスやマルチチップパッケージの開発にも積極的に取り組んでいます。

SKハイニックス(韓)

韓国内においてサムスン電子に次ぐ半導体メーカー。

メモリ以外の領域においても多数の半導体製造を行っています。

マイクロン・テクノロジー(米)

米国のDRAMメーカー。DRAM世界3位。

NAND型フラッシュメモリについても、より高度なエンジニアリング技術で設計上の課題解決に取り組んでいます。

キオクシアホールディングス(日)

旧東芝メモリ。NAND型フラッシュメモリ世界2位。

東芝からメモリ事業を分社化し、早期上場を目指しています。

ロジック

ロジック半導体は、組み合わせることで複雑な回路を設計し、さまざまな機能を担うことができます。

コンピューターのCPUにかかせないデバイスとなっています。

テレワークやオンラインサービスの広がりにより、パソコンやタブレットなどデジタル機器向けの需要が増えています。

インテル(米)

パソコンやサーバー向けプロセッサ最大手。

パソコンのCPUシェアは8割以上を占めています。

産業機器や家電製品に内蔵される組込みシステムへの挑戦も続けています。

クアルコム(米)

携帯電話用チップで世界標準を握るファブレス企業。

スマートフォン用で急成長し、スマホ向けプロセッサ世界最大手です。

ブロードコム(米)

通信用の半導体を製造販売するファブレス企業。

コンシューマデバイス部品も多数供給しています。

アドバンスト・マイクロ・デバイス(米)

CPUの世界大手。

カナダの画像処理半導体大手ATIテクノロジーズの買収で、GPUが急成長しました。

エヌビディア(米)

画像処理半導体の大手。

パソコンやゲームのほかに、AIや自動運転でも成長しています。

マイコン

マイコンは、マイクロコントローラーの略で、制御用として使われます。

IoT時代に向けて、自動車向けや産業機器向けの需要が高まっています。

NXPセミコンダクターズ(蘭)

マイコン世界首位。汎用製品を全世界対象に提供・販売しています。

ルネサスエレクトロニクス(日)

ルネサステクノロジとNECエレクトロニクスの経営統合によって設立された国内有数の半導体メーカー。

車載マイコンで世界トップクラス。

  • 従業員数:18,753人
  • 平均年齢:47歳
  • 平均年収:791万円

インフィニオンテクノロジーズ(独)

車載用や産業用のほか様々な分野に半導体製品やソリューション提供を行っています。

アナログ

アナログ半導体は、音や光などのアナログ信号に対応し、電源や動力の制御機能を持っています。

自動車や通信機器、医療機器などで利用される重要な技術です。

テキサス・インスツルメンツ(米)

アナログ半導体最大手。アナログICと通信用に注力しています。

今後の成長が期待される医療やエネルギー、セキュリティなどの分野に合わせたソリューションを展開しています。

STマイクロエレクトロニクス(スイス)

アプリケーション専用のアナログIC、車載用ICに強み。

FA用ICのほか、電源用ICなど幅広く展開しています。

ソニーグループ(日)

ソニーグループへ社名変更。画像センサー世界首位。

スマホ向けCMOSイメージセンサーの圧倒的なシェアで、車載向けへの拡大も進めています。

  • 従業員数:109,700人
  • 平均年齢:42歳
  • 平均年収:1,044万円

ファウンドリー(受託生産会社)

サムスン、インテルなどの大手メーカーは自社で半導体を製造する場合もありますが、設計と製造を分業して、半導体受託製造(ファウンドリー)に委託する企業もあります。

TSMC(台)

ファウンドリー世界最大手。日本に新工場を建設することが発表されました。

半導体製造装置

半導体製造装置の日本メーカーに対する評価は高く、世界トップレベル

半導体メーカーの設備投資が追い風となり、当面、好調が続く見通しです。

東京エレクトロン(日)

半導体製造装置の国内最大手。

エッチング装置、成膜装置に注力しています。

  • 従業員数:14,479人
  • 平均年齢:44歳
  • 平均年収:1,179万円

SCREENホールディングス(日)

洗浄装置や塗布装置など世界シェアトップクラス。

  • 従業員数:5,982人
  • 平均年齢:43歳

日立ハイテク(日)

計測装置やエッチング装置など。日立製作所の完全子会社になりました。

  • 従業員数:12,276人

アドバンテスト(日)

半導体検査装置で世界シェアトップクラス。

  • 従業員数:5,261人
  • 平均年齢:46歳
  • 平均年収:980万円

成膜・エッチング・洗浄など

  • アプライドマテリアルズ(米):半導体製造装置世界最大手
  • ラムリサーチ(米):エッチング装置
  • KLAテンコール(米):検査装置

露光装置

  • ASML(蘭):露光装置で首位
  • ニコン(日):露光装置で世界2位
  • キヤノン(日):ナノインプリント技術を開発中

半導体業界の売上高ランキング

半導体製造

順位企業名売上高(百万円)
1ソニーグループ8,999,360
2パナソニック6,698,794
3三菱電機4,191,433
4東芝3,054,375
5シャープ2,425,910
6キオクシアホールディングス1,178,500
7富士電機875,927
8ルネサスエレクトロニクス715,673
9ローム359,888
10日亜化学工業357,478
11日本サムスン300,133
12インテル206,262
13新光電気工業188,059
14サンケン電気156,795
15浜松ホトニクス140,251
16三井ハイテック97,351
17インフォニオンテクノロジーズジャパン93,177
18三益半導体工業92,075
19メガチップス83,814
参考富士通3,589,702

半導体・FPD製造装置製造

順位企業名売上高(百万円)
1東京エレクトロン1,399,102
2ニコン451,223
3日立ハイテク400,000
4アドバンテスト312,789
5SCREENセミコンダクターソリューションズ208,485
6アルバック186,402
7ディスコ182,857
8東京応化工業117,585
9キヤノントッキ110,807
10日本電子110,439
11CKD106,723
12東京精密97,105
13日立国際電気63,486
14芝浦メカトロニクス44,794
15レーザーテック42,572
16日本マイクロニクス40,130
17ギガフォトン37,171
18SDREENファインテックソリューションズ30,601
19TOWA29,706
20東朋テクノロジー26,508

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

半導体業界の採用市場

半導体業界の求人・転職

自動車や産業機械メーカーの影響を受けますが、半導体業界の求人は堅調に推移していくことが見込まれます。

技術革新や再編が激しい業界の変化に柔軟に対応できることが転職市場での評価を高める上で、重要になります。

半導体の研究開発

半導体の研究開発では、製品化のために、製品カテゴリーや材料、回路、パッケージなど担当する論理設計や回路設計、レイアウト設計などを行います。

技術系の基礎知識や専門性が求められます。

半導体の営業職

半導体業界の営業職には、製品の販売だけでなく、技術的にもサポートできるだけの知識が求められます。

マーケティングや製品企画のための情報収集機能も担っていますので、高度な技術知識が必要となります。

デバイス・電子回路製造業の給与

区分20~24歳25~29歳43.3歳(平均)
所定内労働時間162時間163時間163時間
残業11時間16時間13時間
月収229,100円280,800円364,600円
年間賞与等538,100円773,100円1,306,600円
年収3,287,300円4,142,700円5,681,800円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

半導体業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

非公開・好条件の求人紹介だけでなく、専任のキャリアコンサルタントによる企業に応じた書類作成や面接対策などのサポートで、選考通過率のアップが期待できます。

キャリアごとの転職支援

まとめ

半導体はあらゆる用途で需要が拡大し、世界的な不足となっています。

5GやAI、自動運転など社会を支える半導体の重要性は高まり、市場は長期的に拡大する見通しです。

工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い人や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図