コース別人事制度

キーワード解説

コース別人事制度とは

コース別人事制度とは、役割や職務範囲などにより区分して処遇する制度のことです。総合職と一般職、全国勤務と地域限定勤務、職種の違いなどによって、それぞれ別の人事制度を設けることで、効率的な人事管理を行うことを目的としています。

労働市場の変化、雇用や価値観の多様化などが進み、個人の希望に配慮したコース別人事制度が求められるようになっています。

  • コースの変更ができること
  • 社員に選択する機会があること
  • 能力、適性の見直しを行うこと
  • コースに応じた採用、処遇を実施すること

総合職・一般職

男女雇用均等法が制定されると、幹部候補となる総合職(幹部社員コース)と、幹部登用がなく転勤もない一般職(一般社員コース)に分ける人事制度を多くの企業で採用してきました。

コース別人事制度が公平に実施されていれば、男女雇用均等法の問題は生じませんが、女性が一般職しか選択できないような運用は、差別的取り扱いに該当します。

男女雇用均等法の改正により、これまでの総合職・一般職の区分を見直す動きが進んでいます。

全国勤務・地域限定勤務

勤務地や転勤の可能性により社員を区分する制度です。海外赴任をして世界中で勤務する社員、全国転勤で勤務する社員、転居はするが特定のエリアで勤務する社員、通勤可能な範囲で勤務する社員などがあります。

本人の事情により勤務地を限定する地域限定正社員制度を導入する企業も増えています。

職種別人事制度

職種別人事制度とは、職種の特性に応じて、職種別に人事管理を行う方法です。職種別人事制度では、営業、技術、管理・スタッフ、製造などの職種ごとに、適性のある社員を採用して、処遇していきます。

それぞれの職種の特性や戦略、方針を踏まえて、採用、配置、能力開発、昇進・昇格、人事評価などの方法や内容を決定します。

職種別人事制度では、職種の専門性を高度化すること、職種の実態に合った処遇をすること、職種ごとの給与についてバランスをとることなどを目的としています。

ゼネラリスト・スペシャリスト

統括的・管理的業務を行うことが期待される社員をゼネラリストコース、高度な専門性を活かして、最先端の研究・開発などを行う社員をスペシャリストコースに分けて、処遇する制度もあります。一定規模以上の企業で導入されています。

・コース別人事制度は、働く人の能力を十分に発揮させるためのシステム
・運用における差別的な取り扱いは男女雇用機会均等法に違反
正社員と多様化する雇用形態
ワークライフバランスの取り組みや柔軟な働き方の実現に向けて、雇用形態にも変化が見られるようになっています。多様化する雇用形態の基礎知識をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました