介護福祉士の資格(試験内容・勉強法)


介護福祉士は介護職で唯一の国家資格です。介護業界におけるキャリアパスの仕組みが整備され、介護福祉士の資格取得の重要性が高まっています。

介護福祉士の国家試験に合格するには、試験問題の傾向を把握して、効率よく勉強することが大切です。

介護福祉士の試験内容

試験科目と出題範囲

介護福祉士の国家試験では、筆記試験と実技試験が実施されます。筆記試験はマークシートの択一式です。

実技試験は筆記試験合格者のみが対象ですが、福祉系高校ルートと経済連携協定(EPA)ルートの受験者以外は実技試験が免除されています。

人間と社会

試験科目 項目
人間の尊厳と自立 ・人間の尊厳と自立
・介護における尊厳の保持・自立支援
人間関係とコミュニケーション ・人間関係の形成
・コミュニケーションの基礎
社会の理解 ・生活と福祉
・社会保障制度
・介護保険制度
・障害者自立支援制度
・介護実践に関連する諸制度

介護

試験科目 項目
介護の基本 ・介護福祉士を取り巻く状況
・介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
・尊厳を支える介護
・自立に向けた介護
・介護を必要とする人の理解
・介護サービス
・介護実践における連携
・介護従事者の倫理
・介護における安全の確保とリスクマネジメント
・介護従事者の安全
コミュニケーション技術 ・介護におけるコミュニケーションの基本
・介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
・介護におけるチームのコミュニケーション
生活支援技術 ・生活支援
・自立に向けた居住環境の整備
・自立に向けた身じたくの介護
・自立に向けた移動の介護
・自立に向けた食事の介護
・自立に向けた入浴・清潔保持の介護
・自立に向けた排泄の介護
・自立に向けた家事の介護
・自立に向けた睡眠の介護
・終末期の介護
介護過程 ・介護過程の意義
・介護過程の展開
・介護過程の実践的展開
・介護過程とチームアプローチ

こころとからだのしくみ

試験科目 項目
発達と老化の理解 ・人間の成長と発達の基礎的理解
・老年期の発達と成熟
・老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
・高齢者と健康
認知症の理解 ・認知症を取り巻く状況
・医学的側面から見た認知症の基礎
・認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
・連携と協働
・家族への支援
障害の理解 ・障害の基礎的理解
・障害の医学的側面の基礎的知識
・連携と協働、家族への支援
こころとからだのしくみ ・こころのしくみの理解
・からだのしくみの理解
・身じたくに関連したこころとからだのしくみ
・移動に関連したこころとからだのしくみ
・食事に関連したこころとからだのしくみ
・入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ
・排泄に関連したこころとからだのしくみ
・睡眠に関連したこころとからだのしくみ
・死にゆく人のこころとからだのしくみ

医療的ケア

試験科目 項目
医療的ケア ・医療的ケア実施の基礎
・喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)
・経管栄養(基礎的知識・実施手順)

総合問題

試験科目 項目
総合問題 全領域の知識及び技術を横断的に問う問題

実技試験

介護等に関する専門技能(筆記合格者のみ)

出題科目別のポイント

人間と社会

人間と社会の領域からは法制度や基礎知識が中心に出題されます。

①人間の尊厳と自立

人間の尊厳と自立からの試験出題数は2問程度で、学習する内容は他の科目でも触れられる内容です。

  • 尊厳
  • アドボカシー
  • 身体拘束・行動制限の禁止

②人間関係とコミュニケーション

人間関係とコミュニケーションからの試験出題数は2問程度で、難易度はそれほど高くなく、学習しやすい科目です。

  • 人間関係と心理
  • 対人関係とコミュニケーション

③社会の理解

この科目の試験出題数は12問程度と多く、難易度も高くなっています。

  • 介護保険法
  • 障害者総合支援法
  • 成年後見制度
  • 日常清潔自立支援事業
  • 生活保護法

介護

介護の領域からは介護の実践的な内容が中心に出題されます。

④介護の基本

介護の基本からの試験出題数は10問程度で、他の科目と関連する内容が多く含まれていて、難易度はそれほど高くありません。

  • 介護福祉士の義務等
  • 専門職としての役割、機能
  • ICF
  • リハビリテーション
  • 介護サービス
  • 介護従事者の安全・健康管理

⑤コミュニケーション技術

コミュニケーション技術からの試験出題数は8問程度で、難易度はそれほど高くありませんので、得点しやすい科目です。

  • 利用者・家族とのコミュニケーション
  • コミュニケーション技術の種類
  • 状況に応じたコミュニケーション方法
  • 介護記録

⑥介護支援技術

介護支援技術からの試験出題数は20~26問程度で、難易度はそれほど高くありませんが、学習量は多い科目です。

  • 居住環境の整備
  • 移動の介護
  • 食事の介護
  • 入浴・清潔保持の介護
  • 排泄の介護
  • 睡眠の介護
  • 終末期の介護

⑦介護過程

介護過程からの試験出題数は8問程度で、難易度はそれほど高くありませんので、得点しやすい科目です。

  • 介護過程の展開
  • 介護過程とチームアプローチ

こころとからだのしくみ

こころとからだのしくみの領域からは、医学・心理学的な内容が中心に出題されます。

⑧発達と老化の理解

発達と老化の理解からの試験出題数は8問程度ですが、内容が深く、学習量は多い科目です。

  • 発達の理解
  • 老年期の定義
  • 高齢者の特性
  • 高齢者に多い病気

⑨認知症の理解

認知症の理解からの試験出題数は10問程度で、認知症についてしっかり理解していないと対応できない科目す。

  • アルツハイマー型認知症
  • 血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • 認知症の検査
  • 連携と協働
  • 家族への支援

⑩障害の理解

障害の理解からの試験出題数は10問程度で、学習量はそれほど多くありませんが、重要な科目です。

  • 障害の基礎的知識
  • 障がい者の心理
  • 障害の種類
  • 難病の種類

⑪こころとからだのしくみ

こころとからだのしくみからの試験出題数は12問程度ですが、学習量は多い科目です。

  • こころのしくみ
  • からだのしくみ
  • 食事に関連したこころとからだのしくみ
  • 入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ
  • 排泄に関連したこころとからだの仕組み
  • 睡眠に関連したこころとからだの仕組み

医療的ケア

医療的ケアの領域からは医療的な内容が中心に出題されます。

⑫医療的ケア

医療的ケアは2016年度から新たに追加された科目で、試験出題数は5問程度です。

  • 喀痰吸引
  • 経管栄養

総合問題

総合問題はすべての領域から事例形式で出題されます。

総合問題

総合問題からの試験出題数は12問で、学習内容の応用的な科目です。

介護福祉士の勉強法

介護福祉士の試験対策

介護福祉士の試験は出題範囲が広く、暗記が必要な内容も多く含まれています。国家試験に合格するためには、出題傾向を押さえて国家試験のための対策をする必要があります。

試験対策は独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。

準備期間

国家試験の勉強は、独学でも可能ですが、働きながら目指す人も多く、効率的に勉強を進めるのであれば、資格・通信講座の利用をおすすめします。1ヵ月~半年程度のカリキュラムになっています。

効率的な勉強法

過去問題集を中心に勉強を進めることがポイントです。過去問題集を繰り返し解き、試験問題に慣れることが大切です。間違えた問題など疑問点はテキストで解決して、理解を深めるようにします。

介護福祉士のテキスト

介護福祉士の過去問題集

介護福祉士の試験対策講座


介護福祉士の受験資格・試験対策

実務者研修を行っているスクールなどで、試験対策の講座を受講できます。短期間で効率的に資格取得を目指すのであれば、試験に対応した資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。

まとめ

介護福祉士は働きながら目指す人が多い試験ですので、仕事と勉強を両立させることが重要になります。限られた時間で効率的に合格を目指すには、過去問を繰り返し解くことがポイントになるといえるでしょう。

介護福祉士国家試験で資格を取得するルート
介護福祉士の国家試験を受験するには条件となる資格があります。誰でも目指すことができる試験ですが、これまでの実務経験や学歴をよく確認することが必要になります。
転職・就職に役立つ資格一覧
20代・第二新卒の転職・就職に有利なおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました