ブラック企業

キーワード解説

ブラック企業とは

ブラック企業とは、労働法や関係する法律に違反する労働、あるいは抵触する可能性があるグレーゾーンでの労働や違法性の高い営業行為を意図的・恣意的に社員に強いたり、パワーハラスメントを手段として強制したりする企業や法人のことを指しています。

ブラック企業には、明確な定義があるわけではなく、解釈は人によって異なります。法令違反をしている場合だけでなく、法令違反はしていなくても、ブラック企業と解釈されるケースは多くあります。

ブラック企業に対して、働きやすく、社員に優しい企業は、ホワイト企業と呼ばれるようになっています。厚生労働省では、安全衛生優良企業公表制度を開始するなど、ホワイト企業を認定する動きもあります。

ブラック企業の解釈

  • 法令違反をしている
  • 法令違反はしていないが、労働条件が劣悪
  • 法令違反はしていないが、就業環境が劣悪
  • 法令違反はしていないが、過重労働

ブラック企業の代表的な特徴

ブラック企業から身を守る労働相談

  1. 行政機関への相談なら
    ・労働基準監督署
    ・労政事務所
  2. 労働組合への相談なら
    総合サポートユニオン
    日本労働組合総連合会
    ・全国労働組合総連合
    ・全国労働組合連絡協議会
  3. 弁護士への相談なら
    ・ブラック企業被害対策弁護団
    ・日本労働弁護団
    過労死110番

ブラック企業の退職

退職したくても、なかなか辞めさせてくれない上司やそもそも退職を言い出すことが難しい職場環境のなかで、本人に代わって退職の意思を会社に伝える退職代行サービスを利用する人が増えています。

ブラック企業を辞めるためのスケジュール
どんなに企業研究をして入社しても、実際に働いてみないとわからない職場環境はあります。入社1ヵ月でブラック企業だとわかってから退職するまでのスケジュールをご紹介します。
20代の転職活動におすすめのキャリアコンサルティング
20代の転職活動では、キャリアコンサルティングを受けて、自分の考えや希望を整理することをおすすめします。キャリアコンサルティングがおすすめの転職支援サービスをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました