青少年雇用情報の提供

キーワード解説

青少年雇用情報の提供とは

青少年雇用情報の提供とは、新卒者の適切な職業選択と不本意な離職を防止するための若者雇用促進法(青少年の雇用の促進等に関する法律)に基づく施策のひとつです。

新卒者の募集・求人申込みを行う事業主は、積極的に青少年雇用情報を提供するよう努めるとともに、応募者や応募の検討を行っている人、求人申込みをした公共職業安定所、特定地方公共団体または職業紹介事業者から求めがあった場合は、青少年雇用情報を提供しなければなりません。

若年層の離職率の高さや非正規雇用の増加、ブラック企業の問題などを背景に、ミスマッチを防ぎ、定着率を向上させることを目的としています。

情報提供項目

応募者等から求めがあった場合は、以下の3類型ごとに1つ以上の情報提供が義務付けられています。

  1. 募集・採用に関する情報
    ・過去3年間の新卒採用者数・離職者数
    ・過去3年間の新卒採用者数の男女別人数
    ・平均勤続年数
  2. 職業能力の開発・向上に関する情報
    ・研修の有無および内容
    ・自己啓発支援の有無および内容
    メンター制度の有無
    ・キャリアコンサルティング制度の有無および内容
    ・社内検定等の制度の有無および内容
  3. 企業における雇用管理に関する情報
    ・前年度の月平均所定外労働時間の実績
    ・前年度の有給休暇の平均取得日数
    ・前年度の育児休業取得対象者数・取得者数(男女別)
    ・役員に占める女性の割合および管理的地位にある者に占める女性の割合

企業に情報提供を求める方法

企業がホームページでの公表、会社説明会での提供、求人票への記載などにより、自主的・積極的に情報提供を行うことが望ましいとされていますが、あらかじめ公表されていない場合は、以下の方法で情報提供を求めることができます。

  1. 就職情報サイト経由や企業の採用ホームページ等で、いわゆるプレエントリーをする
  2. 以下の事項をメールまたは書面にて企業に対して伝える
    ・氏名
    ・連絡先(メールアドレス等)
    ・所属学校名、在学年または卒業年月
    ・情報提供を希望する旨
  3. ハローワーク、特定地方公共団体や職業紹介事業者(学校を含む)が取り扱っている求人については、当該ハローワーク、特定地方公共団体や職業紹介事業者から企業に求めてもらう
新卒者には青少年雇用情報の提供が義務
働きやすい会社を見つける方法
ビジネスパーソンが働くうえで、重視しているのは「休暇の取りやすさ」「実労働時間の適正さ」「社員の定着性」「育成・研修の充実」などです。実際の転職活動で、働きやすい会社を見つける方法を解説します。
ハローワークを第二新卒・20代が賢く利用する方法
ハローワークでは就職支援アドバイザーによる個別カウンセリングをはじめ、様々なメニューで若者の就職支援を強化しています。ハローワークの徹底活用術をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました