ホワイト企業

キーワード解説

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは、「ブラック企業」の対義語として、働きやすい企業、社員の働く環境や福利厚生などが充実している企業という意味で使われています。

一般的に、ブラック企業は離職率が高く、ホワイト企業は離職率が低い働きやすい企業のことをいいますが、若年層の離職理由では、労働条件に次いでキャリアに関する問題が上位となっていることから、ホワイト企業は働きやすいだけでなく、成長できる働きがいのある企業であることが重要だといえます。

厚生労働省では、安全衛生優良企業公表制度を開始するなど、客観的に「ホワイト企業」を認定する動きが進んでいます。

安全衛生優良企業

安全衛生優良企業とは、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省から認定を受けた企業のことです。

この認定を受けるためには、過去3年間労働安全衛生関連の重大な法違反がないなどの基本事項に加え、労働者の健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、安全管理など、幅広い分野で積極的な取り組みを行っていることが求められます。

  1. 優良企業にふさわしいかどうかの確認
    ・労働安全衛生法等の違反の状況
    ・労働災害発生等の状況
    ・その他優良企業としてふさわしくない事項
  2. 基本的な取り組みができているかどうかの確認
    ・安全衛生体制の状況
    ・安全衛生全般の取り組み
  3. 積極的な活動の評価
    ・安全衛生活動を推進するための取り組み
    ・健康で働きやすい職場環境の整備(健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、受動喫煙防止対策)
    ・安全でリスクの少ない職場環境の整備の取り組み

働きやすい会社の代表的な特徴

  • 有給休暇の取得率が高い
  • 労働時間が適正である
  • 離職率が低い
  • 社員の勤続年数が長い
  • 雇用が維持されている
  • 人材育成が充実している

働きがいのある会社の代表的な特徴

  • 円滑なコミュニケーションがとれている
  • 適正な報酬が提供される
  • 公正な採用、昇進・昇格が実施されている
  • 社員の専門性を高める支援をしている
  • 社員の生活や家庭を尊重している
  • 連帯感が育まれている
20代にとってのホワイト企業は働きやすさだけでなく、働きがいも重要
働きやすい会社を見つける方法
ビジネスパーソンが働くうえで、重視しているのは「休暇の取りやすさ」「実労働時間の適正さ」「社員の定着性」「育成・研修の充実」などです。実際の転職活動で、働きやすい会社を見つける方法を解説します。
20代(入社3年以内)の離職率と退職理由
新卒社員の入社3年以内の離職率は3割を超えています。今、転職を考えている人にとっても、新卒社員の離職実態と退職理由は失敗しない転職のヒントになるはずです。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました