インテリア・リフォーム業界で有利なおすすめ資格


人々のライフスタイルが多様化し、住宅は機能性とともに、インテリアやリフォームなど快適な住環境づくりに注目が集まるようになっています。多様なニーズに対応するために専門家のニーズが高まり、活躍の場も広がっています。

インテリア・リフォーム業界で活躍できるおすすめ資格をご紹介します。

インテリア・リフォーム系の資格

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、建築物内部のインテリアをプロデュースする専門家で、特に女性の人気が高い資格です。快適に暮らせるインテリア空間を演出し、壁紙・照明器具・カーテン・家具などインテリアに関わる知識を持つインテリアのプロフェッショナルといえます。

キャリアでの活用法

  • インテリアデザイン事務所
  • インテリア施工会社
  • 建築設計事務所
  • 住宅メーカー
  • 住宅設備関連メーカー
  • 内装設計・施工会社
  • ショールームなど

受験資格

制限なし

試験日

  • 一次:10月
  • 二次:12月

試験内容

  • 一次:学科(択一式筆記試験)
  • 二次:プレゼンテーション・論文(筆記試験)

合格率

20%程度

問い合わせ

社団法人インテリア産業協会

転職・就職情報

合格者の約6割はインテリア関連に携わっていることから、業界経験者のキャリアアップに向く資格といえます。最近の住宅市場は中古物件のリノベーションが注目を集め、インテリアコーディネーターの活躍の広がりに期待がもてます。

インテリアコーディネーターの公式テキスト

インテリアコーディネーターの資格(試験内容・勉強法)
インテリアコーディネーターは、快適な住環境を提案する専門家として認められる資格です。インテリアコーディネーターの資格を取得する方法をご紹介します。

インテリアプランナー

インテリア空間の計画・設計・工事監理からメンテナンス、コンサルティングまで行う専門家です。時代や社会背景を踏まえて、プランを提案し、実現することが求められます。

キャリアでの活用法

  • インテリアデザイン事務所
  • インテリア施工会社
  • 建築設計事務所
  • 建設会社
  • 住宅販売会社
  • 住宅リフォーム会社
  • 家具メーカー
  • 家電メーカー

受験資格

  • 学科:制限なし
  • 設計製図:学科試験の合格者

試験日

  • 学科:6月
  • 設計製図:11月

試験内容

  • 学科:インテリア計画、インテリア装備、インテリア施工、インテリア法規、建築一般
  • 設計製図:建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計

合格率

  • 学科:50~60%
  • 設計製図:28%前後

問い合わせ

公益財団法人 建築技術教育普及センター

転職・就職情報

成長する住宅リフォーム業界ではインテリアリフォームの拡大が見込まれています。インテリアに関するエキスパートとして活躍が期待されます。

キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリストは、キッチンに設置されているさまざまな機器について、生活のニーズに対応するキッチン空間づくりの専門家です。

キャリアでの活用法

  • キッチン設備機器メーカー
  • 販売店
  • 工務店
  • 設計事務所
  • 建設会社

受験資格

制限なし

試験日

年1回(12月)

試験内容

  • 学科:住居と食生活に関すること、キッチン空間に関すること、キッチン機能に関すること、キッチン設計施工に関すること、キッチン販売に関すること
  • 実技:図面表現を含むキッチン空間の企画・提案に関する筆記試験

合格率

35~40%

問い合わせ

社団法人インテリア産業協会

転職・就職情報

建築・リフォーム・インテリア・住宅設備業界などの転職で有利になります。

キッチンスペシャリストの公式テキスト

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、色の特性を上手に活かして、効果的なアドバイスやコンサルティングを行います。試験には1級から3級までの区分があります。

キャリアでの活用法

  • インテリアデザイン事務所
  • 建築設計事務所
  • ファッション関係のメーカー
  • 家電・住宅などのメーカー

受験資格

制限なし

試験日

  • 1級:12月
  • 2・3級:6月、12月

試験内容

  • 1級:「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」から1つを選択
  • 2級:カラーコーディネーションの意義、色彩の歴史的発展と現状、生活者・生産者の視点からの色彩、カラーコーディネーターの視点
  • 3級:色の性質、色と心理、色を表し伝える方法、配色と色彩調和、光から生まれる色、色が見える仕組み、色の測定、混色と色再現、色と文化

合格率

  • 1級:20%程度
  • 2級:50%程度
  • 3級:60~70%

問い合わせ

東京商工会議所 検定センター

転職・就職情報

色の効果的な使用や心理的効果を重要視しているさまざまな企業で有効です。特に、インテリア、デザインなどの分野でアピール材料になります。

カラーコーディネーターの公式テキスト

カラーコーディネーターと色彩検定の違い(取り方・選び方)
カラーコーディネーター検定試験と色彩検定は、どちらも色彩について専門的に学べる資格です。どちらを取得すればよいのでしょうか。それぞれの資格について、試験内容、勉強法(テキスト・講座)をご紹介します。

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障がい者の居住空間を提案するための公的資格です。急速に進む高齢化社会に伴い、高齢者や障がい者が安心して生活できる住環境づくりを支援します。試験は3級から1級までの設定で、年2回実施されています。

キャリアでの活用法

  • 福祉関連商品のメーカー
  • 介護関連サービス
  • 医療・保健関係
  • 公共施設
  • 建築設計事務所

受験資格

制限なし、ただし1級は申込登録の時点で2級に合格していること

試験日

  • 1級:11月
  • 2・3級: 7月、11月

試験内容

  • 1級:これからの社会に求められる福祉住環境整備、福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割、地域で支える高齢者ケア、地域で支える障害者ケアなど
  • 2級:高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境、福祉住環境コーディネーターの役割と機能、障害のとらえ方、リハビリテーションと自立支援 など
  • 3級:少子高齢社会と共生社会への道、福祉住環境整備の重要性・必要性、在宅生活の維持とケアサービス、高齢者の健康と自立など

合格率

  • 1級:6%程度
  • 2級:50%程度
  • 3級:40%程度

問い合わせ

東京商工会議所 検定センター

転職・就職情報

福祉と建築をつなぐ将来性のある資格として、建築業界、医療業界、福祉業界で活用できます。他の建築や福祉系の資格とセットでアピール力がアップします。

福祉住環境コーディネーターの公式テキスト

福祉住環境コーディネーターの資格(試験内容・勉強法)
福祉住環境コーディネーターは高齢化社会のニーズに応え、今後の活躍が期待されています。福祉住環境コーディネーターの資格を取得する方法をご紹介します。

マンションリフォームマネジャー

マンションリフォームマネジャーは、リフォーム工事に関する専門家です。管理組合や近隣住民、施工業者などと協力、調整しながら、付加価値の高いリフォームを企画・提供します。

キャリアでの活用法

  • 建築・設備業の設計施工部門
  • 建築設計事務所
  • 住宅部品・建材メーカー
  • マンション管理部門

受験資格

制限なし

試験日

年1回(10月)

試験内容

  • 学科:マンションリフォームに関する専門知識
  • 設計製図:マンション専有部分に係るリフォームの設計図書の作成(平面図および留意事項説明)

合格率

30%程度

問い合わせ

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

転職・就職情報

築30年以上のマンションが100万戸を超える時代を迎えて、ニーズが増加していますので、幅広い職種の転職で有効です。

マンションリフォームマネジャーの参考図書

転職・就職のためのスキルアップ


ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

未経験からでもやさしく学べる講座です。図解を多用したテキストに加え、講義映像も用意されています。さらに試験に向けたきめ細かい個別添削指導が受けられます。

サービスの特長

  • 1日60分からの学習でOK
  • わかりやすいテキスト・副教材
  • 教育訓練給付制度の対象講座

まとめ

インテリア・リフォーム業界の営業や施工などは、男性が多い職場でしたが、女性の活躍も目立つようになっています。インテリア・リフォーム系の資格は、営業、販売、施工の現場、コーディネーター、商品開発、クリエイターなど幅広い職種で活用できます。

リフォーム会社の転職業界研究
リフォーム業界は、新築住宅需要が減少するなか、堅調に推移するとみられています。リフォーム会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました